名探偵コナン

ベルモットとコナンや工藤有希子との関係は?複雑な事情が語られる回は何話?

黒の組織ベルモットの正体が分かったのはアニメの何話で漫画は何巻?
Pocket

黒の組織の女幹部、ベルモット

その正体は、アメリカで活躍していたハリウッド女優のシャロン・ヴィンヤードです。

謎の多い人物ですが、シャロンはコナンや、新一の母親の工藤有希子とは特別な関係があるようです。

今回は、コナンと工藤有希子がシャロンとどのような関係にあるのか見ていきます。

以下、ネタバレを含みますので、ご注意ください。

ベルモットとコナンの関係

ベルモットはアメリカで、新一と蘭に命を助けられた過去があります。

 

この回は、

・漫画:35巻 FILE.4「ゴールデンアップル⑤」

・アニメ:288話「工藤新一NYの事件(解決編)」

です。

 

“わけなんているのかよ?人が人を殺す理由なんて、知ったこっちゃねーが…人が人を助ける理由に…論理的な思考は存在しねーだろ?”

新一の名言の一つですよね…

 

身を挺して自分を助けてくれた新一と蘭に胸を打たれたベルモットは、二人のことを“宝物”と表現しており、二人がピンチになった時は庇ったり、陰ながらサポートをする場面が見られます。

それが出来るのも、ベルモットが組織の中で秘密主義を貫いているからでもありますよね。ある程度自由な行動が出来るのも、ベルモットだからこそです。

https://twitter.com/sssssss_1412/status/1012196772905533441?s=20

 

ベルモットは、コナンが新一であること、そして灰原がシェリーであることを知っていますが、それを組織の他のメンバー含めて誰にも話していません。

また、ベルモットの正体がシャロンであることも、コナンは知っています。

 

これはまだ明言されていませんが、ベルモットは何らかの方法で若返っていて、それを組織の他の幹部(ジンなど)は知らない。つまり、コナンが新一であることを組織にばらせば、自分が若返っていることもばれてしまう。それを阻止するために、コナンの正体を知らせずにいるのでは…???と、個人的に推測しています。

 

ベルモットと工藤有希子との関係

ベルモットは、“千の顔を持つ魔女”の異名を持っていて、老若男女問わず変装出来る特技を持っていますが、その変装技術は、有名マジシャンである黒羽盗一に弟子入りして学びました。

その時、当時人気女優だった工藤有希子が役作りのために同じく黒羽盗一に弟子入りしていたことで仲良くなり、親友となりました。

 

この話は、

・漫画:34巻 FILE.11「ゴールデンアップル①」

・アニメ:286話「工藤新一NYの事件(事件編)」

で見ることができます。有希子とシャロンがNYで再開した際、有希子が新一に二人の関係について話す場面です。

 

ですが、二元ミステリーでシャロンの正体が、息子である新一の身体を小さくした組織の一員であることを知ります。

その時の有希子の悲しい表情。アニメでも漫画でも一瞬しか出ていませんが、親友に裏切られてとても悲しい表情をしていました。

 

この場面は、

・漫画:42巻 FILE.10「ラットゥンアップル」

・アニメ:345話「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」

で見ることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベルモットの正体について、少し分かってきたような気がしますが…それでもまだ解明されていない秘密もたくさんありますね。

彼女の正体が明かされるのを、首を長くして待っていたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。