名探偵コナン

蘭が新一を疑う映画はどれ?世紀末の魔術師でコナンの正体に気づく!

蘭が新一を疑う映画はどれ?世紀末の魔術師でコナンの正体に気づく!
Pocket

「コナンの正体が新一では!?」

劇場版コナンシリーズで、毛利蘭が新一のことを疑う映画は一体どれなのでしょうか。

見どころ満載の映画、『名探偵コナン 世紀末の魔術師』(めいたんていコナン せいきまつのまじゅつし)がそれに当たります。

今回は、蘭がコナンの正体が新一ではないかと疑った映画について、シーンを振り返りながらご紹介してみたいと思います!

 

名探偵コナン劇場版「世紀末の魔術師」とは

怪盗キッド映画初登場回はどの作品?登場シーンがかっこよすぎる!世紀末の魔術師

映画は1999年に公開された『名探偵コナン 世紀末の魔術師』、怪盗キッド初出演作品としても人気の高いこちらの映画ですが、今回は、コナンがふとした瞬間に自分の誕生日を明かしたことにより、蘭が新一と同じだということに気づいてしまいます!

共通点がありすぎるコナンにたいし不信感を抱いた蘭はコナンの言動を注意深く観察します。。

はたして、コナンが新一とばれてしまうのか…?!続いてそのシーンをじっくりと振り返ってみましょう。

蘭がコナンの正体が新一と気づく?

蘭が最初に疑うシーンは、映画が始まり約40分位したあたりからです。

大阪・船上・お城、と舞台が変わるこの映画ですが、その船上で蘭たちの部屋に女性陣が集まり何気ない会話をしている最中、登場人物である浦思 青蘭(ほし せいらん)と香坂 夏美(こうさか なつみ)の誕生日の話になり、

青蘭さんが、「5月5日」と答える

夏実さんが、「え!?私5月3日」と続き、それに合わせてコナンが

「じゃあ二人とも僕とは1日違いだ」といいます。

 

その瞬間蘭が驚いた表情を見せ、

「一日違いって5月4日、新一と同じじゃない」

と、心のなかで呟き、あまりの偶然にコナンが新一ではないかと考える

 

それでも、実際に目の前にいるのは小学生の男の子であり、“そんなことあるわけがない”っと自分に言い聞かせます。

 

その後は、常にコナンの言動に目をやる蘭、しかしそんなことも知らずに、いつものように事件や謎を解いていくコナン。

 

そして映画も佳境に入り犯人が銃を蘭に向けた瞬間コナンは思わず「蘭!!」と言って蘭に飛び込み助けます。

いつもは「蘭姉ちゃん」と、子供らしく呼んでいたコナンですが、このときはあまりにも勇ましく、蘭の目にも新一の姿が映ります

 

こちらのシーンでは、新一とコナンの映像が交差し命がけで蘭を助けるコナンの姿がとてもかっこいいですね!

 

そして事件が解決した後のラストにかけてのシーン(約1時間30分あたり)がこの二人の物語を締めくくる最高の場面です!

 

毛利探偵事務所に帰宅し、コナンが蘭に話しかけると、蘭が

 

「あのときのコナンくんかっこよかったよ。」

「まるで新一みたいで」

 

と、犯人から守ってくれた時のことを話始めます…。

 

「ほんとに…新一みたいで。」

「でも、別人なんでしょ?コナンくん?」

この時の蘭のなんとも言えないせつない表情がほんとうに綺麗に表現されていて、何度見ても感動します。

 

そして、コナンもついに、

「限界だな…。」と少し笑顔を見せながら

「実は、俺、本当は、、、」と続きます。

 

しかし、なんとその瞬間、工藤新一に変装した怪盗キッドがドアの前に現れるのです!!

あとほんの一言で真実が打ち明けられそうという瞬間までせまったあのシーンは、今になっても記憶に残っています。

蘭やコナンの表情一つ一つが胸にささるものばかりで、ファンの中でも人気のシーンとしてとりあげられるのではないでしょうか?

 

蘭が新一をコナンと疑う映画にファンの声は?

https://twitter.com/suzuka570conan/status/1133315968569004032

 

まとめ

この映画が公開される以前から、アニメでは同じようにコナンが疑われる場面は数回描かれており、今後もこのように蘭とコナンのもどかしい関係性が続いていくので、その大事な一つとしてこちらの映画をチェックされることをおすすめします!

最後までお読みいただきありがとうございました!