ワンピース

【ワンピースネタバレ】963話予想!最新話で白ひげに会う?

Pocket

今回は少年ジャンプ51号掲載となるワンピース963話のネタバレ予想を中心にお届けしていきたいと思います!

前回962話では、元ロックス海賊団の面々が勢力を伸ばし始めたところで終わりました。

963話では、おでんが若かりし頃の白ひげと出会うのではないかと思われます。

まずは962話のあらすじや感想を振り返り、その後963話の展開予想をお伝えしていきたいと思います!それではいってみましょう。

ワンピース962話のあらすじ

ワノ国の白舞に暫くいたおでんだったが、アシュラ童子がいる九里へと向かおうとしていました。

康イエ曰く九里はワノ国の癌ともいえる場所で、まるで別の国になっている程の無法地帯となっているとの事です。

それを聞いたオロチは面白いと言って、錦えもんと傳ジローと共にワノ国を漫遊しに動きました。

おでんがいたとされる部屋は滅茶苦茶となっており、しかもお金も無くなっていました。

オロチはおでんが奪ったのだと報告すると、家臣達は怒りを露わにします。

対して康イエはおでんの性格からそれはないと考えたのか、再度オロチにおでんが盗んだのかと尋ね、オロチは一瞬ビクッとなるもそうだと答えました。

旅の中でおでんはイゾウと菊の丞、カン十郎、雷ぞうを自分の仲間にしていきました。

やがておでんが九里に迫っている事を部下から聞いたアシュラ童子は、部下におでんを捕まえて連れてくるように言いました。

彼は権力者と言う存在が大っ嫌いだったのです。

そんな事など露知らない錦えもん達は、この日も熱々のおでんを食べていました。

しかし、主君であるおでんがいなかったので九里に向かったのではないかと思い、全員九里を目指します。

彼らの予想通り、おでんは九里に乗り込んでおり、アシュラ童子の部下達と対峙し、たった一人で立ち向かいました。

そして錦えもん達が辿り着いた頃には傷を負い、矢で貫かれたおでんがアシュラ童子達を倒していたのです。

この事はスキヤキを始め、ワノ国のあちこちに知れ渡り、おでんは絶縁が解除され、九里を治める大名となりました。

それから6年が経過し、海ではロックス海賊団が滅亡した事で独立した白ひげ、カイドウ、ビッグ・マム、シキと言った後に四皇と呼ばれる海賊達が新しい仲間を集めて勢力を拡大していました。

その頃、ワノ国の海岸では河松が打ち上げられているネコマムシとイヌアラシを見つけていたのでした。

 

ここまでが962話のあらすじです。それでは続いて962話の感想を簡単に。そして963話の展開を予想してみます!

 

ワンピース962話の感想

ここでは962話の感想をお伝えしたいと思います。

おでんが凄い勢いで成り上がっていきましたね。

アシュラ童子達との戦いでは傷を負っていましたが、多勢に無勢だったのか、アシュラ童子が思ったほど強かったのでしょうね。

誰も手を出せなかった九里を平定したのですから、スキヤキも許したのでしょうね。

今回の話の最後で河松やイヌアラシ、ネコマムシが登場していたのでそろそろ白ひげ海賊団もやって来るんじゃないかなと思いましたね。

それと同時におでんがお金を盗んだと嘘をついたオロチもどんな行動を起こしていくのか、楽しみです。

 

ワンピース963話のネタバレ展開予想!

それではお待たせしました!

963話のネタバレ展開予想をしたいと思います。あくまで予想なので気軽にお付き合いください。

962話では、元ロックス海賊団の面々が勢力を伸ばし始め、海岸にネコマムシとイヌアラシが打ち上げられていたところで終わりました。

963話では、おでんが若かりし頃の白ひげと出会うのではないかと思われます。

今回の話の最後で河松やイヌアラシ、ネコマムシが登場したので彼らとおでんの出会いも描かれると思いますが、余り深くは描かれないと思います。

それからまた何年かしたら白ひげ海賊団がやって来て、白ひげとおでんが出会う展開になると思われます。

お互い話をして意気投合した両者は仲良くなり、おでんは白ひげに誘われる展開になるのではないでしょうか。

元々ワノ国の外を見たかったおでんは錦えもん達の反対を押し切って、イヌアラシ、ネコマムシ、恐らくイゾウと共に舟に乗るのではないかと思われます。

果たして、実際の963話はどんな展開となるのでしょうか。11月25日の少年ジャンプ発売が待ち遠しいですね!

まとめ

今回は、ワンピース最新962話のあらすじと感想を紹介し、次回の963話の展開予想をお届けしました。

次回963話では、若い頃の白ひげに会うのではないのではないでしょうか。

一体どんな出会いをするのか、11月25日の少年ジャンプ発売を楽しみにしましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。