ワンピース

ワンピース955ネタバレ確定!ゾロが閻魔で試し斬り!ローの目的は?第二幕が完!

ワンピース955
Pocket

今回は少年ジャンプ42号掲載となるワンピース955話のネタバレ確定速報を中心にお届けしていきたいと思います!

最新情報は随時更新していきますので都度チェックしてみてくださいね!

前回954話では、カイドウとビッグ・マムが手を組み海賊同盟を結んだところで終わりました。

955話ではその同盟を結ぶ経緯が明らかになるのではないかと予想されるのですが、果たしてどんな展開になっていくのでしょうか!?

まずは954話のあらすじや感想を振り返り、その後955話の展開予想、955話のネタバレ確定情報(随時更新)をお伝えしていきたいと思います!それではいってみましょう~

 

ワンピース最新刊を画像付きで読みたい方はこちらもあわせてどうぞ♪

↓ワンピース最新刊93巻を無料で読む↓

ワンピース 948話 ネタバレ確定

 

ワンピース954話のあらすじ

秋水の代わりに閻魔を渡すとゾロに言った日和は、閻魔にまつわる話をし始めます。

元々おでんは二刀流の使い手で、おでんは亡くなる前に閻魔を日和に、残る天羽々斬をモモの助に託したのです。

河松は、主君であるおでんの刀を、見ず知らずのゾロにあっさり渡す事には反対していましたが、その反対の声を日和は無視をして話を続けます。

ワノ国の者達が国の宝剣である秋水がどのような経緯でゾロに渡る事になったのか知らず、どんな事情があろうと秋水は国の宝だから返してほしいとゾロに訴えます。

一応リューマを倒して認められて秋水を受け取った経緯があるのでゾロは余りいい顔はしませんでしたが、代わりの刀を貰えるならと承服するのでした。

その代わりの刀が「閻魔」でした。

 

その頃、花の都でホーキンスによって連行された筈のローが何故か自由の身になっており、逆に刀を持ちホーキンスを追い詰めていました。

彼の口からキッドとアプーと海賊同盟を組んだ際の話を聞くロー

 

ホーキンスが言うには、組んだ矢先にカイドウが自分達の前に現れ、アプーは既にカイドウの傘下に降っていた事を知らされたということです。

嵌められたと同時に、占っても勝機がないのでカイドウの傘下に降りましたが、キッドとキラーだけはカイドウと戦って敗北し、キッドを幽閉して部下達をこき使っているとの事でした。

 

話を聞いたローは出ていき、その近くにはローに力を貸したであろう人物がいました。

 

その頃、ルフィは兎丼でヒョウ五郎から流桜の指導を受けていました。

カイドウに見立てた鋼鉄の壁のような分厚く大きな板に拳を打ち込みます。

ぐにゃぐにゃと変形する板。決戦に備えます。

 

一方で、錦えもんは各班に判じ絵の事を伝えていました。

康イエが新たに書いた判じ絵は刃武港から常影港へと拠点を変更すると言う事を意味していたので、その事を伝えると編笠村で主要メンバーと共に作戦会議を行います。

 

その頃、鬼ヶ島では大看板の次に強いナンバーズ達が集結しており、しかもさっきまで戦っていたはずのカイドウとビッグ・マムは手を組んでいました。

「海賊同盟」の結成です。

彼らは手を組んで世界をこの手で手に入れてから、さっきの続きをすればいいと考えていたのです。

 

ここまでが954話のあらすじです。それでは続いて954話の感想を簡単に。そして955話の展開を予想してみます!

 

ワンピース最新刊93巻を無料で読む

ワンピース954話の感想

ここでは954話の感想をお伝えしたいと思います。

日和にとってゾロは自分の命を救ってくれた恩人だから、刀を渡す気になったのでしょうけど、河松はゾロとは初対面なので怪しいと思っているのでしょうね。

ルフィ達経由で話せば、一応納得してくれるとは思います。

キッド達とカイドウの間で起こった出来事が事実なら、キッドは同盟はこりごりだと言うのも無理ありませんね。

1人は最初から裏切っており、もう1人は戦わずして降伏しましたがキッドにしたら裏切ったのも同然で、信じられるのは自分と部下達だけだと思ったのだと思います。

そしてさっきまで戦っていたはずのカイドウとビッグ・マムが手を組んだのは驚きです。

下手すればどころか、100%凄まじい規模の戦争になるのは間違いないですね。

 

ワンピース955話のネタバレ展開予想!

それではお待たせしました!

955話のネタバレ展開予想をしたいと思います。あくまで予想なので気軽にお付き合いください。

 

954話では、カイドウとビッグ・マムが海賊同盟を結んだところで終わりました。

955話では、その海賊同盟を結んだ経緯がまず明らかになると思います。

ちょっと大胆予想にはなりますが、ついさっきまで戦っていた2人が急に手を結んだという事は何かしらのきっかけがあるはずです。

鬼ヶ島には2人の他にジャック、クイーン、キングと言ったカイドウ側の最高幹部や多くの部下達がいます。

彼らが言っても2人は聞く耳持たないでしょうし、下手な事を言えばやられる可能性があります。

なので2人のうちどちらかが何らかの言葉を投げかけた事がきっかけで、同盟を組むことになったのではないかと思います。

 

そして954話でもうひとつ気になる点が。

ローが出ていく時に現れた人物が一体誰なのか。有力なのは「ドレーク」ではないかと推測しますが果たして誰なのか。

 

錦えもんらが進める作戦がさらに濃いものとなり、武器もそろい始めついに討ち入りの準備が整いそうです。

 

果たして、実際の955話はどんな展開となるのでしょうか。

続いてその955話のネタバレ確定情報をお届けします。

 

ワンピース最新刊93巻を無料で読む

 

ワンピース955話のネタバレ確定情報!(第2報)

長らくお待たせしました!ここからワンピース955話のネタバレ確定情報をお届けします!

判明情報から順にお届けしていきます。どうぞお楽しみください♪

955話のタイトル

タイトルは「閻魔」という情報が入ってきています。

父おでんの形見として日和が受け継いだ刀「閻魔」がついにゾロの手に??

955話では試し斬りなどするのでしょうか。

 

扉絵は前回より続いてベッジ第6弾です。

「ギャングベッジのオーマイファミリー」と題したシリーズものですが、食糧買い出しに行っている様子が描かれていますね。

 

日和とゾロ

955話はまずゾロと日和との会話から。

ゾロは河松・日和とともに編笠村へ向かおうとしますが日和はそれを断ります。

おトコのことも心配なはずですが、みんなに会うことはやめておくと話します。

そして土下座する日和。

力を合わせてワノ国を守ってください!と鈴後の雪の中で土下座を。

河松は顔を上げてくれと必死に頼むものの日和は上げようとはしません。

 

ゾロと河松は編笠村へ。日和はどこへ向かうのか。。心配です。

 

編笠村

日和はゾロ達とは編笠村には行きませんでしたが、日和はちゃんと生きているということを告げられたモモの助やお菊、雷ぞうら武士達は泣いて大喜びします。

アシュラ童子は鼻水を垂らして日和が生きているということに驚き、そして喜びます。

 

イヌアラシは、日和がなぜ来なかったのか、今は大丈夫なのかと心配しますが河松は問題はないと答えます。

そこまで言い切れる理由が何かあるのかもしれませんね。

 

モモの助は、おてんばだった日和から蹴りを食らっていた過去を思い出します。

それでも弱い面のある日和を助けてもらったことをモモの助はゾロ達に感謝します。

 

ゾロは、日和はモモの助よりも18歳も上だろ、いつまで昔のままでいるんだと指摘します。

たしかにそうですよね。。

モモの助と日和はこの歳の差のまま話は進んでいくのでしょうか。

 

ここでサンジ。

花の都で、ゾロと一緒にいた美女が日和であったことを知ります。

いきなり激怒。

なぜ美女がゾロと一緒にいるのかと。

モモの助の妹と知ったサンジは、モモの助のほおを掴み、「何か欲しいものはない??」とモモの助に媚び始めます。

さすが行動が早いですね笑

 

二代鬼徹が飛徹のもとへ

二代鬼徹は兔丼で没収されていました。

もともとはルフィが飛徹から借りてきた刀ですが、お菊が取り戻したようです。

無事飛徹に返されました。

 

「鬼徹」の言葉にもちろんゾロは反応。やはり名刀だった、と。

 

飛徹は「閻魔」と「天羽々斬」を取り出します。

おでんが日和とモモの助に託した2本の刀。

ふたりに返す日を待っていたと告げる飛徹です。

飛徹が待っていた人物が判明します。日和とモモの助だったのですね。

 

「閻魔」と「天羽々斬」の説明が入ります。

閻魔は、地獄の底まで切り伏せるといいいます。

天羽々斬は、天をも切り落とす。

 

どちらも、「秋水」と同じく大業物21工の刀。

 

モモの助は龍に再び姿を変え、まだ手にすることはできない、預かっていてほしいと受け取ることを拒みます。

 

怖いわけではないと話しますが、龍に姿を変えるのは怖がっている証拠ですね。

これにゾロも不思議がります。

 

「閻魔」と「秋水」を引き換えに、という条件のもと、ゾロは閻魔をついに受け取ります。

 

閻魔の重さ、力強い何か特別な重みをゾロは感じているようです。

 

閻魔を自在に操れたのはおでんのみと語る飛徹。

ゾロは扱うことができるのか。。

 

閻魔を手にしたゾロは早速試し斬りをしようとします。

しかし、おすすめはしないと錦えもんが意味深な言葉を放ちます。

 

そんなことはお構いなく試し斬りするゾロ。

 

 

すると!

なんと刀の先にある海岸ごと斬れてしまったのです・・・

 

サンジやナミは驚きます。モモの助もこれには目を丸くしている様子。

 

ゾロに異変。

閻魔を持っていた右腕がみるみるうちに細くなっていってしまいます。

閻魔からは煙のようなものが。

 

 

閻魔は、それを持った者から覇気を吸い上げ、そして放出してしまうと言います。

まさに妖刀・・・

ゾロは大丈夫なのか・・

 

ゾロは目を見開き閻魔と対峙。

 

覇気を返せ!と気合を入れると、次第に覇気が戻り、そして右腕も元通りに。

 

これは、閻魔が新しい持ち主であるゾロを認めたということなのでしょうか。

疲れ切ったゾロを見て、閻魔を渡すのはやめようかと提案する飛徹でしたがゾロは閻魔をもらうと言います。

あきれた男だと河松は笑顔。

 

決戦まで3日

作戦会議をする麦わらの一味たち。

ロビンによると、カイドウの百獣海賊団は2万人、オロチは1万。

それに対して4000人の味方。

ビッグマムもこれに加わるとなると数的にはどう見ても不利ですね。

これを打破する作戦があるのか?

 

 

兔丼 囚人採掘場

ルフィは採掘場で修行を続けています。

ルフィによって破壊された鋼鉄が沢山転がっていますが、流桜はまだか。

ルフィの修行はいよいよは最終段階へ。ヒョウじいの指導にも一層熱が入ります。

決戦まで間に合うのでしょうか。

 

網笠村

再び編笠村。

ゾロとモモの助の会話の場面です。

モモの助は、お菊からあることを言われたとゾロに言います。

それは、「スナッチ」と言ってはいけないと。

名前を捨てろ

知恵を捨てろ

自分を大切にするから人間はびびる

頭をからにして飛び込むのみ!

 

スナッチの本当の意味がわかったときは怖くなりましたよね。

ゾロは「スナッチ」は習ったもののまだ言ったことがないと語ります。

 

決戦まで2日になったところでようやくルフィが編笠村へ。

お玉とチョッパーも一緒です。

麦わらの一味、ついに勢ぞろいですね!

 

羅刹町牢屋敷

侍達はいまだに牢屋の中。

なんとかして出ようとしますがオロチが許しません。

その侍達の中にこそ、本当に強い侍がいると錦えもんは言います。

果たして決戦まで間に合うのか!?

 

 

決戦前日

あっという間に決戦まであと1日のところまで話は進みます。

 

錦えもんは先に鬼ヶ島へ出発。

港で会おうとルフィと固く握手します。

赤ざやの九人男も続きます。

 

ゾロと閻魔

ゾロは閻魔を本当に自分の物にすべく修行を重ねています。

扱いきれるまで時間がかかりそうな様子です。

 

花の都

オロチに連絡が入ります。

兔丼が無事であると聞き、それは誤報ではないかと不思議がっています。

不敵に笑うオロチの手元には1枚の紙。

そこには、刃武港から常影港への集合場所が変わったこと、そして日和が生きているという事実を知ります。

なぜ???

誰かが裏切ったのか?

 

ローはどこへ?

最後の場面にローが登場。

不気味な笑みを浮かべるロー。

何を狙っているのか。

 

 

第二幕 完!

日和らしき人物が三味線で奏でます。

べべん、べんべん

~~~

さぁてお立会い!!!

空は晴れて桜舞い散る花の都

時はついに火祭りの日

世界の運命をも揺るがす戦いが今始まる

~~~

 

ワノ国第二幕 完

べべんっ!!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ワンピース最新954話のあらすじと感想を紹介し、次回の955話の展開を予想したのちネタバレ確定情報をお届けしました。

決戦前日まで進んだところで第二幕が完結です。

次回どんな展開を迎えるのか注目です。

ネタバレ情報は随時更新していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!