ワンピース

【ワンピース】エニエスロビー編名言・名場面ランキングトップ10!!

ワンピースエニエスロビー編
Pocket

映画スタンピードが絶賛上映中のワンピース!映画だけでなくテレビでもワノ国編が2019年7月から始まり盛り上がっていますね!

そんなワノ国編から少し戻ったエニエスロビー編も人気の高いシリーズです。

エニエスロビー編も数多くの名言や名場面がありますよね

そこで今回は、ワンピース「エニエスロビー編」名言や名場面を独自ランキング形式でご紹介したいと思います!

 

ワンピース「エニエスロビー編」名言・名場面ランキングトップ10

それでは、10位から紹介します。

第10位 ルフィを信じろ

ロビンは、ルフィたちに危害が加わらないようにと、麦わらの一味を離れていて、麦わらの一味を抜けるに当たって、ルフィの許可を得ていませんでいた。

ルフィたちを信じれば、どんな困難でも乗り越えられる。

そんなウソップの気持ちが現れたシーンです。

ルフィを信じろ」ウソップの仲間思いの言葉に感動をします。

こちらの場面、漫画では第374話で描かれています。

 

第9位 おれは 止まる気はねェんで!

なぜロビンは麦わら海賊団を裏切る事になったのか?

サンジはその事情をロビンが乗る海列車の上で聞かされて、隠れて、海列車に乗って、強敵たちが勢揃いをしていたのですが、サンジは止まる気がしていませんでした。

ロビン奪還の為に動き出したサンジの決意が表されたシーンです。

おれは 止まる気はねぇんで!」は、サンジらしい言葉ですね!

こちらの場面ですが、漫画では第367話で描かれています。

 

第8位 私の名はそげキング!

海列車の上で、ウソップはサンジ、フランキーと共にロビン奪還作戦に挑もうとしまが、麦わらの一味を抜けたウソップは、素直にロビンを助けにいくことができません!

ゴーイングメリー号を巡ってルフィ達と喧嘩をしたからです。

そこで仮面を被り、別人となってロビン奪還作戦に加わる事を思いつきます。

そして、そげキングが登場して、その時の名言です。

私の名はそげキング!」。

かっこいいシーンです。

そげキングは、この後のロビン奪還に大活躍をします。

こちらの場面は漫画では第8位と同じ367話で描かれています。

 

第7位 存在する事は罪にならねェ!

ロビンは、自分の存在が麦わらの一味に取って邪魔になってしまい、自分のことを消し去ろうとしていました。

そんなロビンを見たフランキーは、自分の師匠の「トム」が行った言葉を思い出しました。

例え、どんなに強力な力や兵器を持った船でも「存在」するだけで罪になる事はないと「トム」に力強く教えられました。

その思いをロビンに力強く伝えたシーンで名言です。

存在する事は罪にならねぇ!」は、とても深くて感動をする言葉ですね!

かっこいいです。

こちらの場面は漫画では第375話で描かれています。

 

第6位 笑ってねェで後悔しろよ、

CP9と戦っているとき、ウソップとゾロは手錠で繋がれてしまって、鍵が見つからずに大苦戦をしていましたが、ようやく届いた鍵によって2人は解放されます。

その様子を笑っていたCP9に対して、ゾロが言い放った言葉です。

笑ってねェで後悔しろよ、もう二度と来ねェぞ、今見てェな おれを討ち取る好機は

世界政府」!

とても力強くてかっこいい名言です。

ゾロらしいセリフですね!

こちらの場面、漫画では第412話で描かれています。

 

第5位 おれが誰よりも強くならなきゃ そいつらをみんな失っちまう!

元海軍大将の青キジやCP9との前の戦いで、大きな敗北を経験して仲間を全員失いかけたルフィ。

CP9のブルーノとの戦いを前に「決意」の言葉を口にします。

おれには強くなんかなくたって 一緒にいて欲しい仲間がいるから おれが誰よりも強くならなきゃ そいつらをみんな失っちまう」と、自分が強くなることこそが、仲間たちとの冒険を続けるために必要なんだと気き、そんなルフィの決意が現れたセリフです。

こちらの場面は、漫画では第387話で語られています。

 

第4位 もう…一人にしないでぐだざい!

ロビンの母、オリビアは、歴史の本文を求め、ロビンを島に置いていき航海をしていて、その間、ロビンはオリビアの背中をおって考古学者になっていました。

そんなある日に、オリビアが島に戻ってきて、ついにロビンと再会をしました。

ロビンは8歳になっていて、子供の頃のロビンのお母さんへの気持ちが詰まったセリフです。

だから一緒にいさせてお母さん、もう…一人にしないでぐだざい」と感動をしますね!

こちらの場面は漫画では第395話で描かれています。

 

第3位 あとはおれ達に任せろ!

麦わらの一味は、エニエス・ロビーに集結をいて、大きな谷を挟んで屋上でCP9と向き合い、そこで、ロビンに向けて「あとは自分たちに任せろ」と叫びました。

全員が横並びで揃ったシーンであり、ここからロビン奪還のために世界政府であるCP9と戦います。

ルフィ達が世界政府に戦線を布告をしたシーンです。

こちらの場面、漫画では第390話です。

 

第2位 てめェら クビだそうだ

ゾロは激闘の末にカクに勝ちました。

ガレーラカンパニーでアイスバーグ達を裏切り、アイスバーグを撃ちました。

ゾロは、パウリーからの伝言をカクに伝えました。

それは、ガレーラカンパニーカクがクビになった事。

二人の戦いが終了したシーンでありかっこ良くて痺れるシーンです。

こちらの場面は漫画では第418話で描かれたいます。

 

第1位 「生きたい」と言えェ!

麦わらの一味を裏切り、エスエス・ロビーへと連行されたロビンですが。その裏切りは実はルフィ達を大切に思っているが故の行動でした。

ロビンを助けに行ったルフィ達はロビンに「生きたい と言えェ」と叫びます。

するとロビンは、「生ぎたいっ」と答えた感動をするシーンです。

ワンピースの中でももっとも感動をするシーンに挙げられるほどの名言ですね!

この場面は、グッズになってたりとワンピース好きだけではない人も知っている人は多いと思います。

ロビンの過去をルフィ達が取り払ったと思います。

これを気にルフィ達は、団結を増して行きます。

こちらの場面は漫画では第398話で描かれています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はエニエスロビー編 名場面 ランキング」について調査しました。

エニエスロビー編は、名場面が多くて選ぶのに一苦労をしました。

特に、「生きたい」と言えェ!」は、感動をするシーンで、ワンピースが好きな人は誰もが知っている名場面だと思います。

これを気にエニエスロビー編を観てみてはいかがでしょうか。

今後のワンピースの展開のも注目をしたいですね!

最後までご覧いただき有難うございました。