ワンピース

ワンピース最新950話ネタバレ確定速報!キッドとキラーは鬼ヶ島へ?

ワンピース映画2019スタンピードのゲストキャラは?声優も紹介!
Pocket

今回はワンピース最新話である「950話」のあらすじやネタバレ確定情報をご紹介していきます。

前回949話では「ミイラ」と呼ばれる最強疫災弾にも負けずルフィがついに兔丼を制圧!ヒョウ爺も驚く掌握力で武士の心を鷲掴みにしました!

さあいよいよ決戦の8日前となりこのあとの展開がさらに楽しみになってきましたね!

果たして最新950話ではどんな動きがあるのか、まだ「技」を見せていない菊の丞、キッドのプライド、そしてルフィの伝染病の影響など気になるところが盛りだくさんです

まずは949話を簡単に振り返り、その後950話のあらすじやネタバレ確定速報をお伝えしていきたいと思います!

※こちらの記事は950話のネタバレを含みます。読みたくない方はここでお戻り下さいね!

 

ワンピース949話のあらすじ振り返り

949話ではルフィの体を張って武士達を説得する姿、心を掌握する場面が本当に印象的でシビれましたよね!その949話のあらすじをまずは簡単に振り返ってみましょう!

 

疫災弾(エキサイトだん)をルフィ達に向けてひたすら撃つクイーンの部下達が現れます。

もちろんルフィには当たらず、チョッパーとの連携プレーで倒されていく部下達。

赤ざやの九人男である河童の河松、霧の雷ぞうも技を繰り出し敵を蹴散らします。

 

その傍ら、クイーンの水責めから命からがら助かったキッドとキラーが縛られ座っています。

 

キッドはじっとルフィ達が戦う様子を見ています。

霧の雷ぞうは、どれかで開けられるだろうと鍵をキッドに向かってなげてくれていますが、プライドが許さないのか鍵を開けようとしないキッド。

 

そんな中で、看守長のババヌキはルフィ達ではなく今度は周りにいる囚人達に向けて弾を放っていきます。

ルフィに当たらなくてもいい、囚人達を通じてルフィ達に感染すればいいとババヌキは考えていたのでしょう。

 

クイーンが作った疫災弾、その名称ミイラ」と呼ばれていました。

当たれば感染し、体が燃えるように熱くなり、最後にはミイラのように干からびています力があったためです。そして、最大の効果は他の者に触れば感染するというものでした。

 

ダイフゴーも弾を撃って囚人達をどんどんと感染させます。

 

ルフィ達の周りが皆敵である状況。

 

ルフィは何を思ったか、囚人達の前に立ちはだかり、両手を大きく広げ、ルフィに近づく囚人達を体を張って止めます。

 

当然、その囚人に触ったルフィはすぐに、疫病に感染。

 

全然効かないと強がるルフィ。

ルフィが来たせいで、自分達は疫病にかかり、もう武士としての心を折られているんだと、囚人達はルフィにどこか行ってくれと言います。

 

それを聞いたルフィ、彼らに目を覚ますよう、大声で言います。

 

この国を救ってやるってお玉と約束したんだ!

みんなが腹いっぱいメシを食えるようにって!

 

カイドウをぶっ飛ばすために来てるんだ!

味方に足止めされないといけねェ理由なんてねェよ!

 

カイドウの言いなりになるか、

おれ達についてくるか、

 

選ぶのはお前らだ!!

囚人達の心を完全に掌握したのです。

 

ルフィは影で見ているお玉とモモの助の耳にも届くように叫んだのでしょう。

 

お玉の表情も印象的でしたね。

 

ルフィの言葉を聞いた囚人達は感動し、あれだけルフィの事を出て行けなどと悪く言った自分達にもまだチャンスをくれるのかと、そう思ったのでした。

 

ババヌキは疫災弾をまだ放とうとしていましたが、ルフィ見聞色の覇気で気づくと彼の鼻を結んで大爆発させます。

 

更にルフィは囚人達に後は任せると言い、それを聞いた囚人達は一気にダイフゴーに襲い掛かり、ついに兎丼を制圧したのです!

決戦まであと8日!!さあどんな展開となるのか!

 

と、ここまでが949話のあらすじ振り返りです。

 

では続いていよいよ950話のネタバレ確定速報をお届けします!

 

ワンピース最新950話ネタバレ確定速報!

さあいよいよここからワンピース最新話である「950話」のネタバレ確定速報です!

果たしてキッド、ルフィはどうなったの、鬼ヶ島へ向かったのかそれとも花の都か?

 

950話のタイトルは「兵どもが夢」。なんとも意味深なタイトルですね。

話は、前回ミイラで感染したルフィが倒れこんでしまう場面から始まります。

 

キッドが拘束された鎖を外し、ルフィのもとへ。

共にカイドウを倒そうと持ち掛けるルフィ。

 

しかし、「同盟」ということ自体にもう嫌気がさしていたキッドは、もう誰も信じないと言いルフィから離れていくのでした。

そして、ここですぐに殺さないということをありがたく思え!とさえ言い放ち去っていきます。

 

キッドは、兎丼の中にあった鉄片や武器を、自分の能力でどんどん集め、それを左腕に繋ぎ合わせていきます。

そして、その左腕を使い、兎丼の外に出る門を破壊して出ていってしまいます。キラーと共に。

「仲間たちを取り戻しに!」

一体どこへ向かうのでしょうか。

一方で、兎丼の囚人達は、ついていこうと決めたルフィが、「海賊」だということを知ります。

それにより、また不信感を抱くのでした。

海賊といえば「カイドウ」をどうしても思い浮かべてしまう囚人。それもそのはずです。

かなりのトラウマなのでしょう・・・

さらには、霧の雷ぞうや菊の丞ら赤ざや九人男が「過去から」来たことにも当然疑いの目を向けます。

そんな状況を一変させたのは、光月おでんの息子であるモモの助!

光月家の血が途絶えていなかったことを知り改めて信じ始めた囚人達。

ここでヒョウ爺は何かを感じ取ります。

何が足りないのか、、

「戦い」のその先にそれはある!となったのです。

モモの助は不安も抱いていました。

囚人達が共に戦ってくれることは頼もしいが、その裏には、父・おでんの姿があったからです。

モモの助を通して、「光月おでん」の姿を見た囚人達。

その思いに応えることができるのか、、まだ幼いモモの助は不安だったのでしょう。

「びびるんじゃない!」そう自分に言い聞かせます。

恐る恐る語り出すモモの助。

みな、、

聞いてほしい、、、

おてん城で何が起こったのかを。

拙者がこの20年、何をしていたか、、

この言葉に一同は力強く答えるのです。

「はい!!」

気持ちが大きく、そして同じ方向に向いた瞬間でした。

 

その頃、久里では酒天丸こと赤ざや九人男の「アシュラ童子」が、錦えもん達に「ある墓」を見せます。

 

それは、赤ざや九人男が20年後に戻ってくるということをどうしても信じられない武士が鬼ヶ島へ向かってしまい戦死した、その者たちの墓だったのです。

「本当に戻ってきたんだな」

とアシュラ童子。

そして、8日後となる決戦の夜に、ついに鬼ヶ島へ討ち入りすることを決めたのです!

場面はゾロが休む森奥の神社へ。

狂死郎と戦うものの決着がつかず退却し神社へやってきました。

「秋水」を奪われたゾロは、8日後の決戦までになんとしても取り戻すことを決意します。

トノヤスの仇・・・必ず・・・

そう決意しつぶやくゾロ。

オロチを自分の手で殺めたい、そう決意したのでしょう。

日和を見て何かを思うゾロが気になりますね。

 

その頃、花の都では、バジルホーキンスやドレークらにローが捕らえられてしまいます。

 

ローが企てていたことを吐かせようとしますが、なかなか口を割らないロー。

 

「海桜石」の手錠をつけられているローはもうどうしようもないはずですが、、

 

そこで浮かべた不敵な笑みが??

 

次回951話へ続く!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はワンピース最新話である950話のネタバレ確定情報を中心、950話の考察や次回951話の展開を簡単に予想してみました。

おでんの姿をモモの助に見た囚人の武士達。力を結束して決戦に挑みます。

一方でゾロやローの今後の動きも気になります。次回951話も楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!