七つの大罪

七つの大罪320話のネタバレと感想!メリオダスがバン達と合流か?

【七つの大罪】最新319話のネタバレ予想!魔神王が形勢を逆転する?
Pocket

今回は、2019年7月24日発売の少年マガジン34号掲載の七つの大罪最新話320話のネタバレと感想をご紹介します!

320話では、メリオダスと力を取り戻した魔神王との戦いが中心になります。

魔神王が本来の力を取り戻してもゼルドリスを助けようとするメリオダスの思いは届くのか…!?

まず最初に320話のネタバレを、その後320話の感想をご紹介していきます。次回321話の展開も合わせてご覧ください!

319話を見逃した方はこちらもどうぞ♪

【七つの大罪】最新319話のネタバレ予想!魔神王が形勢を逆転する?
七つの大罪の最新320話ネタバレ展開予想!本物のゲルダが登場する?七つの大罪最新話320話の展開をネタバレ予想したいと思います。メリオダスは何としてもゼルドリスを救おうとしていた。しかしゼルドリスは魔神王が作った幻のゲルダの言葉を受け入れつつあり、それが原因で魔神王の力が増し始める。ゼルドリスの運命はどうなるのか!...

 

七つの大罪320話のネタバレ

「ゼルドリス――――――ッ!!!抵抗するんだ…!!!」

メリオダスはこう叫び、エリザベスは気配が消えたと感じ取っていました。

 

彼らの目の前にいる黒い炎が消え去ると、さっきとはまるで違う姿になった魔神王の姿がありました。

 

魔神王はゼルドリスのおかげで若き肉体と力を手に入れたと天に向かって言うと、メリオダスに諦めろと言います。

 

しかし、メリオダスはまだゼルドリスが消えていない事を信じて、魔神の力を発動させて、魔神王に立ち向かいます。

 

お互い互角の剣劇を繰り広げるが、魔神王の方が力が上なのか、彼の一振りでメリオダスは吹き飛びます。

しかし、すぐさま体勢を立て直して魔神王に襲い掛かります。

 

メリオダスは必ずゲルダに会わせるとゼルドリスと約束したと言って魔神王に斬りかかっていきます。

「メリオダス…深追いはダメ!!一度立て直しましょう!!」

エリザベスはこう言うが、ゼルドリスを見捨てることが出来ないメリオダスは神千斬りを魔神王に浴びせます。

 

しかし魔神王は余裕そうにしており、エリザベスは斬撃以外の魔力を無力化したのだと察します。

その時、遠くから飛んできた何らかの一撃が魔神王に命中します。

 

更に4つの攻撃も飛んできたので、魔神王は避けると水しぶきが起こります。

 

水しぶきから見える人影から誰が来たのかをメリオダス達は察します。

 

「距離も時間も計算通りだったろう?」

「まったくもう!二人共水臭いんだから~!」

「…その通りだよ オイラたちは運命の仲間だろ」

「フン…我らが気づかぬとでも思うか?」

「<七つの大罪>七つの掟その七~♬「たまには全員(みんな)で力を合わせようぜ」だ♬」

 

彼らの前に現れたのは、見事インデュラを撃破してきたバン達でした。

ここまでが320話のネタバレです。では続いて320話の感想と321話の展開予想です!

 

七つの大罪320話の感想

ここでは七つの大罪320話の感想を述べさせていただきます。

 

何としてでもゼルドリスを救いたいというメリオダスの思いが、十分に伝わった話でしたね。

今は恐らく9割方魔神王に取り込まれていますが、メリオダスはまだ取り込まれてないと感じているのでまだ取り戻せると考えているのでしょう。

しかし、魔神王も本来の力を取り戻しているのか、メリオダスを追い込んでいますので、一筋縄ではいきません。

そこへグッドタイミングと言わんばかりにバン達が来たので、彼らと共に立ち向かう展開になっていくのだと思います。

 

七つの大罪321話の展開予想!

続いて七つの大罪の次回321話の予想をしたいと思います。

320話ではインデュラを倒したバン達が駆けつけたところで終わりました。

 

321話では七つの大罪メンバーとリオダス達が総力戦を挑んでくるのだと思われます。

今の魔神王は、幾らゼルドリスが精神世界にいるとはいえ、メリオダスには手に負えなくなりつつあります。

なので、バン達が来た事は渡りに船です。

 

それにバン達はメリオダスの例もあって、魔神王はゼルドリスの肉体を利用しているのも察しているのも追い風となる思われます。

事情を察しているという事は、出来るだけ始末しないように彼らが戦う事が出来るからです。

 

バンとキングを中心に戦い、ディアンヌ、ゴウセル、マーリンがそのサポートという形になっていくのではないでしょうか。

メリオダスを除いて魔神王と真っ向からやれるのは煉獄で強くなったバンと、真の妖精王となったキングくらいです。

バン達が魔神王を倒さずに足止めをしている間に、メリオダスが呼びかける展開になっていくのではないでしょうか。

そして後から魔力を取り戻したエスカノールが、こちらに駆けつける事になるという展開になっていくと予想します。

 

その際に『余裕をこいて来るのが、強者の特権です』と言って来るのかもしれませんね。

 

次回のタイトルが『光』となっていたので、メリオダスの声がゼルドリスに届く可能性は十分にあると思われます。

果たして、実際の321話はどんな展開となるのでしょうか。7月31日の少年マガジン発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、七つの大罪最新320話のネタバレと感想を紹介し、次回の321話の展開を予想してみました。

エスカノールを除く七つの大罪がメリオダス達の元に集ったので、反撃開始と言った空気になりましたね。

バン達が攻撃等をして魔神王の足止めをして、メリオダスやエリザベスが呼びかける展開となっていくとは思いますが、7月31日の発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!