キングダム

キングダム614話ネタバレ予想!死を覚悟する傅抵(ふてい)は何をする?

キングダム614話ネタバレ予想!死を覚悟する傅抵(ふてい)は何をする?
Pocket

この記事では、漫画キングダム613話あらすじと考察をもとに、次回614話展開ネタバレ予想を紹介していきます。

前回612話では、王賁が堯雲を倒し、信達は李牧のもとへと向かう。

そこでたちはだかるのは金毛軍。飛信隊が金毛軍に苦戦する中、亜花錦たちが援護に来るのだった。はたして信達は李朴の元へたどり着けるのか。

それではまずは613話のあらすじを、その後613話の考察とともに次回614話の展開を予想していきたいと思います!

 

※これは文字だけのネタバレ予想記事です。画像付きでキングダムを楽しみたい方こちらもおススメします♪

キングダム最新刊を無料で読む

キングダム 613話あらすじ

信の存在

飛信隊の援護に来た亜花錦たちのおかげでようやく信達が加速し始める。

それを見た亜花錦は佳恭(けいきょう)に隊を左に送って飛信隊を助けろと指示する。

すると佳恭は亜花錦の指示に従い戦終盤いつも亜花錦がいてくれて良かったと思うと言う。

亜花錦は褒め言葉を受け取るが、今回は信の存在が一番大きかったと返す。

 

挟撃

一方金毛は負けている状況に悔しさを感じて脱出を勧める部下に反対する。飛信隊に慶舎と岳嬰が討たれていることを思い引き下がりたくない金毛。

しかし、その金毛に竹進は「責務を放棄するな」と言い、李朴様には金毛が必要だから無駄死にはするなと説得する。

竹進の熱い熱弁により金毛は脱出することを決める。そして金毛は竹進にお礼を言って李朴のもとへ戻る。

ついに飛信隊は金毛軍の包囲を抜けて李牧のいる本軍の真横に出る。ここで王翦が狙っていた挟撃が成功した。

 

ついに動く傅抵

一方、李牧は目をつぶって何かを考えている。

秦軍の士気が上がり、攻め続ける秦軍。

ここでカイネは李牧の危険を感じて陣を下げようとする。

そこに傅抵が現れて油断していたカイネを助ける。そして彼は行くところがあると言うが、カイネは勝手な真似をするなと言う。

カイネの顔を焼き付けて死を覚悟する傅抵にカイネは戸惑う。しかし、これは勝手な行動ではなく李牧の指示だった。

そして傅抵は「勝負は最後まで分からないぞ」と言ってこの場を去る。

その頃李牧は自信に満ちた表情だった。

キングダム最新刊56巻の発売日はいつで表紙は?最終決戦李牧の戦術を見破れ!
キングダム最新刊56巻の発売日はいつ?表紙や内容は何話までかも調査!古代中国の戦国時代末期を舞台にした中国時代劇「キングダム」。今回は「キングダム」の最新刊56巻の発売日はいつか、周辺情報となる収録話数(内容は何話までか)や予約特典、さらに表紙などについても調査致しましたのでまとめてご紹介します!...

キングダム613話考察と次回614話の展開ネタバレ予想!

お待たせしました。それではここからキングダム613話を振り返りながら考察を、それと同時に次回614話の展開も予想していきたいと思います。

金毛の葛藤

このまま飛信隊に負けて引き下がりたくない金毛。彼は慶舎と岳嬰を討たれたことに悔しい思いをしています。

だからこそ冷静な判断ができない状態になっていました。しかし、そこで竹進が李牧様には金毛が必要だと熱弁しますが、それでも金毛は葛藤します。

ここで自分が出ていって飛信隊を倒すんだという強い思いが伝わってくるだけでなく部下との関係が濃いものということも分かります。

また、李牧は王翦よりも部下に好かれているとも感じます。部下の一言一言から人間として李牧に敬意を表して慕っていると感じます。

挟撃の成功

戦が始まってから王翦が狙っていた挟撃が成功しました

これでさらに秦軍が有利となります。自信に満ち溢れているの李牧と王翦の知略の戦いまたしても王翦に有利となりました。

しかし、なぜか自信に満ち溢れた表情をしていた李牧。何かこの状況を劇的に変える策があるのでしょうか。

傅抵の行動の意味

李牧が自信に満ち溢れた表情に関係するのは間違いなく傅抵の動きです。

死を覚悟してカイネの顔を見に来た傅抵。はたして彼は何をしようとしているのでしょうか。

死を覚悟するということは、とても危険な任務だと思います。考えられるのは、信を討つこと、本軍に突っ込んで囮になること、秦以外の影響力の強い将軍の誰かを討つことくらいでしょう。

しかし、李牧の奥の手だというなら相当大きな流れを起こしそうです。

この戦で傅抵は死なないと思うので何か大きな戦果を残すでしょう。また、李牧の部下と言えばカイネと傅抵が一番思い出されます。

前から登場していたキャラなので今後も信達と戦って切磋琢磨すると考えられます。

傅抵の動きだけでなくカイネの動きにも注目です。

やっと二人の活躍が見られそうですね。

龐煖(ほうけん)の動き

彼は李牧のもとへ来た後どこへ行ったのでしょうか。

彼は李牧との話しで信のことを思いだしました。ということは信を探しに行ったのではと思ったのですが、李牧中央軍に信がたどり着いたのに龐煖の姿がないのです。

映し出されてないのには理由があるのか、それともどこかへ行ったのか。何も明らかにされていないです。

もし、桓騎を討ちに行ったということであれば大きく流れが動きそうです。

いずれにしても神出鬼没な龐煖はよくも悪くも毎回読者に衝撃与える行動をするので彼の行動に注目です。

場を乱す龐煖には少しやめてほしいとも思いますが。

キングダム最新刊56巻の発売日はいつで表紙は?最終決戦李牧の戦術を見破れ!
キングダム最新刊56巻の発売日はいつ?表紙や内容は何話までかも調査!古代中国の戦国時代末期を舞台にした中国時代劇「キングダム」。今回は「キングダム」の最新刊56巻の発売日はいつか、周辺情報となる収録話数(内容は何話までか)や予約特典、さらに表紙などについても調査致しましたのでまとめてご紹介します!...

まとめ

今回はキングダム613話のあらすじや考察をもとに、次回614話の展開ネタバレ予想してみました。

613話では金毛の葛藤、飛信隊が金毛軍を突破する、挟撃の成功などがありました。

やっと李牧のもとへ来た信達。次回614話は龐煖との戦い、李牧との会話などにも注目です!死を覚悟するふていは何をしようとしているのか、そちらの展開も目が離せませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!