キングダム

キングダム613話展開予想!信達は李牧のもとへたどり着けるのか

キングダム607話ネタバレや感想考察も!王翦まさかの勧誘に李牧は?
Pocket

この記事では、漫画キングダム612話あらすじと次回613話ネタバレ展開予想を紹介していきます。

前回611話では、中央軍に向かう飛信隊の前に現れたのは金毛軍。一方中央軍では、糸凌が李牧のもとへ向かおうと進む。カイネはそれを止めに向かうのだった。

はたしてカイネは糸凌を止められるのか。

それではまずは612話のあらすじから振り返ってみましょう。

キングダム612話あらすじ

龐煖(ほうけん)襲来

糸凌が着々と李牧のもとへ近づいていることに危機感を感じる李朴軍。

そしてついに李牧本隊が見え、一気に前進しようとする。しかし、そこに現れた龐煖(ほうけん)が糸凌の隊を次々と倒していった。

驚くカイネと糸凌。糸凌が龐煖(ほうけん)を倒しに向かおうとすると、龐煖(ほうけん)が雄たけびを上げ、そして馬が次々と震え出す。

その隙にカイネ隊が糸凌の隊へと攻める。

約束

龐煖(ほうけん)が李牧を探していると、李牧が現れる。傷を手で押さえる龐煖(ほうけん)を見て李牧は「苦しそうですね」と言う。

すると龐煖(ほうけん)は「答えをもらいに来たぞ」と返す。

李牧と龐煖(ほうけん)が20年前初めて出会ったときにした約束。その約束を果たすときが今日のようだ。

李牧は今日が戦の決着の日と考えている。戦いなど関係ないと思う龐煖(ほうけん)に李朴は、戦場で王騎に出会ったのだから関係があると言う。

李牧は答えに導く者。龐煖(ほうけん)が求める応えを持っているのは別の人間で龐煖(ほうけん)自身も気づいているはずだと李朴は言う。

彼は、脳裏に信を思い浮かべる。

援軍

一方、李牧本軍に向かう秦右翼は金毛軍に苦戦している。貂は苦戦している飛信隊を見て、士気の高さで勝てると思っていた自分の考えが甘かったと感じる。

こんな中、馬南慈軍を牽制していた亜光軍を率いていた段茶は、飛信隊が李牧のもとへ行かなければ勝ち目はないと考える。

そして、亜光綿へ半数を率いて援軍に行けと告げ、亜光綿は半数を連れて援軍に向かうのだった。

 

ここまでがキングダム612話のあらすじです。続いて612話の考察と次回613話のネタバレ展開予想をしてみたいと思います!

キングダム612話考察と次回613話ネタバレ展開予想!

約束

龐煖(ほうけん)と李牧の約束。一体どのような約束なのでしょうか。

龐煖(ほうけん)の性格や人間性は、武の頂点になり自分が中華で一番強いと証明すること、それが一番の生きがいではないかと感じる。

それを考えると李牧は、龐煖(ほうけん)に中華で一番強くなる方法を教えるなどの約束をしたのではないかと思います。

答えとはそのことで、李牧は答え戦場にあるという結論にたどり着いたのではないかと思います。また、李牧は龐煖(ほうけん)を変えたいのではないかとも感じることがある。

戦うことしかない武神に、何かを教えようとしているのかもしれません。

今の龐煖(ほうけん)は、戦など興味がなく、神出鬼没に戦に現れて人を殺していくことがあります。

国のために戦う信達や李牧と違って、ただ場を荒らすだけの人間です。

このような龐煖(ほうけん)がいつか変わっていくのではないかと考えます。

 

段茶と亜光綿

段茶は大将代理で影が薄いキャラでしたが、今回は違ったようです。

亜光綿にここは持ちこたえると言い、援軍に行かせたのはカッコよかったです。それほど飛信隊に戦の命運がかかっていることを感じていますね。

そして度々活躍する亜光綿。怖い顔に似合わず、とてもいい人です。自分の危険を顧みず、何度も戦ったこともあります。

 

信達は李朴本軍に辿りつけるのか

今回で亜光綿率いる軍が援軍に来たので、確実にたどり着けると思います。

あの苦戦している中で援軍がなかったら中央軍が突破されて秦軍は負ける可能性もあるように思えました。

しかし、援軍が来てくれたため、金毛軍を突破できると感じます。

信はいまだに調子が戻らない様子でしたが、もうそろそろで調子が戻ると思います。なぜなら龐煖(ほうけん)との戦いが待ち受けていると思うからです。

今回龐煖(ほうけん)が信を脳裏に思い浮かべてたことによって、もうすぐ二人の戦いが始まる予感がしました。

 

李牧の考え

李牧は、金毛を信頼していましたが、援軍により信達は金毛軍を突破すると考えます。

そうなると大きく秦軍は有利になります。そこで、李牧が次に出す指示が見ものですね。

龐煖(ほうけん)と信を戦わせるのか、ふていと信を戦わせるのか。

ここで思うのは、ふていと最初に戦わない場合、ふていはどこで活躍するのかという疑問です。

こうなるとふていの方が龐煖(ほうけん)より先に信と対峙するような気がします。

ふていは若手の中では相当の強さだとは思いますが、信に勝てるほど強いようには思えません。ですので、ふていはこの戦の後強くなって信と戦うという線もあるかもしれません。

 

まとめ

今回は、キングダム612話のあらすじを振り返りながらその考察を、そして次回613の展開予想をしてみました。

612話では龐煖(ほうけん)の襲来、龐煖(ほうけん)と李牧の約束の時などがありました。

何を考えているのか分からない龐煖(ほうけん)が李牧とした約束は何なのでしょう。

次回613話が楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!