キングダム

キングダム607話ネタバレや感想考察も!王翦まさかの勧誘に李牧は?

キングダム607話ネタバレや感想考察も!王翦まさかの勧誘に李牧は?
Pocket

この記事では、キングダム607話ネタバレや感想・考察などを紹介していきます。

前回606話では、王翦が布陣を組まずにそのまま前進する。無謀かに思われたが、彼は李牧の策の起こりを見破っていた。そして起こりをすぐに理解して取り入れた王翦は、李牧軍を押していくのだった。

はたして李牧はどうするのでしょうか。607話のネタバレのあと、感想考察、さらに608話の展開予想もしてみます!

※607話のネタバレを読みたくない方はここでお戻りください

キングダム607話ネタバレ!

実力の差

王翦軍と雷伯軍の激しい戦いの中、雷伯は押されている現状を心配する。

しかし、王翦軍に起こりは確認できず、戦術を使うと逆に返されて不利な状況となる。この流れは誰も想定していなかった。

雷伯は、李牧様を超えることはないが、近い力を持っていると認めざるを得なかった。

一方王翦はそんな気持ちなどなく、部下の兵からの報告に集中していた。その報告は自分の軍が李牧軍を圧倒してきているというものだった。

喜ぶかと思ったが、王翦はじっと一点を見つめ、大きく目を開いて「今すぐ乱戦を解け」と話す。

勝負に出る王翦

王翦の言葉に優勢な中での戦いの中断に、信じられないと言いたげな顔で聞き返す。

そんな部下たちに「左へ転進」と伝える。

王翦軍から左には田里弥軍が共伯軍と対面している。王翦は一気に決着をつけると意気込むみ、勝負に出る。

これは、李牧でさえも予想はしていなかった。

そして雷伯軍を引き連れ、田里弥軍に強引に合流する様子を見て、ここにいる全員が思考停止してしまうほどの想定外の奇襲。

ここで一番最初に動いたのが倉央だった。後ろに待機していた本軍と合流をして、自分の判断で自軍まで、乱戦の中に飛び込んでさらに王翦軍が有利となる。

王翦は彼の判断に珍しく笑うのだった。

乱戦の中での陣形

全ての人が混戦に戸惑う中、王翦は部下の将兵に冷静に指示を飛ばす。

この指示の意味を敵軍の将兵は、何をしようとしているのか全く理解することが出来ない。しかし、李牧だけは確信を持って布陣をしているのだと気づく。

李牧が内心で王翦の策に驚く中、陣が敷かれてしまう。一方、李牧軍の布陣は乱れたままである。

大将の王翦が最後尾に入ることができれば、陣形の優劣は確実に王翦軍に傾く。

王翦の提案

しかし、そのようにはならず、王翦が一人赴き立ち止まると、李牧も同じように前線へ一人で出てきた。

大きな乱戦の中、総大将同士が対面するという状況に全員呆然とするしかなかった。

王翦が「よくでてきたな」と言うと李牧は「私と話したいのかと思いまして」と言い、どちらも沈黙する。

李牧は徐に兵糧が尽きたのだから降伏しろと言う。しかし、逆に王翦はぎょうの食糧が尽きたから勝ちを確信していると話す。

李牧は歴史の重みにかけてぎょうは落ちないと言うが、王翦は「上に立つ者共が馬鹿の集まりであれば、国は亡ぶ」という。

そして李牧がいなければ趙はとっくに滅んでいると話す。そして最後に

「私と一緒に来い、お前が私と組んだら最強の国を作ることができる」と言うのだった。

607話感想と考察は? 次回608話展開予想も!

李牧は提案を受け入れるか

今回李朴は王翦との知略の勝負に負けました。そこで王翦は、李牧の怪物っぷりを認め、自分と一緒に最強の国を作ろうと言います。この展開は予想外でした。王翦が誰かを仲間にしようと考える人だと予想もつきませんでした。

そして王翦は何を求めているのかも分かりません。政と一緒に中華統一を目指しているのでしょうか、だとしたら中華統一を目指す理由は何なのか、考えれば考えるほど彼は謎のままです。

李牧は提案を受けないと思います。ぎょうは落とされると王翦に言われるが、ぎょうの強さを確信していて負ける事はないと思っています。いくら王翦に言われたからと言って簡単に負けを認めるはずがありません。

かといって一騎討ちもするとはかんがえにくいです。そもそも王翦は武力は強いのかも不明です。自分を怪物と称するほどなので強い可能性が高いですが。

今回強いやつの特徴がはっきりしたと思います。李牧と王翦どちらも何が起こっても全て冷静に対処しています。王翦に関しては表情が読み取れませんが。何が起こっても自分を信じる人が強いのだと感じます。

珍しく王翦が部下の行動に対して笑いました。倉央の判断を認めたということだと思いますが、わかりづらいですね。

王翦が前線に出たとき敵味方関係なく軍全体が驚いていて面白い場面でした。

王翦直属の軍は王翦とどいのような訓練をしているんでしょうか。今のところ王翦を信頼しているが、王翦は自軍を信頼しているかはわかりづらいです。

さらにいうと将軍クラスでも王翦の策や考えを理解してないと感じます。もしかしたら王翦の知と部下の知が恐ろしく差がある可能性が考えられます。

もしかしたら桓騎が一番彼を理解できるのかもしれません。残酷な策を取るもの同士ですね。

李牧と同じく王翦一人抜けたら秦は負けますね。

 

まとめ

今回は王翦の怪物さが際立ちました。李牧よりも怪物だということが分かります。また、李牧も王翦も勝利を確信して総大将同士話す場面は熱かったです。

次回李牧は提案を受け入れるのか。次号発売が待ち遠しいですね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!