キングダム

キングダム最新606話ネタバレ確定!知略の戦い 王翦勝利か?

キングダム605話ネタバレ考察!ついに動き出す王翦は李牧の策を見破るか?
Pocket

今回こちらの記事では、「キングダム」最新606話ネタバレと考察を紹介していきます!

前回605話では、王翦が糸凌に探りを入れさせました。その結果李朴の策に対抗する策を見つけたようでした。

その策は布陣を組まずに前進するものでした。驚きを隠せない李朴。

はたして最新606話で王翦は、李朴の策に勝つことが出来るのか!

 

キングダム606話ネタバレ考察!知略の戦い 王翦勝利か?

それでは「キングダム」606話のネタバレです。

前進する王翦

王翦は布陣を組まずに前進する。

このまま突っ込むのかと田里弥と倉央は、理解が出来ない様子。

このとき、歩兵の足が遅くなる。李朴は、面白いなと言う。王翦は少しずつ前進し、最善列に到着するが、そのままぶつかっていった。

驚く李朴軍。歩兵側が戦うとなぜか互角の戦いとなっている。李朴兵は戦術を発動しようとしない。

前がやられたら次が出てくるだけの戦い方で互角となっていた。やっと田里弥と倉央は、何もしていないから互角なのだと気づく。

李朴側はこの短時間で策を見破った王翦に驚きを隠せない。

李朴軍は相手の戦術や動きに対しての返しをやっていた。王翦側が五十騎出した瞬間に五十騎入ってきたのは、偶然ではなかったのだ。

しかし、先ほどの場面では反応があまりにも早かった。

知略と本能の混合型の怪物

王翦側は「起こり」だということに気づく。

王翦は人が物を掴むとき同時に先に肩が動くそれが起こりだと話す。軍にも「起こり」があると言う。

それを聞いた王翦側は、驚きを隠せないでいる。

王翦は、起こりを察知して相手の動きを読む、たしかにこれは理屈では分からないが、感覚的に捉えて戦っている連中は昔からいる。やつらは、敵の表情や集団の重心から読み取るのだと話す。

王翦は、これは本能型の武将」だと言う。

間違いなく李朴は本能型ではないのになぜと周りは困惑する。

王翦は、李朴は一度本能型の極みにいた麃公(ひょうこう)と戦っている。李朴は本能型の仕組みを研究して読み解き、それを元々知略的だった兵団に叩き込んだのだと言う。

つまり、知略と本能両方を持つ軍を作ったのだ。

王翦は、私と同じ怪物だと言う。

李朴の策を読み切る王翦

そんなとき雷伯軍が攻めに出てきた。

王翦側は敢えて何もしない戦いなので無防備の状態。王翦側の不利。

王翦は相手のやろうとしていることがわかったそぶりをしている。

そして王翦は、敵左脇の中間を狙えと指示する。

王翦の動きを理解した李朴は、読んで合わせてきたのかと驚いている。

そして王翦は、起こりを完全に理解したようだった。

キングダム606話考察と次回607話展開予想!

今回でやっと李朴の戦術が明らかにされました。

相手の出す戦術に合わせて一番最適な戦術を出すという策でした。これが出来たのは、李朴が知略型だけではなく本能型の戦い方を読み解き、それを自らの軍に叩き込んだことが理由でした。

普通はこんな芸当はできるわけがないです。知略と本能両方持ち合わせた李朴だからできました。麃公との一回の戦いで本能型を体得した李朴は間違いなく最強の武将といえるでしょう。

しかし、それに対応できた王翦はそれ以上かもしれません。自分のことを怪物と称するのもわかります。

それにしても王翦が焦ったり驚いた描写がでてきませんね。仮面を被っているからわかりずらいのはありますが、人間らしい描写がありません。

こうなると田里弥と倉央が王翦の考えを理解できないことも納得できます。

ですのでこれから王翦の過去が出てくると思います。過去に壮絶な出来事を経験して感情を表に出さない性格となったのか、なぜ王賁に見向きもしないのか、謎が多い人物ですね。

次回607話は、李朴が対策を立てても王翦に返される状況が続くと考えられます。王翦は本能型に対する対策をなぜできたのかがまだわかっていません。過去に王翦が戦ってきた武将の中で本能型がいたのだと思われます。

過去の出来事がでてくるのは、李朴との戦いが終わってからのような気がします。

前回の考察で田里弥が動くと予想しましたが動きませんでした。このまま見ているだけとなるのでしょうか。

次回信側の方が描かれるとするなら王賁が立ち上がって片腕の堯雲との戦いが繰り広げられると思います。

王賁は主力で物語でも重要人物なので死ぬことはないと考えられます。堯雲を倒すとき、藺相如のとの過去が描写され、藺相如が言ったことすべての意味が明らかにされると思います。

信と羌瘣(きょうかい)は、体力の限界が来ているので敵将と戦う描写はまだ次回ではまだないと感じます。それ以外の飛信隊のメンバーの活躍は描かれるかもしれません。

 

まとめ

今回は、李朴の策を読み切った王翦が一歩リードするような感じになりました。また、李朴の規格外の強さの秘密も明らかとなりました。知略と本能両方兼ね備えてしまった怪物李朴に対して一歩リードする王翦。

李朴よりも怪物かもしれません。王翦の強さが明らかになる毎に過去がますます気になってきました。

次回李朴は王翦にしてやられたままなのか。

ここまで読んでいただきありがとうございました!