キングダム

キングダム605話ネタバレ考察!ついに動き出す王翦は李牧の策を見破るか?

キングダム605話ネタバレ考察!ついに動き出す王翦は李牧の策を見破るか?
Pocket

今回こちらの記事では、「キングダム」最新605話ネタバレと考察を紹介していきます。

前回604話では、信達は趙峩龍との戦闘で体力が限界を迎えました。

一方で本軍側の王翦(おうせん)は田里弥(でんりみ)が共伯に少し押されている理由を探るために副将・糸凌に探りを入れさせました。

果たして最新605話では王翦は、李朴の策を見破ることができるのか。

「キングダム」最新605話ネタバレ!王翦は李牧の策を見破るか

それでは「キングダム」605話のネタバレです。

策を探る糸凌

王翦の指令を受けて、李朴の策を見破るために第4将倉央(そうおう)とその副官糸凌(しりょう)が出てくる。

その際、倉央は糸凌に勝って朝まで抱きまくるから帰ってこいと話す。

糸凌は、女の色っぽさを感じさせる笑みを受かべ「御意」と言った。

糸凌は、隊を戦闘に率いると二つの刀を使って敵を殲滅する。その速度が速すぎて部下が必死に呼び止めるが、その声は届かない。

前線では、糸凌を近くで見た敵兵が盾を構える。糸凌は、心で「笑わせる」と勝つことを疑いもしなかった。

笑みを浮かべ、二つの刀を振るう。盾兵は、僅かに足を浮かして糸凌の攻撃を受け流した。

糸凌は、自分の攻撃が受け流されたことを知ると苛立ち、もう一度二刀を振るう。

しかし、先ほどと同じように受け流され、驚く糸凌。自分相手に虚脱を使うことが信じられないようだ。

 

糸凌ピンチ

糸凌は、敵兵に対し、とんでもない仕込まれ方をしていると感じる。

一方、糸凌の勢いが止められたのを知った倉央は、糸凌へ後退の命令を送る。

伸びた隊に攻撃を受ければ強い糸凌でも危険だと判断する。だが、倉央の命令が届く前に、李朴兵が分断攻撃をして糸凌を追い詰めにかかる。

これに倉央は、五十騎を援軍に送るが、そこへ五十騎が攻めてきた。

倉央は、驚いたが、冷静に対処し、何とか援軍を送る。

 

王翦 李朴の策見破る?

その頃田里弥は配下から指示を仰がれるが、指示を何もださない。

大小戦術をしても全て読まれ、裏目に出続ける。それにより相手の兵の戦術理解の凄さを認識するが、何か違和感を感じとる田里弥。

そのとき王翦は、李朴の策が分かったようなそぶりでそういうことかと言う。

そして田里弥は、今のままでは、倉央達が危ないと思い外にでさせようとする。同時に自分の隊も後退することとする。

そんな中、王翦は、本軍一万を前に出す。

これに対し、李朴は早くも出てきたかと言うが、他の将たちは驚く。

 

李朴驚愕!王翦の作戦

王翦が前線に出てきたことで、李朴軍からは雷伯将軍が一万を率いて前線へと出る。

傅抵(ふてい)やカイネらは、李朴の策の勝利を信じる。

それに対し、倉央と田里弥は、王翦がどのような陣形をとるかに注視する。

敵味方全員が注目する中、徐々に前進する本軍。

これに倉央と田里弥は、驚く。なぜなら陣形を整えずに前進し始めたのだ。

これには、李朴でさえ何かを感じていて、驚いた様子だった。

 

ここまでが最新605話のネタバレです。続いて話の展開を考察し、次回606話の予想をしてみたいと思います。

 

キングダム605話考察と次回606話展開予想!

605話でまず、外に出られない糸凌は、大ピンチです。相手の陣形を崩せないままに取り残されてしまったらいくら強くても危険です。李朴の策を崩すことができないままだとやられてしまうでしょう。

ただ糸凌に探りを入れさせた王翦の策は正解でした。この策で王翦は、陣形を組まないことを決めたからです。

陣形を組まずに前進したこの王翦の作戦がうまくいけば、李朴の作戦を阻止することにつながると思います。

李朴は、相手の陣形に対し、一番対策できる良い陣形を作るという相手に合わせた戦法だと思います。

ですので、相手がどのような陣形を組んでも知っていれば全て対処することが出来ます。

 

今まで李朴の作戦に勝てなかったのは、この理由だと思います。

一つの作戦としては李朴が知らない陣形を作ることかもしれません。しかしこれは不可能に近いかもしれません。

王翦の作戦だと陣形を作らないので、李朴は対処できずに指示が遅れたり、急な動きに反応できないかもしれません。

何をしてくるかわからない恐ろしさが王翦の作戦にあります。

 

次回606話では、王翦の作戦に対し、李朴は対処が遅れると思います。

しかし、時間が経つにつれて李朴の対処が早くなり、力が拮抗し、五分五分なる気がします。

糸凌は、死なずに外に出られると感じます。倉央の軍の援護が間に合い、無傷ではないが、戻ってくるのではないかと推測します。

また、王翦の策によって突破口を開いた田里弥が何かしら動きだすような気がします。そこで兵の指揮も上がり戦況は王翦軍にとって良い方に行くと思います。

一方信が戦っている方では、王賁が負傷していたが立ち上がっています。信がもしかしたらぎょううんを倒すかもと言われていますが、私は王賁がぎょううんを倒すと思います。

信がぎょううんを倒してしまったらリベンジをしたい王賁の面目丸つぶれです。また、王賁が立ち上がった描写もありますし、王賁がぎょううんを倒す伏線だとも感じます。

 

果たして次回606話で王翦の策はうまくいくのか、田里弥は、動き出すのか。7月4日のヤングジャンプの発売を楽しみに待ちましょう!

 

まとめ

今回605話では、糸凌の探りによってついに王翦は李朴の策が分かったようです。

王翦の布陣を組まないで前進する策には、李朴も驚きを隠せませんでした。

李朴が驚くということは相当予想外だったのでしょう。王翦の策は成功するのか、どのような狙いなのか。

次回606話もお楽しみに!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!