鬼滅の刃

アニメ「鬼滅の刃」第19話の感想&あらすじ!これが親子兄妹の絆!

鬼滅の刃19話感想
Pocket

2019年4月から放送がスタートしたアニメ『鬼滅の刃』。アニメは2クール目に突入し、炭治郎たちは新たな任務に苦戦しています。

今回はアニメ『鬼滅の刃』第19話感想について語っちゃいます。ネタバレ注意ですので、見たくない方はここでストップです。

 

アニメ19話の原作を試し読み

アニメ『鬼滅の刃』第19話あらすじ&感想

これまでのお話

鬼に家族を殺され、唯一生き残った炭治郎の妹も鬼へと変貌してしまった。炭治郎は妹をもとに戻すため鬼殺隊に入隊し、旅を続ける。

我妻善逸、嘴平伊之助という新たな仲間とともに傷を癒した彼らは、次の任務地である那田蜘蛛山へと向かう。

炭治郎は伊之助と協力して蜘蛛の鬼(母)を、善逸は蜘蛛の鬼(兄)を倒す。

だが、一人になってしまった炭治郎は、累とその姉に遭遇する。

19話あらすじと感想

 

原作者・吾峠呼世晴先生も太鼓判の回だそうで、観る前から期待が高まります。

炭治郎のピンチ

第18話で累が仕掛けてきたため応戦する炭治郎でしたが、その際に炭治郎の唯一の武器である日輪刀が折られてしまいます。

鍔元から少しだけ刃が残っているだけで、刀の大部分を失ってしまいました。累が繰り出す蜘蛛の糸による攻撃が固すぎたのです。

炭治郎、絶体絶命のピンチ!

彼はこの窮地にどう立ち向かうのでしょうか?

っていうか、冨岡義勇はどこへ行った。早よ駆け付けんかい!

 

累と家族

累は十二鬼月の一人であることが判明します。どうりで強い訳です。

十二鬼月の一人、累

 

蜘蛛の姿をした鬼である累は、どうも家族観というものが歪んでいるようです。その証拠に母親と姉を脅しまくっています。父親と兄についてはその描写がないですが、やっていることはきっと同じでしょう。

これは家庭内暴力というやつですよ。

上の者が下の者を守るべきだと累は言っていますが、いやお前、十二鬼月としての強さがあるなら守らなくても大丈夫じゃないかと思ってしまいます。

どうやら累は、他人は自分を満足させるためにいる、という認識のようです。

累が欲しいもの

累による攻撃を避けきれないと炭治郎が思った瞬間、禰豆子が飛び出し代わりにその攻撃を身に受けます。

累と姉は禰豆子が鬼であることをすぐに悟りますが、人間である炭治郎をかばったことに衝撃を受けます。

特に累は、炭治郎と禰豆子が兄妹であると知るや、その絆に強く心動かされます。

家族観が歪んでいる累だからこそ、自分たち家族が持ち合わせていないもの(と累は思っている)を持っている竈門兄妹に羨望を覚えたのでしょう。

そこには、激しい嫉妬ともいうべきものも含まれていたかもしれません。

それにしても、「自分の役割すらまともに果たせないくせに」と言ってしまう累は、なんて恐ろしい子なのでしょう。

家族の絆という名の絶対服従が欲しい累は禰豆子を捕らえ、蜘蛛の糸で彼女を宙づりにします。

鋭い糸により禰豆子の皮膚から血が滴り落ちる。彼女の白い柔肌に食い込む糸と対照的な鮮血。いいぞ、もっとや・・・(ゴホンゴホン)

かわいい女の子になんてことをするんだ!善逸ならきっとこう言うことでしょう。

 

ヒノカミ

水の呼吸・十の型「生生流転」により累の蜘蛛の糸を断ち切ることに成功するも、すぐに次の攻撃がやってくる。今度こそ避けきれない、死ぬと炭治郎が悟った時、彼は走馬灯を見ます。

そこには炭治郎の父親の姿が。

かつて父親が話していたこと、彼のヒノカミへ捧げる神楽の舞が炭治郎の活路を開きます。

炭治郎が身につけている変わった柄の耳飾りは、実は亡き父親のものだったのですね。それよりも、幼女時代の禰豆子ちゃんのかわいさったらないですね。

兄妹の絆

これが兄妹の、家族の絆だ!!!!

炭治郎の新技「ヒノカミ神楽 円舞」と禰豆子の鬼の力が合わさって、強力な威力を生みます。

炭治郎も累もお互いに負けられない状況にあり、その一瞬一瞬でどう立ち回るか、戦いのシーンは非常に見ごたえがありました。累の首が跳ね飛ばされる時のエフェクトもこれまでのものとは違った表現がなされていました。

そこから続く特殊エンディングが「炭治郎のうた」で、彼そのものの生き様を表しており感動もひとしおでした。

全体の感想

家族とは、絆とはなにかを考えされられる回でした。

炭治郎の父親が踊る神楽の動きはぬるぬる動いていて、すごくなめらかでした。炭治郎の戦いの時の動きは、これまでの話の積み重ねからすごいことは分かっていたので言わずもがなです。

炭治郎が攻撃で首を跳ね飛ばす時、蜘蛛の鬼(母)には優しさを見せたのに対し、累には容赦なかったですね。それだけ累は炭治郎の地雷(家族の侮辱)を踏んだということなのでしょう。

 

アニメ『鬼滅の刃』19話 視聴者のコメント

https://twitter.com/otaku18gou/status/1160332055160299521?s=20

https://twitter.com/Masa_Hecate2/status/1160225297624551425?s=20

https://twitter.com/izizizmi_izu/status/1160218080741429248?s=20

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アニメ『鬼滅の刃』第19話は劇場版かと思えるくらいのクオリティーと熱量の高さが感じられる回となっておりました。原作者の吾峠呼世晴先生のみならず、視聴者の方々が絶賛する素晴らしいものでした。

累を倒した炭治郎ですが、次回どうなるのか楽しみですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。