鬼滅の刃

鬼滅本誌「鬼滅の刃」179話ネタバレ予想!最初の日の呼吸の使い手最強の縁壱!

鬼滅の刃179話ネタバレ予想!最初の日の呼吸の使い手最強の縁壱!
Pocket

アニメが終わっても人気はますます上昇中の漫画「鬼滅の刃」。

映画化も決まり大変盛り上がっています!

今回は、ジャンプ連載中の鬼滅本誌「鬼滅の刃」178話のあらすじと考察をご紹介し、次回179話のネタバレ展開予想をお届けしていきます!

前回の177話では、縁壱の強さの理由と黒死牟が彼を妬む理由が詳しく明かされました。

はたして縁壱の望み、黒死牟が鬼となった理由は明かされるのでしょうか!?

それではまずは178のあらすじからいってみましょう~

 

「鬼滅の刃」が売ってない!1巻から最新刊まで勢ぞろい♪

無料で読んでから30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

↓「鬼滅の刃」3冊無料で読む↓

鬼滅の刃17巻↑クレカ登録なしでも無料お試しOK♪↑

 

鬼滅の刃178話のあらすじ

退屈な日々

黒死牟たち兄弟の過去回想。

父が縁壱を連れ戻すために寺へ使いをやるが、縁壱はいない。

突然姿を消して誰もどこにいるか分からない。

自分の願いが叶った黒死牟。それから黒死牟は平穏な日々を送る。

妻が出来て子も生まれてのどかに過ごしていたが、彼は退屈と感じる。

 

動き出す刻

しかし、黒死牟が野営していたところを鬼に襲われて停滞していた時間が動き出す。

鬼から黒死牟を救ったのは縁壱だった。子供の頃とは比べものにならない剣技を振るう縁壱は、鬼をも簡単に倒す。

黒死牟は縁壱を見た瞬間、再び妬みと憎しみが沸き上がっていった。

縁壱は、非の打ち所がない人間となっていて、それを自分のものにしたいと思い黒死牟は妻と子を捨てて鬼狩りの剣士となる。

縁壱は、誰にでも剣技や呼吸を教えるが、誰一人縁壱のようにはできない。縁壱はそれぞれのものの出来ることに合わせて呼吸法を教える。

そして日の呼吸の派生の呼吸が生まれ、痣者も増えて鬼殺隊の戦力も高まる。

黒死牟にも痣が発現したが、日の呼吸は使えず、月の呼吸と名付けた日の呼吸の派生だけが使えただけだった。

 

鬼となる選択

黒死牟が悔しいと思っていた頃、痣者が次々と死に始めた。痣は寿命の前借りであり、短命だった。

黒死牟は自分には鍛錬をする時間も残されていないと思う。そのとき出会ったのが無惨だった。

技を極めたい黒死牟に無惨は鬼にならないかと誘う。

無惨は、呼吸が使える剣士を鬼にしてみたい、黒死牟はずっと鍛錬し続けて縁壱のようになりたい。

鬼となった黒死牟は全てから解放されると思ったが、そうはならない。

無惨でさえ勝つことが出来ず、さらに目の前に現れて自分の力を見せつけた上で寿命で亡くなり勝ち逃げした。

誰も縁壱に傷一つつけることはできなかった。

 

諦めと悔恨

黒死牟を愛す縁壱と縁壱を憎む黒死牟。

縁壱を殺したいほど憎んでいるのに何百年も生きていて鮮やかに覚えているのは一番忘れたい縁壱の顔。

唯一無二の太陽のように縁壱の周りにいる人間は皆縁壱に憧れもがき苦しむ以外ない。

 

体が消えていく黒死牟。

「家を捨て妻子を捨て子孫を捨て侍であることも捨てたのに、ここまでしてもだめなのか」

道を極めた者が行きつく場所は同じだと縁壱は言う。しかし黒死牟はたどり着けなかった。

日の呼吸の型を知る剣士も自分と無惨で殺しつくしたのになぜ縁壱の呼吸が残っているのかと思う黒死牟。

「私は一体何のために生まれてきたのだ、教えてくれ。縁壱」

笛のようなものだけが彼の服の上に残り、黒死牟の体は消滅するのだった。

 

それでは続いて178話の考察と次回179話の展開予想です!

↓「鬼滅の刃」3冊無料で読む↓

鬼滅の刃17巻↑クレカ登録なしでも無料お試しOK♪↑

鬼滅の刃178話考察と次回179話展開予想

日の呼吸

今回ではっきりと縁壱が日の呼吸を使っていて、縁壱が日の呼吸を最初に作ったと明かされました。

そして炭次郎が日の呼吸の継承者らしいことも分かりました。

ということは、ヒノカミ神楽は日の呼吸なのかもしれません。炭次郎の父に受け継がれ、その子の炭次郎に受け継がれるということでしょう。

体が弱い炭次郎の父は元鬼狩りの剣士なのでしょうか。痣者という理由で体が弱いと描かれていたのでしょうか。

ヒノカミ神楽の舞を踊っていることも疑問です。舞のことについては今回も明かされなかったです。

そして疑問なのが、髪飾りを継承させる人をどう選んでいるのかということです。

縁壱が最初に選んだ後継者が炭吉なのか、何代も後継されてきているのか。

また、髪飾りがなぜ継承されなければならないのかも気になるところです。

 

月の呼吸

今回で月の呼吸について明らかになりました。

縁壱のように日の呼吸を使いたかった黒死牟が、編み出した日の呼吸の派生でした。

どれだけ頑張っても鬼になっても縁壱には勝てない黒死牟の辛さが伝わってきます。

 

伊黒と甘露寺VS鳴女

忘れられている甘露寺と伊黒ですが、黒死牟の戦いが終わったので次回描かれると思います。

あと残っているの敵は鳴女と無惨だけです。

最終決戦は無惨戦なので、鳴女戦が描かれるでしょう。

鳴女は殺傷能力が高い血鬼術ではないのですが、空間を操作するので長引く戦いになります。伊黒自身もそう言ってますね。

伊黒についてはまだ明かされていない部分が多すぎるので、これから次々にわかっていくでしょう。

伊黒は一番謎なキャラなのでしっかり謎を明かしてから、鳴女に勝ってほしいと思います。

あるいは、無惨戦で本気が見られ、鳴女戦ではさらっと終わる可能性も考えられます。

↓「鬼滅の刃」3冊無料で読む↓

鬼滅の刃17巻

↑クレカ登録なしでも無料お試しOK♪↑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は漫画「鬼滅の刃」178話のあらすじと考察、そして次回179話のネタバレ展開予想を紹介してきました。

次回は忘れられていた伊黒の活躍が予想されますね!

次回179話もどうぞお楽しみに!それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

↓「鬼滅の刃」3冊無料で読む↓

鬼滅の刃17巻