鬼滅の刃

鬼滅の刃172話ネタバレ展開予想!黒死牟が無惨を追い詰めた剣士?

鬼滅の刃165話ネタバレ考察!黒死牟の圧倒的な強さと存在感!
Pocket

この記事では、漫画「鬼滅の刃」171話のあらすじと次回172話の展開予想を紹介していきます。

前回170話は、痣を出現させて戦うヒメジマでしたが、黒死牟には傷一つつけられないでいました。そのとき、止血をした実弥がヒメジマと共闘します。

はたして2人は黒死牟にダメージを与えられるのか!

まずは171話のあらすじからご紹介していきます。その後考察とともに次回172話のネタバレ展開予想をしていきたいと思います!

 

こちらでは文字だけの展開予想をご紹介していますが、実際に画像付き漫画を読みたい!という方はこちらもおすすめします♪↓

「鬼滅の刃」最新刊を無料で読む

 

鬼滅の刃 171話あらすじ

鬼化が進む玄弥

黒死牟の一部を食らった玄弥は、胴体がくっつき、気分がよくなり、さらに誰かの声が聞こえる。

その声は無惨の声で、柱を自分のところに来させるなという要求だった。

鬼化が進み、無惨の声も聞こえるようになった玄弥は恐怖する。

合わせ技

実弥とヒメジマと戦う黒死牟。

黒死牟は、2人を柱の中でも実力上位だと感じる。黒死牟は、鎖を振るう音の反響で、空間や動きを極めて性格に把握しているヒメジマの武器を賞賛。

そしてまず先に実弥を狙う黒死牟は、武器破壊を試みる。側面から実弥の刀を叩こうとしたが、実弥は刃を立てて押し返す。

致命傷を負っている実弥だが、動きの速さ、精度が上がっている。

ヒメジマが黒死牟の耳を斬り落とし、さらに実弥が畳みかける。そして二人の合わせ技の勁風・天狗風を繰り出すが、蛇紋岩・双極で防御する。

変形する刀

頸を斬るまで斬り続けようと動いた二人が突然攻撃されて血を流す。

この間合いで攻撃が届くことに戸惑うヒメジマたち。

なんと黒死牟の刀の形が変形していた。そして黒死牟は、実弥とヒメジマ二人を殺せば、あとは簡単に済みそうだと判断するのだった。

 

鬼滅の刃 171話の考察と次回172話ネタバレ展開予想

こちらでは171話の考察をしながら、同時に次回172話のネタバレ展開予想もしていきます!

黒死牟の刀と血鬼術

壊しても何度でも再生する黒死牟の刀が、今回変形しました。

やはり、黒死牟は本気を出していなかったし、血鬼術も使っていなかったと考えられます。しかし、あれが血鬼術なのかは明らかにはなっていません。

もしかしたらあの刀自体が黒死牟の血鬼術なのかもしれません。だから黒死牟の刀が再生するのではないかと思います。

しかし、鬼の体の再生には限度があると思うので、黒死牟の刀も壊し続けたら何らかの影響は与えられると考えます。

変形した刀ですが、遠くに見えない斬撃を飛ばす技のようだと思います。

ここで気になるのは、黒死牟の目の数です。なぜあんなにも目があるのか。何か理由がありそうです。

結果、考えると黒死牟は、まだまだ本気を出していない可能性もありますし、謎が多いです。

実弥とヒメジマは勝てるのか

やっとの思いで黒死牟に傷を負わせましたが、今のままでは勝てないと思います。

ここでキーになるのは玄弥のような気がします。わざわざあの玄弥の体の変化の場面を挟んだということは、玄弥が大事になることを示唆していると思います。

考えられるのは3つです。

無惨の声を鬼殺隊員に伝えて無惨が企んでいることを皆にばらすこと、玄弥が鬼に近い状態になって暴走して黒死牟を倒そうとすること、玄弥が無惨に操られてしまうことです。

黒死牟を倒すには、いずれにしても戦力が足りないですね。最低でも痣を発現させられる剣士が4人は必要だと考えます。

血鬼術を黒死牟がまだ使っていないのならもっと必要な気がしますが。

無惨の声

無惨が言っていたことから推測すると、無惨は何か企んでいるように思えます。

多くの鬼が倒されていく中、無惨は何をしようとしているのか。

現在捕らわれている無惨。無惨は鬼が殺されてもなんとも思わないですが、今回ばかりは違うような気がします。なぜなら無惨自身がピンチだからです。

なので、無惨は黒死牟には死んでほしくないとも思っていそうです。また、黒死牟だけは特別扱いの可能性もありますね。

もし、黒死牟がかつて無惨を追い詰めた鬼殺隊の剣士ならば、黒死牟を特別扱いしていてもおかしくないと思います。

 

黒死牟は無惨をかつて追い詰めた剣士なのか

もし、黒死牟がかつて無惨を追い詰めた剣士なら、鬼殺隊の柱を戦いの中で強くしてくれるポジションになるのではないかと考えます。

無惨にコントロールされていて、裏切れないような状態にあるのかもしれません。

黒死牟が無惨を追い詰めたとき、黒死牟が痣の力を使った反動で動きが止まり、そのすきに無惨に血を与えられてしまったのではないかと思います。

黒死牟が話した鬼になると技や肉体を保存できるという言葉。もしかしたらあと一歩で無惨を仕留め損ねた悔しさが残っているから出た言葉なのかもしれません。

現在、実弥とヒメジマと戦う黒死牟。本気を出していない黒死牟ですが、ヒメジマたちも戦いの中で強くなっています。

黒死牟の話しから考えるに、誰かを強くしたり、育てたりするのが好きな人物だったような気もします。今の育手のような存在です。

死ぬ直後、鬼殺隊に何かを残してくれることに期待です。

 

まとめ

今回は「鬼滅の刃」171話のあらすじを振り返りながら、171話の考察と次回172話の展開を予想してみました。

鬼化が進む玄弥、合わせ技を使うヒメジマと実弥、刀を変形させる黒死牟などがありましたね。

長い黒死牟戦。黒死牟はまだ本気を出していなく、無惨より強いんじゃないかと思ってしまいます。

次回は一体どんな展開となるのでしょうか。9月2日(月)のジャンプ発売を楽しみに待ちましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!