旗揚!けものみち

アニメ「旗揚!けものみち」5話感想!新キャラ登場その名はMAO!

アニメ「旗揚!けものみち」5話感想!新キャラ登場その名はMAO!
Pocket

2019年10月からアニメ『旗揚!けものみち』がスタート、大好評放送中です!

原作は暁なつめ先生による同名ラノベ小説ですが、暁先生はアニメ化もされた『この素晴らしい世界に祝福を!』の著者でもあります。

今回は、そのアニメ『旗揚!けものみち』5話のあらすじと感想をみていきます。

ネタバレ含みますので第5話をまだ知りたくないという方はここで戻って下さいね。

それではいってみましょうー。

アニメ『旗揚!けものみち』5話あらすじ&感想

これまでのおはなし

現役プロレスラーとして活躍している柴田源蔵。

試合中、異世界の姫の力によって召喚された彼は、国の救世を要請してきた姫にあろうことかジャーマンスープレックスをかましてしまう。

姫は魔獣を退治するよう源蔵に頼んだのだが、彼はこれに忌避感を示したからだ。

そう、源蔵は根っからのケモナーだったのである!!

窮地に陥った源蔵は城から逃げ出す。路地裏でオオカミの耳としっぽを持ったシグレとひょんなことから出会った彼は、以降行動を共にする。

ドラゴンハーフの少女リンダ(花子)と吸血鬼のカーミラも新たな仲間として加わった。

 

「旗揚!けものみち」第5話あらすじ&感想

新キャラと言っても、実は第1話で登場してるんですけどね。

 

ライバル

一方、源蔵が元いた世界では・・・・。

源蔵ことケモナーマスクを一方的にライバル視しているプロレスラー、MAOがいました。

https://twitter.com/hatakemoanime/status/1189365998027071489?s=20

↑MAO

源蔵が異世界に召喚される直前の試合でも、ケモナーマスクとMAOは対戦していました。

しかし、試合の最中にケモナーマスクの姿が突如として消えたのです。

これにMAOは怒り狂います。俺との大事な試合を前に負けるのが怖くて逃げやがって、卑怯だぞ!

いや、逃げたというより、消えたという方が合ってると思うのですが。目の前で消えるその瞬間を見てたでしょうに。

忽然と消えたケモナーマスクにマスコミ各社も大々的な記事にして報じ、日本中大騒ぎになってしまいました。

 

仕返し

ヴォルフガングの兄貴はなんとかして源蔵に仕返しをできないか企んでいました。相棒のミーシャは「もうあんな変態とは関わるのよしましょうよ」と言うのですが。

第1話でテクニシャン源蔵によって晒されてしまった醜態。あんな恥辱を受けて、このまま引き下がれる訳がないとヴォルフガングの兄貴は一歩も引きません。

↑思い出されるヴォルフガング兄貴の恥辱

そこで、源蔵たちの留守を狙って、ひろゆきを人質に獲る作戦に出ました。ヒモをつけたハムのかたまりをひろゆきに見せておびき出します。

くんくんと匂いを嗅ぎながらハムのかたまりが移動するごとについて行くひろゆき。

ひろゆき危なーい!!

このままひろゆきはヴォルフガングの兄貴たちに捕まってしまうのでしょうか?

あと少しというところで、ひろゆきはその先に誰かがいることに気づき、顔を上げて「キャン!」と一鳴き。

その姿にキューンと得も言われぬ感情がこみ上げてくるヴォルフガングの兄貴。ああ、ひろゆきの魅力に取りつかれてしまった!

↑キュンキューン♡

と、そこへ留守番をしていた大きなアリさんが登場。ヴォルフガングの兄貴をボコボコにするのでした。

源蔵たちが帰宅後、ひろゆきが攫われそうになっていたことを大きなアリさんから知らされます。

これは、初めてとも言える大きなアリさんとの接触ではないでしょうか!今まで誰もこのアリさんに触れることなくスルーされていたというのに。

というよりか、どうやって意思の疎通をしているの?

そして、アリさん、似顔絵がべらぼうに上手い!

ひろゆき誘拐未遂事件に怒髪天を突いた状態になった源蔵は、ヴォルフガングの兄貴に制裁をお見舞いするのでした。

 

ケモナーマスクロス

日本中、これだけ騒ぎになっているというのに一向に姿を現さないケモナーマスク。

MAOはケモナーマスクの曲を聞きながら、ベッドの中で引きこもっています。記者会見でも思わず涙がこみ上げてくるようです。

この人、見た目のわりに意外とメンタル弱いのね。

で、診てもらった医者の見解によると、ケモナーマスクロスでしょうとのこと。

ケモナーマスクに執着するがあまり、上記のような感情になってしまう。もう、海外からでも強いレスラーを招来して、対戦組めばいいのに。

次の試合で出番待ちをしていると、MAOに不思議なことが・・・・!

 

全体の感想

 

はー、ひろゆきかわいい、ひろゆきかわいい、ひろゆきめんこい。お尻の穴さえもかわいい。

ヴォルフガングの兄貴がメロメロになるのも分かる、その気持ち。

今回は作画がちょーっと怪しかったですね。

 

「旗揚!けものみち」5話視聴者の皆さんのコメントは?

https://twitter.com/otaeotae33/status/1189747697466535937?s=20

https://twitter.com/sononheaview/status/1189681237431992321?s=20

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、アニメ「旗揚!けものみち」5話の感想を中心に見ていきました。

第4話でダレた感じでマンネリ化しそうでしたが、ここで新たな展開に突入してきたので物語は盛り返しそうですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。