からかい上手の高木さん2

「からかい上手の高木さん2」の第4話感想!西片と手をつなぎたい高木さん

「からかい上手の高木さん2」の第4話感想!西片と手をつなぎたい高木さん
Pocket

7月7日から、TOKYO MXなどで「からかい上手の高木さん2」が放送されていますね!

「照れたら負け」のからかい勝負、ニヤニヤしたりときめいたりしながら見ている方も多いのではないでしょうか。

この記事では第5話放送にさきがけ、「からかい上手の高木さん2」第4話の感想を、ネタバレやファンの声をまじえてお伝えしていきます!

「からかい上手の高木さん2」第4話の感想&ネタバレ

それでは、「からかい上手の高木さん2」第4話の場面を振り返りつつ、感想を述べていこうと思います。一部ネタバレを含みますので、読みたくない方はここで戻ってください。

腕ずもう:高木さんの手がやわらかすぎる!リアルな男子・西片

西片が腕ずもうをしているところを見かけた高木さん。

放課後、西片が一人で掃除をしているときに「負けたほうがジュースをおごる」という条件で腕ずもうを持ち掛けた。

勝てると高を括っていた西片だったが、「手をつなぐのが恥ずかしいの?」とからかわれ、手のやわらかさに驚いたところを再びからかわれる。

いざ勝負を始めると、高木さんの弱さに「俺が強くなりすぎたんだな」と舞い上がる西片。その隙をつかれてまさかの敗北…。

2回戦は最初から本気でいこうとするも「今日、手つないで帰ろっか」という高木さんのからかいにうろたえ、西片はまたしても敗北した。

高木さんは掃除を手伝い、このあと二人で下校することになった。

 

【感想】

腕ずもう!ありましたね~

中学生の頃、なにかを口実に好きな子の手を握る、みたいなこと!

西片が、女の子の手のふにゃふにゃ加減に驚いている描写がとてもリアルです。

高木さんが掃除中の西片のところに来た時、自分のカバンを西片のカバンの上に重ねるというエピソードも、地味ですがときめきます。

西片のこと好きなんだな~とはた目には感じるのですが、肝心の西片は今回も鈍いですね(笑)

大人っぽく:物思いの中身は食べ物でいっぱい

ミナは「大人っぽくなろう」と外を見て物思いにふけっていた。

不審に思ったユカリとサナエが話を聞いてみると、ミナの物思いとは「どんなにおいしいケーキにも賞味期限があるし、飴もなめてるうちになくなっちゃうし…」

「どう見てもご機嫌斜めな子供」レベルの内容だと笑いだすと、ミナは目元に涙をうかべて落ち込んだ。あわててユカリがフォローするが、サナエはミナの反応を見て「子供…」と呟いた。

 

【感想】

ミナがかわいいですね~。言うことが食べ物のことばっかりで、実に徹底した発言に笑ってしまいます。

サナエの冷徹なツッコミが効いています!

まあ確かに、フォローを受けて「ほんとに?ほんとに大人っぽい?」という反応をされてはそう言いたくもなりますよね(笑)

 

にがみ:すべてを見抜く高木さん、からかいの波状攻撃

腕ずもう勝負の後、自転車を押す高木さんと並んで歩く西片。

途中で自動販売機があったので、二人は立ち止まった。

西片は、高木さんにからかいをやめさせる妙案を思いつく。

男子と「大人っぽいとは何か」について話したことを思いだし、コーヒーを飲むことに決めたのだ。

自信満々にコーヒーを口にした西片だったが、これが苦い!からかわれながらコーヒーを飲み続け、今度は高木さんにおごってあげる番に。

高木さんが選んだのはメロンソーダだった。

高木さんは「交換してあげようか」とからかい、西片は意地でコーヒーを飲み干す。

高木さんもメロンソーダを飲み、今度は「一口飲む?」と言った。

西片は甘いもの飲みたさで手を伸ばすが、「間接キスだけど」と言われてうろたえながら手を引っ込めた。

飲み終えてから、「コーヒーが飲めても別に大人っぽくないと思うよ。それに、西片が大人っぽくなっても、私は頑張ってからかうよ」と高木さんは言う。

すべて見抜いていた高木さんを、西片はおろおろしながら追いかけていった。

 

【感想】

高木さんの自転車のカゴに、西片のカバンが入ってるじゃないですか!

「腕ずもう」でもそうでしたが、カバンの扱いにときめきます。いい小道具ですね…!

西片の友人・木村はどうしてあんなに知ったふうな顔で大人っぽさについて語れるんでしょうか(笑)

確かにああいうタイプ、学校に誰かしらいたような気がします。

西片は策に溺れましたね。自分の首をしめる西片の様子がおかしくて、これだけいろんな反応してくれるなら、高木さんもさぞからかいがいがあるでしょう。

高木さんが「コーヒーの正しい飲み方」についてのデマを教えて、西片がだまされて苦みに苦しんでいたのも面白かったです。

ホントはコーヒー飲めないし、コーヒーのことも知らないということがよく表現されていてニヤニヤしていまいました。

コーヒーとメロンソーダを交換しても、メロンソーダを一口もらっても、どちらにしても間接キスだったのに、西片の鈍さ・惜しさがたまらなく可愛いです。

 

自転車:ほぼ告白!ケンパ遊びの高木さんが可愛すぎる

翌朝、通学路で西片は高木さんと出会う。

高木さんは今日は自転車ではなかった。

「西片と手つないで学校行きたくて、置いてきた」とのっけからキツイからかいを飛ばす高木さん。

自転車じゃない理由を当てられたら西片の勝ち、外れたら西片の負けという勝負をする二人。外せなくなった西片は、様々な可能性を考えながら悶々と登校することになった。

普段と違う道を通り、「ケンケンパ」と遊びながら高木さんは楽しそうに歩いていく。

正解でも高木さんが違うと言えば俺の負けになるから公平じゃない…と言う西片に、高木さんは「私、西片には嘘つかないから」と答えた。

ついにドヤ顔で西片は答えを言う。

「今日、自転車ではなく歩いて登校している理由、それは…ブレーキの故障!」

高木さんの答えは、「自転車じゃない理由を当てようとして、あれこれ悩んでいる西片を見たいから」だった。

もう一つ答えがあるようだったが、高木さんは教えてくれない。

仲の良さそうな猫を見ながら「最初に言ったのに」と呟く声は、西片には聞こえなかった。

 

【感想】

高木さん、ほぼ告白してる!もう一つの正解は「西片と手をつなぎたい」だなんて!

中学生にして男子とこういう接し方ができるとは、高木さんは相当大人ですね~。

というか、大人になってもここまではっきり口に出せる人は多くないのでは?

対する西片の子供っぽさが際立ち、好対照だなあと思います。

高木さん、普段は通っていない道のはずなのにかなり詳しいです。

これは、西片とこの道を歩こうと思って入念な下見をしていたんでしょうか。

見た目にはそういうところをあまり出さず、常に優位であるはずの高木さんですが、恋心が見え隠れするような感じでしたね。

まあ、結局西片は気づいていないんですが(笑)

 

「からかい上手の高木さん2」第4話を見たファンの声は?

それでは、「からかい上手の高木さん2」第4話を見たファンの感想を見ていきましょう。

 

 

おまけ

こちらではおすすめの動画をご紹介していきます。お気軽にご覧ください♪

今回は「からかい上手の高木さん2」のオープニングテーマ、「ゼロセンチメートル」のミュージックビデオです。

アニメの雰囲気にぴったりですよね~

これを聴いてまた次回5話も楽しみに待ちましょう♪

 

大原ゆい子「ゼロセンチメートル」ミュージックビデオ

 

まとめ

この記事では、「からかい上手の高木さん2」第4話の感想について、ネタバレやファンの声をまじえてお伝えしました。

第4話も高木さんが可愛く、西片の鈍さにニヤニヤしました。第5話では西片はどんな「からかわれっぷり」を披露してくれるのでしょうか。

次回5話の放送も楽しみですね!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。