スタミュ

スタミュ(3期)10話の感想&あらすじ!四季の信を問う?

アニメ『スタミュ(3期)』
Pocket

現在好評放送中のアニメ『スタミュ(3期)』。

スタミュはミュージカルを題材にしたアニメだけあり、キャラクターが突然歌い踊りだすという独特の世界観がファンにとても受けている大人気のアニメです。

今回はそのアニメ『スタミュ(3期)』の最新話である第10話の感想をお届けします!

併せて第10話を視聴したファンの皆さんのコメントも見ていきましょう~♪

ネタバレ注意ですので、内容を知りたくない方はここで戻ってくださいね!

 

スタミュ(3期)10話を見逃した方はこちらから無料で視聴できます♪

『スタミュ(3期)』第10話あらすじ&感想

これまでのお話

2学期に入り、綾薙祭で披露するクラス公演が間近に迫っていた。

その公演に向けてカンパニーとなったteam鳳、team柊、team漣。

しかし、華桜会の意向により、team柊がカンパニーから外されてしまう。

team柊と一緒に公演がしたい星谷たちは華桜会を説得しようと奔走する。

星谷たちカンパニー全員でオープニングセレモニーに参加することが認められたが、四季の意見に納得がいかない冬沢は彼と決裂してしまうのだった。

 

第10話あらすじ&感想

 

こじれてしまった四季と冬沢の仲はどうなってしまうのでしょうか。

分裂

校内放送で冬沢はステージを2部制にすることを宣言します。冬沢のその顔は、闇をまとっているかのように沈鬱なものでした。

この宣言が学園中に不安を伝播させていきます。

四季と冬沢の仲がこじれ、華桜会が分裂してしまった。

ステージが2部制になったのは四季と冬沢の代理戦争を星谷たちにさせるためではないか。そう生徒たちは口々に噂しあうのでした。

不安がる星谷たちの前に入夏が現れます。彼は現在の華桜会の様子を詳しく説明しました。

春日野は冬沢のやり口に相当ムカついている様子。引っ込み思案系の春日野ならば、それくらいしそうです(笑)

こんな状況ではあるが、入夏は2部制にすることを星谷たちが納得して決めたことならば応援すると言ってくれました。

そうです。これは冬沢たちのための代理戦争ではなく、お互いに競い合いたいという純粋な気持ちから出たものなのです。政争の具にしてはならないのです。

四季と冬沢

ここの所、他校の学園祭視察に忙しかった四季は春日野の電話で急遽学園に戻ってきます。

詳しい話を聞いたのでしょう。四季は冬沢のもとを訪れ、こんなことをするべきではないと忠告します。しかし、冬沢は聞く耳持ちません。

冬沢、見事なこじれっぷりです。

華桜会首席である四季を支えるため、いままで影に日向に行動してきた冬沢。

そんな冬沢の気持ちを知ってか知らずか四季の発言が、彼の心に波風立たせるのでしょう。

自分は上に立つようなタイプの人間ではないことをよく知っている四季。

冬沢もそれは分かっていたようで、彼は四季を立派に見せようとこれまで心を砕いてきた。

それなのに、ここへきて四季は勝手なことをするようになってきた。

冬沢にしてみれば、自分の手を離れてコントロールの範囲からはみ出すようになってきたお前なんかもういらない、ということなのでしょう。

冬沢と千秋

冬沢が四季に向かって一方的に怒鳴りつけている様子を知った千秋が部屋に突入してきました。

部屋から出ていった冬沢を千秋は追いかけます。

千秋貴史

 

首席の座を狙ってこれまで必死に努力していたけれど、選ばれなかった冬沢。

そのために、四季に対して複雑な感情を抱いています。

冬沢のセリフから千秋は、その複雑な感情を感じ取ります。

しかし、千秋にしてみれば彼もまた選ばれなかった側の人間なのではないかと思うのです。

この3人の視線は一方通行のような気がします。四季と冬沢の関係も、冬沢と千秋の関係も悲しすぎます。

不信任決議案

冬沢の攻撃はとどまるところを知りません。

今度は、四季の不信任決議案を提出し、彼の信を問おうという手段に出たのです。

投票できるのは、冬沢、千秋、入夏、春日野、先生、3年MS組、2年MS組の各1票ずつとなっています。

集めた情報によれば、予想では四季派と冬沢派で真っ二つに票が分かれるのではないか。

結果を決定づけるのは星谷たちが持つことになる2年MS組の票にかかってしまうことが分かったのです。

星谷たちはどうすればいいのか、大いに悩むことに。

投票

一方で千秋も悩んでいました。下馬評では千秋は四季に投票すると見られています。

しかし、千秋は冬沢とは幼なじみです。

これまでの関係からあっさりと四季に鞍替えする訳にもいきません。これが彼を苦しめます。

冬沢が千秋に吐き捨てるかのように言ったセリフが突き刺さります。

なんかもう、仲間とか友達とかの次元で見てくれてはいないのだなと、そう思うと悲しくなってきます。

さて、星谷たちや千秋が出す答えとは―――?

 

全体の感想

アバンはteam楪。第9話ではteam柊の仲間意識の強さが伺えたのに対し、team楪はバラバラでした。蜂谷くんの胃が痛くなりそうです。

そして、次回予告。辰巳の発言が物騒すぎで思わず笑ってしまいました。姫、それはナイト役である申渡にやらせましょう。

本編はシリアスモード全開なのに、次回予告で笑わせにくるスタイル嫌いじゃないです。

スタミュ(3期)10話を見逃した方はこちら

スタミュ(3期)10話の視聴者の皆さんのコメント

https://twitter.com/Tyaso_Ai/status/1168723517031895041?s=20

https://twitter.com/GeSANG2/status/1168557177067323392?s=20

https://twitter.com/sutamyu_daisuki/status/1168517686805979136?s=20

https://twitter.com/IrohaQa/status/1168559460689690624?s=20

 

まとめ

今回はアニメ『スタミュ(3期)』第10話について見ていきました。

物語は最終回に向けてラストスパートに入ってきました。暴走する冬沢を止められる者はいないの

でしょうか。次回も目が離せません。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スタミュ(3期)10話を見逃した方はこちら