スタミュ

アニメ『スタミュ(3期)』第7話の感想!四季が選ぶ答えは?

アニメ『スタミュ(3期)』
Pocket

現在好評放送中のアニメ『スタミュ(3期)』

ミュージカルを題材にしたアニメだけあって、キャラクターが突然歌い踊りだすという独特の世界観が受け、ファンに大人気のアニメです。

今回はアニメ『スタミュ(3期)』の最新話である第7話の感想をお届けします!

併せて第7話を視聴したファンの皆さんのコメントも見ていきましょう~♪

ネタバレ注意ですので、内容を知りたくない方はここで戻ってくださいね!

アニメ『スタミュ(3期)』第7話あらすじ&感想

これまでのおはなし

2学期に入り、綾薙祭で披露するクラス公演が間近に迫っていた。

その公演に向けてカンパニーとなったteam鳳、team柊、team漣。しかし、華桜会の意向により、team柊がカンパニーから外されてしまう。

team柊は今年度から新しくできたオープニングセレモニーでの出演を命じられたのだ。

オープニングセレモニーに出る場合、クラス公演には出演できない決まりになっている。

team柊と一緒に公演がしたい星谷たちは華桜会を説得しようと奔走する。

第6話で星谷たちは、オープニングセレモニーのプレステージでteam柊と共に踊るという大胆不敵な行動に出るのだった。

 

第7話のあらすじと感想

勝手なことをしてやらかしてしまった星谷たちは一体どうなるのでしょうか?

安定の夢落ち

1本の縄に手錠のように繋がれてさまよい歩くカンパニーの14人。その顔は誰もが沈痛な表情をしています。華桜会からの厳しい責めに絶望する星谷。

「なんでこんなことに・・・」

その時、救世主が!四季です。

そう思ったのもつかの間、四季は手のひらを返します。四季の命令によってみんなは連行されてしまい・・・。

しかし、それは星谷が見ている夢だったのです。安定の夢落ちです。ましてや、本当にベットから落ちてしまっていますし。

無断で勝手なことをしてしまったという罪悪感から無意識のうちにそのような夢を見てしまったのかもしれません。

 

歴代の先輩たち登場

街中できょろきょろとしている星谷。どうやら誰かと待ち合わせているようです。

その相手はというと・・・鳳先輩です。

鳳先輩は、後ろで結ぶほど長かった髪の毛をばっさり切ってさっぱりした印象に。1期の冒頭シーンを思い出します。

鳳樹

 

お馴染みの「ボーイ」発言も飛び出ましたよ。

そしてそして、星谷と別れた後ですが、鳳先輩以外にも前華桜会のメンバーやアンシエント(一部)も登場してきました。

前華桜会

 

アンシエント

 

推しが前華桜会やアンシエントだという方々にとっては、これは思いがけないサプライズだったのではないでしょうか。

鳳先輩は登場する予感が第6話でありましたが、まさかまさか全員が出てくるとは思ってもいませんでした。びっくりです。

卒業後数年経っても、こうして後輩のことをいつまでも思ってくれているというのは、なんて優しい先輩方なのかと涙がちょちょぎれそうです。

 

カンパニーの処遇

プレステージでは、多くの生徒たちから拍手喝采を受けましたが、カンパニーの面々がやったことはやはり許されることではありません。

そのため、華桜会による彼らの処遇を決める会議が始まりました。

カンパニーの未来が決まる-----。

このことに、カンパニーのみんなは気が気じゃありません。

特に星谷は、みんなと離れて一人で悶々としている様子。ぶつぶつとしゃべり続ける星谷のその姿は、一人百面相をしているかのようです。

休憩中に挙動不審な星谷を見かけた四季は、彼に話しかけます。

星谷、食べかけの弁当を四季に差し出すんじゃありません。

 

四季の選ぶ答えは?

もうすぐ取り壊される予定の円形劇場で星谷と話した四季。そこで彼はハッとします。何かしらの天啓を受けたかのようです。

休憩を挟んで会議室に戻ってきた時の四季の顔は、これまでとは打って変わって決意に満ちたものになっていました。

四季が出した答えは、星谷たちの言い分を認めること。すなわち、カンパニー14人でオープニングセレモニーの舞台に立つことを許可するというものでした。

しかし、こうなると四季と冬沢の対立がくるのではないかと戦々恐々です。事実、冬沢はほぞを噛んでいますし。あぁ、恐ろしや。

 

全体の感想

これまで四季はあの円形劇場で星谷とちょろっと話すくらいで、彼の人となりはよく分からない状態でした。

今回は四季にスポットが当たったので、彼のいろんな一面を見ることができました。どういう思いを抱えているのかも。

こうしてみると先代の華桜会、特に鳳先輩の意志を四季が受け継いでいることが分かります。

四季は、この学園を変えていけるのは星谷たちだと確信し、彼らに託すためにも自分が繋ぎ役としての役目を果たそう、そう自負をしているのではないかと感じました。

その想いは、四季のソロ曲にも強く表れています。

 

スタミュ第7話 視聴者の皆さんのコメント

https://twitter.com/kira_miko/status/1160926351513100288?s=20

https://twitter.com/5683music/status/1160905066108166145?s=20

 

まとめ

アニメ『スタミュ(3期)』第7話のあらすじ&感想をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

Cパートでの冬沢の様子が不穏すぎるのが気になるところですが、このまま星谷たちカンパニーは突っ切ることができるのでしょうか。次回も目が離せません。放送が待ち遠しいですね♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。