僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ4期2話(65話)の感想!デクが選んだインターン先とは?僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ4期2話(65話)の感想!デクが選んだインターン先とは?僕のヒーローアカデミア
Pocket

今回はアニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』第2話の感想をお届けします!

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』は2019年10月からスタート。原作は『週刊少年ジャンプ』で連載中の堀越耕平先生による同名漫画です。

それではアニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』2話の感想を中心に、あらすじやファンの皆さんの声も交えて見ていきたいと思います。

ネタバレ注意ですので、誤ってこのページに来た方はお戻りくださいね。

それでは、いってみましょう~

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』2話あらすじ&感想

これまでのおはなし

人口の約8割が「個性」という超能力を持つ世界。

”無個性”として生まれたデクこと緑谷出久(いずく)は、偶然接点を持ったスーパーヒーロー、オールマイトから代々受け継がれてきた力を授かる。

ヴィランであるオール・フォー・ワンとの死闘を繰り広げたオールマイトは、その戦いで以前から懸念していた自身の力が完全に消えてしまうのだった。

その姿は全国中継されていたため、人々に衝撃を与えることとなった。

第2話あらすじ&感想

 

ヴィランに動きが・・・。

オーバーホール

オール・フォー・ワン捕らえられし後のヴィラン連合。その実権が死柄木に移ったと見ていいのでしょうか。

ヴィラン連合の一員が、新たなメンバーをスカウトしてきました。

オーバーホールです。鳥のくちばしのようなもので口を覆っているのが特徴的です。

https://twitter.com/dear_girl_anime/status/1185477452564324352?s=20

↑オーバーホール(左側)、死柄木弔(右上)

死柄木は彼のことを知っていたようです。いわゆる、ヤクザの若頭だそうで。

そんなオーバーホールがなぜヴィラン連合と接触を図りに来たのか。

それは、オール・フォー・ワンという圧倒的悪がいなくなったことに関係しているといいます。

オーバーホールは、その圧倒的悪だった彼に成り代わろうとしているのです。

しかし、そんなことを言われて死柄木が黙ってはいません。

次の継承者は自分だと豪語します。

死柄木もオーバーホールも、両者の考え方は相容れないようです。

あろうことかオーバーホールは、ヴィラン連合に自分の傘下に入るよう要請してきたのです。

なんて命知らずな!まさに一触即発。

ひと悶着あったものの、オーバーホールは考え直したら連絡してこいとして、その場を去っていきました。

インターン

ヒーロー活動の仮免許を取得したデクが次に目指すのは、ヒーローインターン。ここで経験を積むのです。

しかし、デクが頼りにしていたグラントリノからは断られてしまいます。

以前、お世話になったのに、グラントリノったら、すっかりデクのこと忘れてるんだから。

頼みの綱だったグラントリノが当てにならないことを知ったデク。

ですが、グラントリノからのアドバイスにより、オールマイトに紹介してもらえないだろうかと打診しに行きます。

その前に教室で相澤先生から聞いた話だと、今年の1年生のヒーローインターンは無しの方向で進んでいると知ります。

しかし、妥協案としてインターン実績の多い事務所に限り、1年生の受け入れを許可するという話になりました

これを受けてデクは、オールマイトに直訴するのでした。

オールマイトはこれを断ります。その返答は速攻だったので、容赦ないです。

というのも、オールマイトはインターン反対派だからだそうです。

それでもなお食い下がってくるデクに、オールマイトはミリオを介してならいい、と言いました。

↑通形(とおがた)ミリオ

3期の終盤にも出てきましたね。3年生のミリオ先輩。透過の個性を持っています。

サー・ナイトアイ

ミリオ先輩は、オールマイトに紹介してもらうつもりだったサー・ナイトアイの事務所に継続してインターンに行っているというのです。

https://twitter.com/aya_tetora/status/1185479799860412417?s=20

↑サー・ナイトアイ

ミリオ先輩は言います。紹介することは出来るけど、実際に採用してもらえるかどうかはサー・ナイトアイ次第。

だから、サー・ナイトアイを1回笑わせて見ろと。

「!?」

なぜそうなるのかというと、サー・ナイトアイはユーモアというものを重視しているからというのです。

デクたちが事務所のドアを開けると、サー・ナイトアイは職員をねこじゃらし装置で存分に笑わせているところでした。

「!?」

全体の感想

デク渾身の顔芸!

そんなキャラじゃないのに、オールマイトのものまねをするデクの顔ったらなかったですね。

影の濃さまでまねるとは。

自身は厳格な顔をしておきながら、笑いが重要だというサー・ナイトアイ。

だったら、いつもスマイルで行きましょうよ♡

そんな顔ばかりしていたら、眉間にしわが寄りますよ。あ、もう寄ってるのか。

 

ヒロアカ4期2話 視聴者の皆さんのコメントは?

https://twitter.com/k0P60urtEMqipm1/status/1185458053828628480?s=20

https://twitter.com/Mi_Ayaneko_MPNR/status/1185483312413888513?s=20

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』2話の感想を中心に見ていきました。

さて、デクが放った渾身の一発芸。サー・ナイトアイはどう評価するのでしょうか?

デクがインターンとして事務所に潜り込めるかどうかの瀬戸際です。見逃せませんね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。