僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア237話ネタバレ&感想!弔が過去を乗り越える?

僕のヒーローアカデミア235話の展開予想!死柄木は完全覚醒する?
Pocket

今回は、2019年7月29日発売の少年ジャンプ35号掲載の僕のヒーローアカデミア最新話237話のネタバレと感想をご紹介します!

237話では、オール・フォー・ワンの教育によって志村天狐から死柄木弔になるまでの話になります。彼の教育によって、弔へとなっていったのでしょうか…?

まず最初に237話のネタバレを、その後237話の感想&次回238話の展開を予想していきます。それではいってみましょう!

僕のヒーローアカデミア237話のネタバレ!

家族を一人残らず個性で崩壊させた転弧は、街中を歩いていました。

父を始末した後、犯罪者のように逃げ出したがこの後どうすればいいのか分からない状態にありました。

誰でもいいからどうすればいいのか教えてほしいと、助けてほしいと思っていました。

 

街中の人々は転弧を見るが、何故か顔を背けてしまいます

 

本来なら転弧が声をかけるべきなのだが、家族に手をかけてしまった罪悪感で声を出したくても、出せなかったのです。

 

「ボク?大丈夫?どうしたのそんなボロ…」

 

街中を歩いていた女性が声をかけるが、転弧の顔を見たら怯えてしまい、ヒーローか警察が誰か来るからと言って急いでこの場から離れてしまいました。

 

人口密度が高い場所であればあるほどトラブルが起こるが、ヒーローが沢山ある社会でも自分を助けに来ないのは、自分が家族を始末した罪だからなのかと感じていました。

 

そしてあの時、誰かが手を差し伸べてくれていたら痒みは収まっていたのかと転弧は思っていました。

 

ここまでが転弧が失っていた記憶で、やがて一人彷徨っていた所、オール・フォー・ワンに拾われ、家族の手を見て吐き気を催しました。

オール・フォー・ワンは転弧は転弧自身でも制御できない程の破壊衝動を秘めていると、それを痒みとして知らせているから我慢するなと言います。

ある日、転弧は不良2人にいじめられ、転弧は反撃しようとしたが何故か反撃しませんでした。

 

「ああ かわいそうに何を恐れている?心のままに動けばいい でなければ君一人が苦しむだけだ」

 

オール・フォー・ワンはボロボロになって喉など掻いている転弧を見ながら、呟きます。

そんな彼にオール・フォー・ワンは良心等は誰かが作ったものだから、それらに縛られずに自分の中にあるモノを解放するように言います。

そしたら転弧は自分を虐めた2人を始末したいと言います。

理由は彼らに殴られていると、父親に殴られているかのように感じており、嫌な気持ちを抑えられなかったからです。

そんな彼にオール・フォー・ワンは頑張れとエールを送ります。

 

そして転弧は家族の手を付けた状態で、虐めた不良2人の元に向かうと個性で始末するのでした。

 

その様子をオール・フォー・ワンとドクターは見ており、ドクターは記憶を失ったのに不思議だと呟きます。

対してオール・フォー・ワンは転弧は記憶を閉じ込めただけで、感情だけが不安定な状態になっていると言い、それでも自分は転弧の全てを肯定すると言いました。

不良を始末した転弧は何をしても許される気がすると感じていました。

翌日、オール・フォー・ワンは不良と父の手を転弧にプレゼントします。

それを身に着けた時に、オール・フォー・ワンは死柄木弔と言う名前を授けました。

弔は命を落とすことを悲しんで別れを告げるという意味でつけたと言い、死柄木は自分の苗字だと言います。

そして現在に至り、弔は全てを完全に思い出していました。

弔は未来を仲間達の好きに任せると言うと、家族を始末したのは悲劇ではないと思っていました。

その頃、ギガントマキアが異能解放軍をことごとく一蹴していき、全然疲れる様子を見せないので敵(ヴィラン)連合は弔の身を案じます。

「こんなものも全て要らない」

弔はそう言って残る手を崩壊させました。

 

ここまでが237話のネタバレです。では続いて237話の感想と238話の展開予想です!

僕のヒーローアカデミア237話の感想と238話の展開予想!

ここからは237話の感想と238話の展開予想をしたいと思います。

まずは237話の感想です。

今回で、弔の過去編が終わりましたが、全体を通してかなり辛い過去のように感じましたね。

父や母がヒーローを肯定していれば、家族に手をかけた際に誰かが助けてくれれば、何か変わったのではないかと思いました。

 

続いて238話の予想をしたいと思います。

237話では弔は手を崩壊させたところで終わりました。

238話では弔が完全覚醒して、四ツ橋に挑むと思われます。

ここまで、トガヒミコやトゥワイスは過去の出来事を回想し、それを何らかの形で乗り越えて覚醒していきました。

弔も過去を乗り越えたので、覚醒させて四ツ橋相手に圧倒し、ギガントマキアが来たときは全て終わっていて、そんな彼の姿を見て自分が従うべき存在だと感じる展開になるのではないでしょうか。

果たして、実際の238話はどんな展開となるのでしょうか。8月5日の少年ジャンプ発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、僕のヒーローアカデミア237話のネタバレと感想を紹介し、次回の238話の展開を予想してみました。

私は、弔が完全に覚醒するのではないかと思います。

仲間達が覚醒しているのに、リーダーの弔だけはしないなんて無いと思いますのでそうなっていくのだと思います。

覚醒して、四ツ橋にどう挑んでいくのか、8月5日の少年ジャンプ発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。