名探偵コナン

服部平次と和葉のバイクシーンが登場するのはどの映画?名言や名場面も!

服部平次と和葉のバイクシーンが登場するのはどの映画?名言や名場面も!
Pocket

女性に人気のキャラクターが多い名探偵コナン。

癖のある関西弁や、負けず嫌いで気の強いインパクトあるイケメンキャラクターと言えば、そうです「服部平次」ですよね。ファンの方も多いと思います。

そんな平次のトレードマークと言えばバイク姿ですよね。特に和葉と乗るバイクシーンはとてもかっこいいです♪

今回は、服部平次と和葉のバイクシーンの中でも特に印象的な映画でのバイクに乗った名場面にスポットをあてて、名言も交えてご紹介していきたいと思います!

 

平次と和葉のバイクシーンが登場する映画は?

まず、平次と和葉のバイクシーンが登場する映画をご紹介します。

今回取り上げる映画作品は3つです。

1.世紀末の魔術師

1つ目は、1999年に公開された『名探偵コナン 世紀末の魔術師』(せいきまつのまじゅつし)です。

怪盗キッド初登場作品としても有名で、ロマノフ王朝の遺産「インペリアル・イースター・エッグ」をめぐり様々な事件に巻き込まれるコナン、服部平次の登場シーンは前半のみと少ないながらも、コナンと一緒にキッドを追いかけるバイクシーンはとても迫力があります。

 

2.迷宮の十字路

2つ目は、2003年に公開された『名探偵コナン 迷宮の十字路』(めいきゅうのクロスロード)です。

こちらは世紀末の魔術師とは違い、服部と和葉のラブストーリーも描かれている大人気作品の一つです!

京都を舞台に様々な観光地が描かれており、犯人を追いかけるかなりアクロバティックなバイクアクションはとてもかっこいいです♪

少しではありますが、コナンが新一に戻る場面もあり、ラストにかけての犯人とやりあうシーンは本当に目が離せません!

 

3.から紅の恋歌

最後3つ目は、2017年に公開された『名探偵コナン から紅の恋歌』(からくれないのラブレター)です。

服部平次と遠山和葉のラブストーリーを語る上では絶対にはずせない一作ではないでしょうか?

百人一首の競技カルタを題材にしたこちらの映画では、“服部平次の婚約者”という女性が現れ、競技カルタで彼女との勝負に勝たなければ ”平次を奪われてしまう!?” と奮闘する和葉が印象的です。

それと並行し事件の謎を解いていくコナンと平次、そしてなんと言っても最後のシーン、平次が和葉とバイクで脱出する場面は必見です!

 

それでは続いて各映画について、平次のバイクシーンを細かく見ていきましょう。

 

平次と和葉のバイクシーンを振り返り!名言・名場面も

それでは、それぞれの映画の服部平次のバイクシーンを細かく見て行きたいのですが、その前に!服部が愛用している”バイク”についての情報を少しご紹介していきたいと思います!

 

映画などでよく登場するこちらの緑色のバイクは「カワサキKLX250」と言われていて、ヘルメットは形が似ていることから「V-Cross2」と言われています 。



ナンバーは「川波84-99」ファンの間では、8499の9を逆さにし→「8469」、さらに数字を並び替えると「4869(シャーロック)」になるようにできているのではないか予測されています。

ただ、私自身は平次がホームズの話をする印象があまりなく、番号の入れ替えなど少し複雑すぎる点から、結び付けるには難しいかな?とも思っています。

 

ちなみに、平次の乗っているバイクはもう一台あり、アニメにも登場したことがあり、そちらは「ホンダ CB400Four」と言われています。

 

さて、それでは、そんな平次のバイクでの登場シーンを順に見ていきましょう。

 

1.世紀末の魔術師

1つ目の映画『名探偵コナン 世紀末の魔術師』です。

怪盗キッドの予告状から大阪城に現れるとわかった一同は大阪へと向かいます。

そこに服部と和葉ががバイクに乗って登場。

キッドの予告した午前3時まで警察なども万全な態勢をとっていましたが、服部の何気ない一言からキッドの予告した時間は午前3時ではなく午後7時20分だという事にコナンが気づきます!

さらに、キッドの現れる場所は大阪城天守閣ではなく通天閣だという事も発覚!

キッドの作戦に気付いたコナンがキッドを追うが、行き止まりにぶつかってしまいます。

 

そこに現れたのが服部平次です。

「乗れ!工藤!」

 

キッドを追いながらもコナンの推理に耳を傾け運転する服部。

居場所を突き止めキッドを捕まえようとするが、あと少しの所で逃げられてしまいます。

しかし、下で待機していた服部のバイクでまたも追跡を続行します。

 

ここのシーン、建物から降りてくるコナンに対し、服部が「急げ!工藤!」と言ってヘルメットを投げコナンがバイクに飛び乗る連係プレーがとてもかっこいいシーンで個人的にとても好きです。

その後もキッドを追いますが途中でトラックとの衝突事故により服部は怪我を負ってしまいます。

この後、コナンがスケートボードで追跡する事になるのですが、

「大丈夫か!?」

と心配して服部に駆け寄るコナンに服部は

「何してんねん!!早よ行かんかい!」

「逃がしたらしばくぞ!こらっ!」

とこの状況でも事件を優先する服部らしいかなりイケメンな場面です!

この後服部はどうなったのか?キッドとコナンの勝負の行方など気になる方は是非映画「世紀末の魔術師」見てみてくださいね!

 

2.迷宮の十字路

次に『名探偵コナン 迷宮の十字路』でのバイクシーンです。

毛利小五郎が、山能寺の僧侶から差出人不明で届いた謎の絵の解読を依頼されてコナンたちと京都に来ていました。

コナンが謎の絵の解読のヒントを求めて弁慶に関係のある場所を巡っていると、同じく事件の捜査で京都に来ていた服部平次と遭遇します。

お互い事件についての情報交換をし、京都にはあまり詳しくないコナンのためにも二人で行動を始めます。

様々な名所を巡りながら事件の手掛かりを探していく二人ですが、そのさい服部が何者かに弓矢で狙われてしまうのです!

間一髪のところでコナンが気づき弓矢をかわしますが、仕留め損ねた犯人が逃走し、逃げる犯人を追うコナンと平次。

 

バイクに乗りさらに逃走を続ける犯人をまたしても

「工藤!ほれっ!いくぞ!」

と言ってヘルメットを投げる連係プレーで二人もバイクに乗りさらに追跡を続けます。

ここからのシーンはとてもアクロバティックなバイクシーンが必見です!

 

蛇行する道からいばらな道、コナンも振り落とされそうになりながらも必死につかまります。

 

犯人によって橋が切り落とされても追跡をやめず、ついには線路の中にまで…。

 

これには思わずコナンも

「おいっ!ここ線路のなかだぞ」

と声をかけますが、

「気散るやろ、話しかけんな

と免停覚悟で追跡を止めない服部。。。

 

最後は犯人による煙幕で向かってくる電車にバランスを崩し、そのまま犯人に逃げられてしまいます。

 

どうでしたか?画像や文章からも二人の迫力あるシーンが思い浮かぶと思いますが、映像になるとさらにスピード感あふれるとてもかっこいいシーンです。

それにこの作品は和葉とのラブストーリーや服部と犯人とのやり合うシーンも、バイクシーンさながらに迫力があり、見どころ沢山ですので是非見てみてくださいね

 

3.から紅の恋歌

最後に『名探偵コナン から紅の恋歌』からのバイクシーン。

公開されたのが今から二年前の2017年なので、まだ記憶にも新しい作品です。

今作は百人一首の競技カルタを題材に製作されており、対談を行う事になった毛利小五郎に同行し蘭やコナン、子供たちも一緒に皐月会(百人一首の団体)が主催する大会「高校生皐月杯」が行われる日売テレビを訪れます。

さらに、この大会に服部と和葉が通う高校からも出場者がおり、二人も日売りテレビを訪れていました。

 

しかし、ここで早くも事件が起ます!

なんと大阪府警に日売りテレビ爆破予告のメールが届くのです!

まだ映画開始15分足らずですが、ここから緊迫した脱出劇が繰り広げられます。

 

このシーンだけでもかなり見どころが詰まっており、”常に和葉お守っている平次の姿”コナンが助けにきた後の”二人のチームプレイ”、最後に”コナンを助ける平次の姿”まで、目が離せないシーンの連続です!!

その後全員無事に脱出する事が出来るのですが、服部・和葉と同じ高校で大会出場者の枚本未来子が爆破の怪我で大会に出場できなくなってしまうのです。

「今回の大会で結果をださなければ廃部になってしまう」

そうさせないためにも、未来子はカルタ経験者である和葉に大会への出場をお願いするのでした。

 

大会の経験もないことから、和葉は未来子の頼みを断ろうとしますが、そこに居合わせた百人一首の高校生チャンピオンでもある大岡紅葉に

「今回の大会で優勝した方が平次君のお嫁さん第一候補、先に告白して平次君をゲットする」

と、とんでもない勝負を申し込まれます。

 

彼女の言葉に和葉も思わず「その勝負受けたるわ!!と、彼女との勝負に挑むこととなります。

 

和葉が徹夜でもう特訓をしているなか、京都で殺人事件が発生し、服部とコナンはその調査へと向かいます。

和葉は特訓の成果もあり、一回戦を無事突破、その後も順調に勝ち進みいよいよ決勝戦!

大岡紅葉との対戦まですすむこととなります。

決勝の舞台は皐月堂。

完全防音の建物の中で二人の対決がスタートします。

しかしその頃、平次とコナンは皐月堂が最後の爆破の標的であることに気付きます。

既に皐月堂は爆発され炎上…そこに平次のバイクで二人は皐月堂へと飛び込みます!!

建物に突っ込んできた二人に気付き、和葉や大岡紅葉もようやくこの事態に気付きます。

読手として建物にいた真犯人である阿知波に対し、事件の真相を話し始めるコナンと平次。

事件は無事解決したかと思われたが、爆破による影響で建物が崩れ始めるのです!

危機一髪のところでコナンや紅葉、犯人である阿知波も何とか脱出するも、平次と和葉は取り残されてしまいます!

 

そしてこのシーンがこの映画の最大の見せ場と言っても過言ではないバイクによる二人の脱出シーンです!

 

崩れていく建物の中に取り残された二人、救助のヘリも近づける状況ではなく、そんな中平次が和葉をバイクに乗せます。

この状況では目の前の壁へと飛び移るしか方法はないと考えた平次は、犯人が最後に爆破するはずだった爆破スイッチを握りしめ

「しっかりつかまっとけよ和葉!」 「その手離したら…」

「殺すで」

と言ってバイクを走らせ、

「こんなところで死んでたまるかー!」

「まだお前には言わなあかんことがあんねーん!!」

と叫びながら向こうの壁まで飛び移ることに無事成功するのです。

 

たくさんバイク劇を見てきましたが、これほどまでにかっこいいシーンはありません。

平次の一言一言が本当にかっこよく、命懸けで和葉を守り抜く平次の姿が目に焼き付けられる最高に感動のシーンではないでしょうか?

本当に何度見ても胸を締め付けられるとてもいい作品だと思います。皆さんも是非映画「から紅の恋歌」をご覧になってみてください!

 

平次の映画バイクシーンにファンの声は?

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

服部平次の迫力とスピード感あふれるバイクシーンの連続で、より一層平次の魅力が出ていたのではないでしょうか。

コナンとの連係プレーもかっこよく、思わず笑ってしまいそうな行動も今ではコナンの見どころとしてとても迫力が、どの映画も満足のいくシーンばかりです。

皆さんもぜひ見てみてください!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!