名探偵コナン

服部平次と遠山和葉の崖の救出シーンがあったのはアニメのどの回?

Pocket

絶体絶命!?服部平次、遠山和葉の命懸けの救出!!

「ごめんな平次…私の分まで長生きしてや」和葉の放った言葉の意味とは!?

名探偵コナンのなかでも1、2を争う大人気カップル服部平次と和葉の名シーンのひとつである「崖のシーン」を調査しました!

コナン好きの方はもちろん、そうでない方も見なきゃ損の感動ストーリーです♪

服部平次と和葉の崖のシーンが描かれたアニメはどれ?

服部平次と和葉の崖のシーンが描かれたのは、名探偵コナン 秋のミステリースペシャルで放送されたそして人魚はいなくなった』という回です。

平次のもとに

「このままじゃ人魚に殺される。助けてくれ」

という手紙が届き、平次が

「事件だから福井に行こう」

と毛利小五郎や蘭、和葉、コナンたちを連れ出し”人魚のすむ島”と言われる「美國島(びくにじま)」を訪れます。

島ではちょうど、年に一度の儒艮祭り(じゅごんまつり)という祭りが開催される日で、抽選くじに当たった人は儒艮の矢がもらえるというものでした。

しかし、この祭りを機に三軒の連続殺人事件が発生してしまいます!!

殺害方法もかなり大胆なものばかりで、次々と起きる事件にコナンや服部の推理も見ものです。真犯人がわかった時の、コナンの平次に対してのセリフ

「不可能なものを除外していって、残ったものがたとえどんなに信じられなくても、それが真相なんだ」

このセリフはのちのアニメでも登場する名台詞となっていますので、そちらにも注目してみてみてください!

 

平次と和葉の崖のシーンを振り返り!

二人のシーンは開始約29分あたりからとなります。

コナンの推理に納得のいかない平次が山の方へ和葉と捜査に行った際、事件に関連する墓を発見します。

それを見て、やはりコナンの言う通りの人物が犯人なのかと考え事をしながら墓に手をかけると、墓が急に転がり、そのはずみでバランスを崩した平次が崖の方へ向かって落ちそうになるのです。

 

それに気づいた和葉が、とっさに平次の腕を掴み引っ張るのですが、その反動で和葉が崖から放り出される形で、がけから転落してしまいます!

 

「和葉ー!!」

 

と叫ぶ服部…。絶体絶命の危機に和葉はどうなってしまうのか。

助からないと思われたこのシーン、なんと平次が木につかまりながら

「まっとれよ和葉、今引き上げたるさかいな」

と言って和葉の腕を掴んでいたのです。

 

しかし、平次のつかまっている枝は今にも折れそうで、”このままやと二人とも…”と悟った和葉は

”ごめんな平次…私の分まで長生きしてや”

「ばいばい

と言って、平次の腕に矢を突き刺すのです!!

これにはさすがの平次も手を放してしまうかと思われましたが、平次の手は緩むことなく、血を流しながらも必死で和葉の腕を掴み

「和葉、動くなよ!動いたら殺すぞぼけ!」

といって、和葉の心配とは裏腹に、全く離そうとはしないのです。

 

絶体絶命のこんな状況でさえ、いつもの強気な平次の態度に驚く和葉。

 

服部平次のいつもどこか冷静で、平次が”大丈夫”だと言えばどんな状況でも乗り切れてしまうような絶対的安心感のようなものが、彼のかっこいい魅力の一つだなと思います。

この後二人の安否がわからないまま、シーンはコナンが推理を解いていく場面へと切り替わり、真相を話している最中に平次が何事もなっかたかのように現れます。

疲れ果てた和葉は眠りについていますが、こうして二人は無事危機からの脱出に成功します。

 

平次と和葉の崖のシーンにファンの声は?

 

まとめ

服部と和葉の名シーンのひとつ「崖の救出シーン」、いかがだったでしょうか?

年月がたっても記憶に残るとてもいい作品ですよね!

この物語は事件の展開も面白く、約一時間弱のアニメ作品ですが、ずっと目が離せずコナンのスペシャル版の放送はいつも映画くらいのクオリティーとわくわく感が楽しめるのでとてもお勧めです!

是非皆さんにも楽しんでいただきたいと思いま。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!