ガンダムオリジン

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

「ガンダムオリジン前夜赤い彗星」主題歌の制作会社はどこで作詞作曲は誰?
Pocket

現在NHK総合にて毎週月曜0:35(一部地域除く)から「ガンダムオリジン(THE ORIGIN)前夜赤い彗星」が放送されていますね!

テレビ放送では10話から11話まで、アンコール再放送を挟んで間が開きましたが、7月29日に待ちに待った11話「ルウム会戦」が放送されます。

この記事では11話放送にさきがけ、「ガンダムオリジン(THE ORIGIN)前夜赤い彗星」10話の感想を、ネタバレやファンの声をまじえてお伝えしていきます!

ガンダムオリジン10話の予告&あらすじ

第10話:赤いモビルスーツ

兄の生存は、うり二つのシャアの死を意味し、苦悩するセイラに養父テアボロの死という更なる悲劇が訪れる。

一方、キャスバルことシャアはテキサス・コロニーに赤いモビルスーツで現れる。その姿を偶然垣間見るセイラ。

そのシャアの活躍で地球連邦軍のレビル艦隊から支隊を分離させることに成功したドズル艦隊は、ティアンム艦隊との会戦に突入した直後に転進を決行する。

一方シャアは、レビル率いる本隊に肉薄するのだった。

(ガンダムオリジン前夜赤い彗星 公式サイトより)

 

前半はセイラ(アルテイシア)の苦悩と戦いを中心に描き、後半はシャアを中心にルウム宙域で戦端が開かれていく様子を描いた回です。

短い予告動画の中でも、セイラの涙が強く印象に残ります。襲撃者・ドズル艦隊・出撃するシャアとすべてが激しく動いていく中で、彼女だけが静止し、狙いを定めて涙を流しているんですよね。

そして、村を襲った襲撃者に対して爆発的ともいえる戦いぶりを見せていきます。

ガンダムオリジン 10話の感想&ネタバレ

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

それでは、もう少し詳しく場面を振り返りつつ、感想を述べていこうと思います。一部ネタバレを含みますので、読みたくない方はここで戻って下さい。

セイラは敢然と戦い、赤いモビルスーツを見る

ガンダムオリジン10話の感想!

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

 

養父テアボロが倒れたと知らせを受け、セイラ(アルテイシア)は養父の元へ帰る。

そこで、ルウム移住以来セイラたちを助けてくれたアズナブル夫妻がジオンへ行くことを知らされた。アズナブル氏は、ジオン軍に入ったきり戻らない息子・シャアへの思いを語る。

「兄・キャスバル生存」が事実なら、アズナブル夫妻の息子シャアは…?セイラの心は乱れた。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/55523428.html

セイラは病床の養父に付き添うが、そこへルウム外からの襲撃者があらわれる。

セイラは怒りに満ち、住人たちを鼓舞して激しく応戦する。そのさなか、騒動で病状を悪化させ、養父テアボロは命を落とした

 

涙するセイラの頭上を、夜明けのような光が照らす。ドッキング・ベイが襲撃されているのだ。ルウムを出ようとしていたアズナブル夫妻が、戦渦に巻き込まれていた。

襲撃したのはシャア(キャスバル)だった。赤いモビルスーツを見つけたセイラは追いかけるが、モビルスーツは振り返らず去っていく。

 

【感想】

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

「バリケードを作りなさい!ドアと窓をふさいで!戦うのよ!」

襲撃者との戦いの始まりで見せたセイラの強さと怒りがあまりに急激で、見ていて不意に涙がにじみました。

セイラはつらい環境の中で生きていくため、強くならざるを得なかったんだという哀しみと、ジオン・ズム・ダイクンの子としての強さが、兄と同じように彼女の中にもともとあったのだということが、画面からこちらにたたきつけられるような場面だったと思います。

そこからのセイラの戦いぶり、ほんとにカッコよかったです!

 

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/55523428.html

そして、テアボロの遺体に対面するときの強く引き締まった表情と、笑顔も胸を打ちますね。

本当の父親ではないテアボロに対して、きっと礼節を保って感謝を伝えようとしているんですよね。それでも涙がこぼれるのをどうにもできなくて…。

悲しむ暇もろくになかったけれど、泣いてあげられる子供は既にセイラだけだと思うと、あとからでも彼のために泣く時間があるようにと思ってしまいます。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

さらに前半の見どころは、シャア(キャスバル)がベイエリアを攻撃したところ!

シャア(息子)を思いながらルウムを出発したアズナブル夫妻が、シャア(息子になりすましたキャスバル)に殺されたわけです。衝撃的でしたね。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】引用元:http://kokuani.blog.jp/archives/18537156.html

そもそも本物のシャアも、間接的にとはいえキャスバルに殺されたようなものでした。

アズナブル夫妻の死に方と、テアボロとアズナブル夫妻という、ダイクンの遺児二人を亡命以来助けてきた人物たちがこの回で全員死んでしまったことと合わせると、このシナリオはほんとに凄いなと感じました。

 

艦隊戦、開始。ザクのリミッターは外された

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/55523428.html

シャアがルウムを攻撃したのは、ルウム宙域に展開する連邦軍を陽動するためであった。これにより、後方にあった連邦のレビル艦隊は本隊と支隊に分離される。

ジオンのドズル艦隊の砲撃により、連邦の前衛・ティアンム艦隊との戦闘が開始された。ジオンの大本営には、戦闘に出られないことを悔やみつつ、砲撃に怯えるガルマの姿があった。

開戦の直後、一時劣勢かと思われたドズル艦隊は転進を決行する。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/55523428.html

シャアは、艦長の指示を待たずに出撃した。あとから彼の隊が追ってくる手はずである。

出撃するとシャアは計器のスイッチをあらかた切り、手動で猛烈な加速を始めた。シートに押し付けられるほどの速度に耐えきり、笑って身を起こす。

レビル率いる敵の本体に、シャアはまさに肉薄しようとしていた。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/55523428.html

【感想】

前半の切実な感じと比べて、後半はより大規模な戦いでありながら高揚する雰囲気があると思います。

連邦のティアンムが、「自軍を前進させたい」という欲をにじませてルウムを無視したのをはじめ、ジオン大本営で右往左往しているガルマや、「黒い三連星」の面々が出撃にあたって「シャアにおいしいところを取られるな!」と兵士を鼓舞する様子など、どこかニヤッと笑いたくなる場面が続くんですよね。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

一番の見どころはやっぱり、終盤にシャアが出撃するところ!ザクがふわぁっと宇宙空間に出て、加速していくだけでもかっこいいんですが、そこからさらに「計器のスイッチを切って再加速」ですからね!

Gの掛かりようは見ているこちらも息が詰まるような、シャアが体を起こした後は一緒に興奮と爽快感が沸き上がるような、強く引き込まれる場面です。

ガンダムオリジン10話の感想!セイラの強く哀しい戦い【前夜赤い彗星】

引用元:https://anitubu.com/archives/post-24268.html

これから行くぞ!という興奮の中で10話は終わり、11話へと続いていきます。

 

ガンダムオリジン10話を見たファンの声は?

それでは、「ガンダムオリジン(THE ORIGIN)前夜赤い彗星」第10話を見たファンの感想を見ていきましょう。

 

さて、いよいよ7月29日0:35(一部地域除く)に、続きとなる11話が放送されます!その予告動画とあらすじをご紹介します。

第11話:ルウム会戦

ルウム宙域でレビルの本隊を捉えたシャアは、赤いモビルスーツ、ザクⅡの機動力を駆使して敵艦5隻を沈め、戦況を一変させる。

転進してきたドズル艦隊も猛攻する中、ガイアたち「黒い三連星」が連邦宇宙軍艦隊旗艦アナンケを発見してブリッジを打撃。脱出を図ったレビル将軍を捕虜にする。

連邦軍ティアンム艦隊は、ジオン公王デギンが乗るグレート・デギンに遭遇するが、攻撃を諦めて回頭。

ルウム会戦はジオン軍の完勝で決する。

(NHKアニメワールドより)

まとめ

この記事では、「ガンダムオリジン(THE ORIGIN)前夜赤い彗星」10話の感想について、ネタバレやファンの声をまじえてお伝えしました。

セイラの戦いぶりがとくに目立った回でしたね!次回11話では艦隊戦の様子が中心となり、またシャアが戦闘の中で活躍していくと予想されます。

11話はNHK総合にて、7月29日0:35から放送です。(一部地域除く)まだ見たことがない方も、この機会にご覧になってはいかがでしょうか。面白いですよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。