ふたりの太星

ふたりの太星第10話ネタバレ展開予想!星とイズミの真剣勝負が見れる?

ふたりの太星第9話のネタバレ展開予想!居玉にこだわる理由が分かる?
Pocket

2019年7月22日発売予定の少年ジャンプ34号掲載のふたりの太星最新話10話の展開を予想したいと思います。

星は居玉をしたまま勝負に出て、イズミは共感覚を頼りにした将棋を展開していきます。

やがてイズミは共感覚を捨てるかのように目隠しを外して、星との勝負に臨みます。

お互いの対局の結果は果たして、どうなっていくのか…!?

まず最初に9話について振り返り、それを受け10話の展開を予想していきます。

 

ふたりの太星9話のあらすじ

イズミが共感覚で星の声の像(かたまり)を見た際、真っ暗に包まれていました。

しかし、星が玉は真ん中にいるものだと言った際に、徐々に光が出現していった事にイズミは内心驚き、目の前にいるのは太ではないかと思い始めます。

 

(…いや違う!天童太星の光はもっと凄まじかった 星が天童太星のハズがない!!…だけどなんだ?この光は…)

 

イズミは心の中でこう思っていましたが、明らかに動揺していました。

星は将棋を指しているとどんな奴なのかモロに出ると言い、自分はどんな状況でも王様が真ん中に置くのが自分の将棋だと言います。

 

「それに比べてイズミの将棋ってよぉ…」

 

星はこのように言い始めるとイズミは昔の事を思い出します。

子供の頃のイズミは負けることが多かったが、勝負強くて面白い将棋を指す事で評判でした。

 

イズミはその事を父に話し、父は自分に似たのかなと呟きます。

 

後日、父が突然イズミと弟達を残して失踪し、その日からイズミは将棋が上手くなりましたが周囲の人達は何かしらの違和感を感じていました。

 

(―――星 “俺の将棋(じぶんらしいしょうぎ)”は“勝つ将棋”から最も遠いところにある 勝たなければ意味がない 勝たなければ守りたいものも守れない)

 

イズミはそう思いながら将棋を指し、結果が出れば自分や星がどんな人間か分かると言います。

 

星はそれについては同感と言いつつ、こっからが自分の将棋だと言って歩兵を指し、イズミは受けて立ちます。

 

しかし、次の番で星が桂馬を指して王手にします。

 

イズミはさっきと今の手は悪い手ではないと思っていたが、それでも自分が有利だと思っており、冷静に対応すればチャンスが来ると思っていました。

 

そこへ星が飛車をイズミの玉まで動かすという飛車捨てを繰り出し、イズミは驚きます。

 

しかし、イズミは何か策があるのかと思いながら飛車を取り、我慢して冷静になって反撃の時を待とうと踏んでいました。

そしてお互い一歩も引かない応戦を繰り広げます。

 

やがて好機を得たイズミは反撃の8八角打の一手を仕掛けます。

 

だがそれは共感覚で大悪手だと言う事に気づき、しかも駒から指が離れてなかったので戻せば問題ないと思っていました。

 

イズミは共感覚を父が失踪した日から会得したが、周囲の人々は余りいい気はしていませんでした。

イズミは弟達のためと気にしない振りをしていましたが、内心では別の事を考えていました。

そんなイズミに星は戻してもいいと、それでも自分が勝つと言い切ります。

 

それを聞いたイズミは角行から指を離すと、目隠しをやめます

 

何故なら共感覚でここまで来たが、その中で個人的なわがままとして一手一手一喜一憂する将棋をしたいという自分の気持ちを抑えきれなくなったからでした。

そして星に悔いのない将棋を指そうと言うのでした。

 

ここまでが9話のあらすじです。では続いて10話の展開を予想してみましょう!

 

ふたりの太星最新10話のネタバレ展開予想!

ここからは10話の展開予想をしたいと思います。

 

9話ではイズミが目隠しを外して悔いのない勝負をしようと星に告げたところで終わりました。

10話では星との真剣勝負を臨むのではないかと思われます。

イズミは今回の星の対局も、これまでの対局も父がいなくなった時に会得した共感覚を駆使してここまで戦ってきました。

共感覚を使ってこれは良い手だ、これは大悪手だなと思いながら将棋を指して勝利を重ね、プロの棋士まであと少しまで迫りました。

しかし、周囲の者達は余り面白くありません。

理由は共感覚で大悪手だと思った時に、一度指した駒を指が離れていないという理由で指し直したりする事が気に入らないのです。

イズミも目隠しした状態で涙を流していた事から、本当はこんな事はしたくなく昔のような将棋をしたいけど、弟達を食べさせていくためにはと思い、心を鬼にしてやってきたのだと思います。

しかし、迷いのない一手を次々打っていく星の将棋を共感覚ではなく、この目で見たいと思って目隠しをやめたので、お互い真剣勝負で対局をするのではないかと思います。

 

果たして、実際の10話はどんな展開となるのでしょうか。7月22日の少年ジャンプ発売が待ち遠しいですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ふたりの太星最新10話の展開を予想してみました。

私は星とイズミの真剣勝負が見れるのではないかと思います。

これまで共感覚に頼ってきたイズミが、星の将棋をこの目で見たいと踏んで目隠しをやめたので、小細工無しの真剣勝負をするものだと思います。

一体どんな展開になるのか、7月22日の発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!