あんさんぶるスターズ!

あんスタ(あんさんぶるスターズ!)13話感想!リーダーの熱き思いがみんなの心を動かす!

あんスタ(あんさんぶるスターズ!)13話感想!リーダーの熱き思いがみんなの心を動かす!
Pocket

2019年7月からアニメ『あんさんぶるスターズ!(あんスタ)』がスタートし大好評で放送中ですね!

今回は、アニメ『あんさんぶるスターズ!(あんスタ)』の第13について、あらすじと感想を中心にお届けしたいと思います!

最後には第13話を見た視聴者の皆さんのコメントもあわせてご紹介しますので是非そちらもお楽しみ下さい!

ネタバレ注意ですので、見たくない方はここで引き返して下さいね。それではいってみましょう~。

 

あんさんぶるスターズ!をイッキ見する

アニメ『あんさんぶるスターズ!』13話あらすじ&感想

これまでのお話

私立夢ノ咲学院は、男性アイドルの育成に力を入れている学校だ。

その私立夢ノ咲学院にやってきた転校生、あんず。あんずはアイドル科のTrickstarのメンバーたちと行動を共にする。

アイドル達の実力と魅力を披露するステージ、通称「ドリフェス」の導入によって学院は生徒会により支配されるようになってしまった。

Trickstarのメンバーたちはこれに立ち向かうべく、学院の改革に乗り出していく。

DDDが開催され、生徒会長の天祥院英知率いるfineを打ち破り、Trickstarが優勝を飾るのだった。

 

第13話あらすじ&感想

 

今回は「流星隊」がメインのお話です。

 

直談判

流星隊のリーダー・守沢千秋は生徒会長に直談判しに行きます。本格的なヒーローショー「スーパーノヴァ」を遊園地で開催したいからその予算をほしいと。

↑守沢千秋

しかし、生徒会長である天祥院英知は、これをはねのけます。他のユニットからも多くの企画書が提出されており、流星隊にだけ融通を効かせるわけにはいかないからです。

それに、千秋が提出した企画書自体に難があるとのことで再提出になってしまいました。

そこで千秋は、プロデュース科であるあんずに企画書の練り直しを助けてもらうことにしました。

第1クールほぼ空気だったあんずが、(能力的に)初めて役に立った瞬間ではないでしょうか(笑)セリフ量も多少増えましたし。

対して、TrickstarのメンバーもDDDでの優勝以来、色んなところからオファーが来ており、忙しくしているようです。

アイドルとしてスターへの道を駆け上り始めた彼ら。喜ばしいことですね。

 

ヒーローショー開催!

あんずの協力のおかげでようやく企画が通り、ヒーローショーを開催する運びになりました。

当日は、あんずやTrickstarのメンバー、英知、伏見弓弦、鬼龍紅郎たちがヒーローショーを見学しに来ました。

くっ!超お金持ち、英知。シェイクという庶民の食べ物すら知らないとは。

Trickstarに負けて少しは丸くなったかと思えば、英知は相変わらず毒があるような言い方をしますね。一応、相手を認めてはいるものの。

そして、いよいよ始まったヒーローショー。

ショーに集まった子どもたちは大喜び!みんなして食い入るようにショーを見つめています。

これだけ喜んでくれるのならば、演じる側にとっても冥利に尽きますね。

リーダーである千秋は、ここまで駆けつけるのに大変な労力と努力をしてきました。

本格的なヒーローショーを開催することを悲願にしてきた彼にとって、喜んでもらえていることは感無量でしょう。

千秋の思いををよく知っている深海奏汰は、彼の気持ちが痛いほどよく分かるのでした。

 

翠の悩み

子どもたちが大喜びしている傍らで、一人浮かない顔をしている人がいました。高峯翠その人です。

 

流星隊が初登場した時もそうでしたが、翠はいつもハの字眉毛で困ったような顔をしており、自信がないようです。

あの時も自分の口上すらうろ覚えでしたし。

そのことに気づいた流星隊のメンバーたちが口々に声を掛けてくれますが、ショーの最中ということもあり、翠は話すことをためらいました。

どうやら彼は、他の人と比べてしまい劣等感があるようです。アイドル養成学校に入学したはいいが、もしかしたらそうでない道を選んでいた方が幸せだったのかもしれない。

普通の学校に行った人たちを見ると、翠はそう考えてしまうのです。

しかし、いざステージに上がってみるとそんな考えは必要なかったことに翠は気づきます。

他人と見比べて得られる幸福なんてほんの一瞬のこと。

要は、その時々において自分の心がどう感じているか、自分主体で考えた方が幸福度ははるかに高いのです。

翠のその気づきは今はまだほんのちょっとですけれど、今後流星隊としてさらに活動をしていくことでより深みを増すことができるかもしれませんね。

 

全体の感想

OP曲が一新されましたね。新キャラおよび新ユニットも追加された映像となっています。しかし、人数が多いこともあってか、動かない!全然動かない!!

立ち絵で済ませているOP映像はどうなんでしょうか。手抜きでは?

EDは各ユニットが代わりばんこで持ち歌を披露しているから、作ることも大変とあって立ち絵でもまあなんとか我慢できますが、せめてOP映像は動いていてほしい所です。

「あんスタ」を見逃した!ココなら見放題♪

あんスタ13話 視聴者の皆さんのコメントは?

https://twitter.com/040610Mmm/status/1178309267285131264?s=20

https://twitter.com/I0ndK/status/1180984154650841088?s=20

https://twitter.com/0710_momo/status/1178314950537707520?s=20

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はあんさんぶるスターズ!13話のあらすじや感想を中心にご紹介しました。

アニメ『あんさんぶるスターズ!』も2クール目に突入しました。さらにキャラクターも増えるとあってますますにぎやかになりそうです。

その新キャラクターの姿はまだお目見えしていないので、いつ登場するのか楽しみですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

「あんスタ」を見逃した方はこちらで全話見放題♪