炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊184話のネタバレと感想!ゴールドの能力が明らかになる?

炎炎ノ消防隊アイキャッチ
Pocket

今回は、2019年8月7日発売の少年マガジン36・37合併号掲載の炎炎ノ消防隊最新話184話のネタバレと感想をご紹介します!

前回183話のラストでは、火縄達がゴールドと戦い始めたところで終わりました。

184話では、屠リ人であるゴールドの能力が明らかとなります。

果たして、どんな能力の持ち主なのでしょうか…!

まず最初に184話のネタバレを、その後184話の感想をご紹介していきます。次回185話の展開も合わせてご覧ください!

183話を見逃した方はこちらもどうぞ♪

炎炎ノ消防隊アイキャッチ
炎炎ノ消防隊183話のネタバレと感想!第8とゴールドの戦いへ?2019年7月31日発売の少年マガジン35号掲載の炎炎ノ消防隊最新話183話のネタバレと感想をご紹介します!183話では、シンラとジョーカーがバーンズと戦っている間に動き出す火縄達の様子が描かれます。立ち塞がった屠リ人のゴールド相手に、どう立ち向かうのでしょうか…!?...

 

「炎炎ノ消防隊」を文字ではなく画像付きで読んでみたい!という方はこちらで無料で読めますよ♪

 

炎炎ノ消防隊184話のネタバレ!

「通行料とは言わぬがもう少し拝借させてもらおう そこにいいものがある」

ゴールドはバイルバンカーに狙いを定めると、それを何らかの能力で操って浮かせるとマキに直撃させます。

再び宙に浮かせるとマキに襲い掛からせるが、マキは鉄梟を操って弾き飛ばすのでした。

「相手の能力はなんだ…?金属を操作している…磁力か…?特徴的なのはあの金の籠手…」

能力を解析中のリヒトはブツブツと呟いており、リサは不安に思っていたがアイリスはこれまでリヒトのおかげで何とかなってきたと、リヒトは第8には欠かせない人だと言います。

やがてリヒトは能力の解析を終えると、ヴァルカンに鉄梟による攻撃をやめるように指示する。

しかし、時遅くマキは鉄梟をゴールドの元に飛ばすが、あと少しで命中するところでゴールドは鉄梟を止めました。

リヒトの報告を聞いていたヴァルカンはどういう事だと聞く。

リヒトはまずは金は磁力の影響を受けないが、金は熱を流されることによって磁力を持つ性質になると伝えます。

ゴールドの能力…第三世代能力で生み出した熱エネルギーで金属の籠手に流し 磁力に変換して操り金属を操作している!弾丸や“鉄梟”は鉄です…もろに磁力の影響を受けます」

リヒトは更にこう付け加えます。

ゴールドは能力でバイルバンカーと鉄梟を操ると、火縄とマキは回避に徹することしか出来ませんでした。

火縄は拳銃を取り出すが、ゴールドはバレルを操って彼に喰らわせます。

ゴールドは再びバレルを操って火縄の元に向かわせるが、タマキが炎の尻尾で弾くことで火縄を守ります。

更にタマキは鉄梟を回避しつつ、ヴァルカンから貰ったブースターを使おうとしていました。

ブースターとはヴァルカンが酸化鉄とアルミニウムの混合粉末から作った火力増幅メカの事で、火を着けることでテルミット反応が起こって超高温の火力になるのです。

タマキは火を着けることでブースターは高温の火力になり、巨大な火の弾になるとそれをゴールドにぶつけます。

しかし、屠リ人として炎の耐性が高いゴールドには通じませんでした。

そしたらゴールドはタマキのベルトを操って動きを止めさせると、鉄梟による攻撃を何度も浴びせます。

そして再び鉄梟が迫るが、タマキはラッキースケベられのおかげで回避できた。

特殊消防隊の装備は大概プラスチック製だが、ベルトだけは鉄なのでゴールドの能力でベルトを外されて、ズボンを脱がされてしまいます。

無様だと言い放つゴールドに対して、火縄はヌードカレンダーで脱いでいる自分達に恥など無いと言い放ちます。

現状、タマキだけでは火力に欠けるので厳しい状況が続きます。

そこへリサがやって来て、漁り火を発動させます。

彼女の炎は磁性体なので、少しはゴールドの磁力を乱せる可能性がありました。

マキは戦闘しても大丈夫なのかと聞くと、リサは想いは足りないけど自分を迎え入れてくれた桜備を救いたいとはっきり言うとヴァルカンには時間稼ぎしかならないと伝えます。

ヴァルカンはリヒトに何か策が思い浮かんでいるのかと聞きます。

「もちろん!!僕は第8の科学捜査官ですよ」

リヒトは自信満々に言い放つのでした。

 

ここまでが184話のネタバレです。では続いて184話の感想と185話の展開予想です!

 

炎炎ノ消防隊184話の感想

ここでは炎炎ノ消防隊184話の感想を述べさせていただきます。

今回の話でゴールドの能力の詳細が分かりましたが、鉄梟を操るマキや拳銃を武器とする火縄では分が悪いみたいですね。

対抗出来るのはタマキくらいですが、彼女は火力がシンラやアーサーに比べて弱いのでこの場にアーサーがいないのが悔やまれますね。

最後にリヒトが策を閃いたみたいなので、彼の策に期待しようと思いました。

 

炎炎ノ消防隊185話の展開予想!

続いて炎炎ノ消防隊の次回185話の予想をしたいと思います。

184話では、リヒトは何か策を思いついているところで終わりました。

 

185話では、その策の詳細が明らかになるのではないかと思います。

リヒトはゴールドの能力の解析が済んでから、今いるメンバーで出来るような様々な効果的な策を閃いているはずです。

次回のタイトルが実験戦闘となっていますので、思いついた策を火縄達に伝えてからまるで実験をしているかのような戦闘を展開させるのではないかと思います。

果たして、実際の185話はどんな展開となるのでしょうか。8月21日の少年マガジン発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、炎炎ノ消防隊最新184話のネタバレと感想を紹介し、次回の185話を予想してみました。

次回185話では、私はリヒトが沢山の策を閃いているのではないかと思います。

そして火縄達に伝えて、実験という名の戦闘をさせるのではないかと思いますので、8月21日の少年マガジンの発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!