炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊186話のネタバレと感想!アーサーとドラゴンが相対する?

炎炎ノ消防隊19巻(最新刊)発売日
Pocket

今回は、2019年8月28日発売の少年マガジン39号掲載の炎炎ノ消防隊最新話186話のネタバレと感想をご紹介します!

前回185話のラストでは、リヒトの策でゴールドの能力を封じたところで終わりました。

186話では、遂にアーサーとドラゴンが相対します。

まず最初に186話のネタバレを、その後186話の感想をご紹介していきます。次回の展開予想も合わせてご覧ください!

 

こちらの「炎炎ノ消防隊186話ネタバレ記事」は文字だけの記事になっています。

もし画像付きで炎炎ノ消防隊を楽しみたい!という方はこちら(↓)もオススメいたします♪

「炎炎ノ消防隊」最新刊を無料で読む

 

炎炎ノ消防隊186話のネタバレ!

リヒトの策で能力を封じられたゴールドに対して火縄は銃口を彼に向けます。

火縄はゴールドに待てと言われる前に銃撃を繰り出して、彼の額に命中させることで撃破します。

それと同時に彼が所持していて硬貨が落ちるのでした。

残る白装束2人はゴールドが負ける事など想定していなかったのか、彼が負けたことに僅かながら動揺していました。

「見たか第8のチームワーク!!そっちも三人で戦えばいいのにナメてるからだ!!」

タマキは2人に対してこのように言うと、そのうちの一人が自分達は一人で戦う術しか知らないと返します。

 

「次はこの“ストリーム”が相手をしよう」

タマキの言葉を返していた白装束・ストリームがそう言って前に出てくると同時に手のひらに小規模の竜巻を起こします。

ヴァルカンが今度はなんだとリヒトに問うと、彼はすぐさま能力の解析を始めます。

火縄はタマキに気をつけろと言い、タマキは今の自分の炎の耐性なら大丈夫と言うが、ストリームの攻撃を受けたと同時に消防服が切り裂かれ、血を流します。

「あいにく我々は炎の耐性が高い能力者を屠るスペシャリストだ」

ストリームはこう豪語すると、マキはタマキに気をつけるように言います。

 

リヒトの分析によるとストリームは炎が巻き起こる際に起こる気流を利用して竜巻やカマイタチを生み出して攻撃しているとの事です。

 

すかさずストリームは両手から竜巻を出現させて彼らを吹き飛ばします。

火縄は拳銃を構えるが、ストリームは自らの足に気流を纏わせることで彼の背後を突くと始末しようとします。

そしたら火縄に浴びせようとした竜巻が何者かの攻撃によって打ち消されます。

「俺の名は“騎士王”アーサー・ボイル 貴様に名乗る名前はない」

火縄を助けたのはアーサーで、スクリームに向かってこのように言うと、ストリームは最大級の技で始末しようとします。

しかし、その前にアーサーがエクスカリバーによって一閃であっという間にストリームを倒し、最後の白装束を唖然とさせます。

「アーサー お前どこに行ってた!?」

「ただでさえ人手不足の第8なのに!!」

「なんでいなかったんだ!?」

アーサーは火縄達にこう責められていると、車から落ちた事を落馬したとドヤ顔で言うのでした。

 

そしてアーサーは残り一人の白装束と相対します。

「情けない 実に情けない」

建物の上から声がし、声の持ち主は屋上から落下して上手く着地します。

「儂の前で隔てるものなく 儂の後には灰燼のみ 儂がドラゴンだ」

声の持ち主・ドラゴンはこう言うと彼の底知れぬ力を感じ取ったマキは火縄に下がるように言いますが、ドラゴンは気にも留めません。

「何…?ドラゴン…?ここにいたかドラゴン!!」

「塵と化すか童」

やっと会えた宿敵の名前を聞いたにアーサーは鋭い目をしてこう言うと、ドラゴンは威圧的な目をしながらこう返しました。

そんなアーサーに呼応するかのようにエクスカリバーがこれまで以上に刀身が長くなりました。

 

ここまでが186話のネタバレです。では続いて186話の感想と次回の展開予想です!

 

炎炎ノ消防隊186話の感想

ここでは炎炎ノ消防隊186話の感想を述べさせていただきます。

車から落っこちて遅れたという理由は、アーサーらしい理由だなと思いました。

本来なら怒られるところですが、ストリームをあっさり倒したのである程度帳消しになるのではないかと思います。

しかし、次の相手はかなり強そうなので激しい戦いになるのではないかと思います。

 

炎炎ノ消防隊 次回の展開予想!

続いて炎炎ノ消防隊の次回の予想をしたいと思います。

186話では、エクスカリバーの刀身がこれまで以上に長くなったところで終わりました。

 

炎炎ノ消防隊の次回は、アーサーとドラゴンが激闘を繰り広げるのではないかと思います。

アーサーは騎士っぽい服装をしたり、騎士が活躍しそうなシチュエーションになれば、その力を通常の何倍にも跳ね上げることが出来ます。

目の前にいる相手が名前だけとはいえドラゴンなので、騎士がドラゴンを倒してドラゴンスレイヤーとなるイメージが湧いているのでエクスカリバーの彼の思いに呼応して、刀身が伸びたのだと思います。

ただこのドラゴンと言う男も、かなりの兵だと思われるので厳しくも激しい戦いになっていくのではないかと思います。

果たして、実際はどんな展開となるのでしょうか。9月4日の少年マガジン発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、炎炎ノ消防隊最新186話のネタバレと感想を紹介し、次回展開を予想してみました。

次回は、アーサーとドラゴンが激しい戦いを繰り広げると思われます。

一体、どれ程の激闘を繰り広げるのか、9月4日の少年マガジンの発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!