ダイヤのAactⅡ

【ダイヤのAactⅡ】最新174話のネタバレ予想!天久好投するか?

ダイヤのA actⅡ最新174話のネタバレ予想!天久好投するか!?
Pocket

2019年7月10日発売予定の少年マガジン32号掲載のダイヤのA actⅡ最新話174話の展開を予想したいと思います。

ノーアウトランナー2、3塁のピンチを連続三振に切って取った天久。

彼の好投はこのまま続くのか…!

まず最初にその前に173話について振り返り、それを受け174話の展開を予想していきます。

ダイヤのA actⅡ173話のあらすじ

秋葉のヒットと轟のツーベースヒットでノーアウト2、3塁のピンチとなりました。

ここで3番の真田を迎え、先制点を取るチャンスが巡ってきます。

しかも薬師は天久のスライダーの軌道を見る練習と打つ練習をしてきたので対策は万全でした。

(先発を回避させたとはいえすまんな…真田 打つ方でも結局お前を頼っちまう)

監督の轟雷蔵は真田に視線を向けてこのように思っていました。

天久の元に内野陣が集まり、キャッチャーは内野は前進で外野は長打警戒と指示を出します。

対して天久は轟にホームラン打たれてないから、それ程神経質にならなくていいと言います。

連打されたとは思えない態度にキャッチャー以外の内野陣が若干イラっとしながらも、打たせて来いと言います。

キャッチャーは例の球を使うかと聞くと、天久はまだ時期早々だと言ったので取りあえず厳しく攻める事で落ち着き、キャッチャーはポジションに戻ります。

観客席で見ていた渡辺達は次のバッターが真田なのでスクイズなのか、打って来るのか全く読めませんでした。

そして天久は集中している真田に外角にストレートを投げ、真田はバットを振りますが空振りしました。

ストレートは149km/hを記録していました。

田原監督曰く天久は秋大以降は時折逃げ出す事があったが、向上心だけは持ち続けていたとの事。

そして天久は2球目にカーブを投げてストライクを取ります。

更に3球目に得意のスライダーを投げて真田を空振り三振に取ります。

以前、真田に打たれている天久は取りあえず借りを1つ返したと思っていました。

そして今日は四番に座っている三島が高笑いしながらバッターボックスに立ちます。

しかし、天久の投球の前にあっという間に三振に抑えられました。

三島は次こそ打つと意気込んでいる中、次のバッターの友部はギアが上がったのかと思っていました。

薬師の応援席では何とかこの回で何点したいと呟いていました。

友部は只では終わらせないと思いながら打席に立ちます。

(1年で先発 おまけにクリーンナップ 期待されてんだな…ゴールデンルーキー)

天久はこう思いながら友部に対して投げ、あっという間に三振にしました。

その時のストレートの球速は151km/hで観客席は大盛り上がりしていました。

『薬師のクリーンナップを三者連続三振 圧巻のピッチングでこのピンチを切り抜けました エース天久光聖』

実況席からこのような声が流れ、天久はベンチへと戻ります。

野手陣と田原監督は天久の頑張りを称えるのでした。

ここまでが173話のあらすじです。では続いて174話の展開を予想してみましょう!

ダイヤのA actⅡ最新174話のネタバレ展開予想!

ここからは174話の展開予想をしたいと思います。

173話では天久は得点圏にランナーを進められながらも連続三振に抑えたところで終わりました。

174話は

立ち上がりを切り抜けた天久が完全に立ち直って薬師相手に好投をするのではないかと思います。

天久は元々立ち上がりが課題の投手でした。

その投手が立ち上がりを無失点で切り抜けたのですから、ピッチングに勢いがつくはずです。

立ち上がりの他にも少々ムラッ気があるのが欠点ですが、恐らく問題ないと思います。

天久は3年生でこの大会が最後の大会になります。

なのでムラッ気を起こして、試合を落としてしまうような事はしないと思います。

相手は去年の秋大で敗北した薬師なので、なおの事負けられないという思いが強いはずです。

天久が一時部活から離れた際も、当時の三年生達が薬師に負けているのを見ているので絶対に勝つと意気込んでいるはずです。

それに田原監督が余り好んで使う言葉ではないジーニアスと評された投手ですから抑えていくのではないかと思います。

そして天久の好投に応えるように打線が点を取ってくれると思います。

投手が調子よく抑えると、リズムが良くなって打線も点を取りやすくなると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ダイヤのA actⅡ最新174話の展開を予想してみました。

私は天久はこのまま好投を続けるのではないかと思います。

天久は立ち上がりが課題で、今回もピンチを招きましたが見事に抑えました。

次の回からは完全に立ち直って薬師打線を次々と抑えていくのではないかと思います。

そして打線も天久を助けるかのように、得点を上げるのではないかと思います。

一体どんな展開になるのか、7月10日の発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!