ダイヤのAactⅡ

【ダイヤのAactⅡ】最新175話のネタバレ予想!友部が抑える?

【ダイヤのAactⅡ】最新175話のネタバレ予想!友部が抑える?
Pocket

2019年7月17日発売予定の少年マガジン33号掲載のダイヤのAactⅡ最新話175話の展開をネタバレ予想したいと思います。

天久が薬師打線を抑え、一回の裏を迎えました。市大打線は先発ピッチャーの友部を攻め立て、ワンアウト三塁のチャンスを作ります。三番の宮川が倒れ、四番の星田を迎えました。

友部が抑えるのか、それとも市大が先制点を取るのか、果たしてどっちなのでしょうか!?

まず最初にその前に174話について振り返り、それを受け175話の展開を予想していきます。

ダイヤのAactⅡ174話のあらすじ

一回裏、市大の攻撃は千丸を迎えていました。

千丸は春大の時はベンチで背番号は二桁なので、データは少なめでした。

観客席にいた青道の高島が言うには千丸は元々投手だったが、今年は野手に専念したとの事。

 

友部は轟監督から3点までなら上出来だと言われていたが1点もやる気は無く、早速1球目を投げます。

千丸は友部は図太い神経をしていると思っており、その性格が自分にもあればと思いながら初球を打ちました。

 

その打球はセンターオーバーのヒットとなり、二塁まで進んだのでツーベースヒットとなりました。

 

(投手としての才能を開いてやることはできなかったが…今のそのポジションは君の努力で掴んだものだ)

 

田原監督は塁にいる千丸を見ながらこう思っていました。

バッターボックスには2番の森が入ると、早速バントの構えをします。

友部が投げたと同時にバントの構えをやめて、ヒッティングをしました。

一二塁間を抜けるヒットになりそうでしたが、セカンドの増田が捕って一塁に投げてアウトを取りました。

 

しかし、その間に千丸は三塁に行ったのでワンアウト三塁となり、三番の宮川を迎えました。

 

この後は四番と五番なので、普通に点が入ると思った天久は寝ようとしていたので止められます。

田原監督は薬師の守備はかなり鍛えられているから、以前のようなミスからの得点は期待しないほうがいいと選手達に言います。

 

対する轟監督は初回の天久の投球から、一点でも多く抑えてほしいと思っていました。

 

「フハハハ 心配はいらんぞ友部ー!!」

 

「いらーん!!」

 

友部に三島と轟が大声で励まし、自分達がいるから思いっきり投げろと言います。

対する友部は騒がしいのに慣れたと思っており、真田を始め他のメンバーも声を掛けます。

友部は秋葉を構えたところ目掛けてボールを投げ、宮川は思いっきり打ちます。

打球は三塁線を襲うが、ファールになりました。

続いて同じコースを投げて、もう一度ファールにして追い込みました。

 

薬師はこれまで激戦を経験してきて、弱点が多いほど相手に容赦なく攻められる事を覚え、守備をしっかりしないと全員が思っていました。

 

友部が3球目を投げ、宮川がそれを思いっきり打ってセンターへと運びます。

 

しかし、それはセンターフライではあるが犠牲フライになりそうだったので千丸は走ろうとしていました。

センターの阿部は捕球して千丸は走ろうとしますが三塁コーチャーが止めます。

 

何故なら阿部の送球はワンバウンドではあったが、ストライク返球だったからです。

そしてツーアウトを取り、四番の星田を迎えました。

 

ここまでが174話のあらすじです。では続いて175話の展開を予想してみましょう!

 

ダイヤのAactⅡ最新175話のネタバレ展開予想!

ここからは175話の展開予想をしたいと思います。

174話では先発の友部が三番の宮川を抑え、四番の星田を迎えたところで終わりました。

175話は友部が抑えるのではないかと思います。

一年生は大体この時期は身体作りがメインで、使われるようになるのは秋の大会からです。

夏の大会から使われるのは大会が始まるまでに結果を残した者だけです。

なので友部は結果を残したと言うべき選手だと思います。

目の前にいる市大打線は薬師の打線にも引けを取らない程、打力が強いです。

一番と二番に言い様にやられましたが、三番はセンターフライに抑えました。

しかもワンアウト三塁の状況で、三番バッター相手に躊躇なく内角を投げ切れるのは千丸が言っていたように、並大抵の度胸が無くては出来ません。

そして四番の星田相手にも宮川と同じような攻めかつ甘い球を投げなければ抑えることが可能ではないかと思います。

 

果たして実際はどんな展開になるのでしょうか。7月17日の少年マガジン発売を楽しみに待ちましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ダイヤのAactⅡ最新175話の展開を予想してみました。

私は友部が天久と同じように無失点に抑えると思います。

彼は一年生でマウンドに上がっているので、それ相応の実力があるはずだと思われます。

それに名門校である市大相手に臆せず投げているので、甘い球さえ投げなければ抑えるのではないかと思います。

一体どんな展開になるのか、7月17日の発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!