名探偵コナン

名探偵コナン2020映画劇場版の主役は赤井秀一?メインキャラを徹底予想!

名探偵コナン2020映画劇場版の主役は赤井秀一?メインキャラを徹底予想!
Pocket

2019年4月12日『劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が公開され大ヒットしましたね!

1997年の第1作目より毎年公開されている劇場版名探偵コナンも、今作で第23作目を迎えました。

そんな中、コナンファンの間では早くも、来年2020年の第24作目への期待が大いに高まっています。劇場版コナンでは毎回主役が誰なのか注目されますよね!

そこで今回は、来年2020年に公開される名探偵コナン映画劇場版の内容を予想してみました。

名探偵コナン2020映画の主役候補は誰?

現在のところ名探偵コナンの2020年劇場版の主役候補は「赤井秀一」と予想しています。

 

赤井秀一は黒の組織を追っている、アメリカ合衆国のFBI捜査官で父親の不審死の謎を追い、入局します。

かつては諸星大と偽名を使い、潜入捜査官として黒の組織に潜入していていました。

特に射撃の腕は組織内でも右に出る者はなく、組織への貢献度の高さから「ライ」のコードネームを与えられていました。

潜入中にFBI側の同僚のミスによりNOC(スパイ)だということがバレ、やむなく組織から離脱します。

当初は江戸川コナンから黒の組織側の人間だと警戒されていましたが、素性が判明してからは協力関係を結ぶようになります。

現在は黒の組織から雲隠れするため、沖矢昴と名乗り、変装をした上で工藤家に居候しています。

 

さて、なぜ赤井秀一が2020年コナン映画の主役だと予想されるのか。

それにはいくつかの理由があります。それを続いて詳しくみていきましょう。

 

赤井秀一がコナン映画2020の主役予想はなぜ?

続いて、赤井秀一は名探偵コナンの2020劇場版で主役(メインキャラ)ではないかと予想する理由を挙げていきます。

赤井秀一メインキャラ濃厚説①:2020年コナン映画 予告映像

ここ近年、コナン映画では本編終了後に翌年の予告映像が流れます。

映像では翌年の内容のキーワードになるような物や風景が映し出されるのですが、最も注目すべきは予告映像内のセリフにあります。

セリフをしゃべるキャラクターこそが、次回作でメインキャラクターとなることが多いのです。

さて。2020年映画の予告では、

 

満月の夜、ネオンの煌めく夜景が映し出されている。

次の瞬間には、それらをライフルスコープから覗いているようなカットが。

そして、

「届け、遥か、彼方へ」

声の出演:赤井秀一

 

このような映像が流れました。

公開当初、映画館での反応がすごかったようですね。

劇場内では、赤井秀一の声が流れた途端、客席からは歓声が上がり、予告が終了すると拍手が沸き起こったとか。

赤井秀一の人気の高さがうかがえる現象です。

次回作のメインが赤井秀一だった場合、2020年は「赤井の女」が量産されるのは間違いないでしょう。

 

赤井秀一メインキャラ濃厚説②:予告映像のライフルスコープと満月

2020年コナン映画の予告映像ではライフルスコープ越しに見える風景と満月が映し出されていました。

名探偵コナンでライフル使いと言えば、一番に名前が上がるのが赤井秀一であろうことはコナンファンの共通認識と言っても過言ではありません。

そして満月ですが、原作は42巻、アニメでは『黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー』を連想させます。

この回では、赤井秀一がFBI捜査官だと判明した回であり、黒の組織のボスは赤井秀一を銀の弾丸(シルバーブレット)として恐れているということをジンとベルモットが会話しています。

ちなみに、ベルモットはコナンのことも組織を壊滅させうるシルバーブレットと期待を寄せています。

※銀の弾丸(シルバーブレット)……西洋の信仰で、悪魔や狼男を一撃で仕留められるとされています。また、シルバー・ブレットの名のカクテルもあり、魔除けの酒ともされています。

赤井秀一メインキャラ濃厚説③:コナンファンイベント「青山剛昌先生と話そうDAY2019」

毎年開催されている、原作者の青山剛昌先生に会えるというファンイベントです。

今年は2019年1月3日に鳥取県の青山剛昌ふるさと館にて行われました。

ここではファンが直接青山先生に質問に答えてもらえるのですが、ここで2020年の映画に関わってくるだろう質問がありました。

「赤井秀一と安室透が共演する映画は今後ありますか?」という旨のものです。

ほとんどの質問は基本的にSNSでの情報流出が禁止されていないようなのですが、この質問の回答に関しては、会場限定ということでSNS拡散が禁止されています。

回答を会場限定にした時点で、2人の再共演があるのではないか。と逆にネット上では話題になっていました。

そこへ、紺青の拳公開で解禁になった2020年の映画予告。

ネット上のファンの予想はさらに盛り上がり、赤井秀一主役説に拍車が掛かりました。

 

赤井秀一メインキャラ濃厚説④:第22作目『ゼロの執行人』による安室透の活躍

2018年のゼロの執行人では、安室透(本名:降谷零)にスポットライトが当たり、彼のための映画といっても過言ではありませんでした。

しかしこの安室透、実は原作・アニメ共に初出演は赤井秀一よりも後なのです。

それなのにも関わらず、なんと安室透が赤井秀一よりも先に映画のメインキャストに抜擢されてしまいました。

映画の主役キャスティングでは安室透に出遅れたものの、ここにきて赤井秀一がメインキャストに選ばれない理由は無いでしょう。

それにしても、赤井秀一を目の敵にしている安室透からしたら、自分が先にというのはドヤ顔ものでしょうね。

 

まとめ

2020年コナン映画のメインキャストに焦点を当てて予想をしてきました。

本当に赤井秀一がメインキャスト説が実現すれば、彼は次回作で3本目の映画出演になりますね。

初登場:第18作目 異次元の狙撃手(スナイパー)

2回目:第20作目 純黒の悪夢(ナイトメア)

3回目:第24作目 【タイトル未定】←NEW!

満を持しての登場です。

前2作品共、赤井秀一の見せ場や衝撃のサプライズが用意されていました。

今度はどんな興奮を我々コナンファンに与えてくれるのでしょうか。

いまから次回作の公開が楽しみですね!