名探偵コナン

名探偵コナンの京都聖地巡礼!映画迷宮の十字路(クロスロード)のロケ地を調査!

名探偵コナンの聖地巡礼!映画迷宮の十字路(クロスロード)のロケ地を調査!
Pocket

皆さんは名探偵コナンの聖地巡礼をしたことはありますか?

コナンでは国内・海外ともに実際に存在する場所がモデルになっていることが多いですよね。

まだ行ったことはなくても興味を持っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、コナンの作品の中でも特に名所が多く登場したであろう映画『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』にスポットをあてて、その映画に登場したロケ地を調査していきたいと思います!

「まだ行ったことがないけど、行ってみたい!」という人にも参考になるのではないかと思いますので、是非ご覧ください!

名探偵コナン 迷宮の十字路の聖地巡礼しよう!

それでは早速、『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』の聖地を巡礼できるようにロケ地をご紹介していきたいと思います!

迷宮の十字路の舞台となったはおもに京都です。

その京都のロケ地名所を見ていきます!

五条大橋

住所:京都市下京区五条通河原町東入る


京都市を流れる鴨川(かもがわ)に架設された橋で、アニメでは依頼人からの手紙の謎を解くためコナンが最初に訪れた場所になります。

五条大橋は弁慶と牛若丸が出会った場所とされる逸話もあります。

 

五条天神

住所:京都市下京区にある神社


五条大橋で服部と遭遇し、京都に詳しい服部とともに、暗号を解く鍵となる場所めぐることとなり、服部のバイク二人が最初に向かった場所がこちらです。

病気退散・厄除け・農耕・医薬の神として信仰されているお寺で、武蔵坊弁慶出生や義経・弁慶の出会いに深く関わる神社として登場します。

 

弁慶石

住所:京都市中京区三条通麩屋町東入ル弁慶石町


「弁慶がいつも腰かけていた石」や、「比叡山から投げられた石」などの逸話があるといい訪れますが、暗号解読には関係ないと判断し、映画内で登場するのはほんの少しです。

 

清水寺

住所:京都府京都市東山区清水にある寺院


こちらは有名な観光地なので、学校の行事や、紅葉の季節などに訪れたかたも多いのではないでしょうか?

こちらは蘭と園子が観光に訪れるシーンで登場し、一人できていた和葉と出会う場所でもあります。

清水寺は法相宗系の寺院で、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つであります。

 

蹴上インクライン疎水公園

住所:京都府京都市東山区東小物座町


昼食前に「義経大日如来」のある疎水公園を訪れます。その名の通り源義経にゆかりのある石像です。蹴上の由来とされる話で、馬が蹴り上げた泥が義経の衣にかかってしまい、それに激怒した義経が9騎の平家武者全員を切り殺してしまったという話があります。のちに、このことを悔やんだ義経が9人の菩堤を弔うために9体の石仏を安置し、その一つがこの「義経大日如来」と言われています。

 

僧上ケ谷不動堂

住所:京都府京都市左京区鞍馬本町


弓矢で服部を狙う犯人に命を狙われたのがこの場所です。

このシーンから服部を狙った犯人との追跡劇が始まり、大迫力のバイクシーンが見ものです!

「鞍馬天狗」の舞台として知られ、牛若丸(経源義)と鞍馬天狗が出会った所と伝えられています。

 

鞍馬寺・鞍馬駅

住所:京都府京都市左京区鞍馬本町

コナンと服部がバイクで犯人を追う際に通り過ぎる場面で、シーンとしては一瞬ですが、かなり忠実に描かれています。

映画内では服部が線路に入り、「道路交通法違反。免停だなこりゃ。」とコナンがつぶやくシーンがおもしろく印象的です(笑)

皆さんは実際に電車に乗ってみて、二人が走った道を見てみるのがいいのではないでしょうか?

 

六角堂

住所: 京都府京都市中京区堂之前町

コナン・服部の捜査中に博士や灰原、少年探偵団のみんなと遭遇し、

「元太とはぐれたからコナンの追跡メガネで元太のいる場所まで案内して欲しい」

と言って彼らと合流する事となり、元太が待っていた場所が六角堂となります。

 

仏光寺

住所:京都府京都市下京区新開町

メモの暗号が京都の通りを示しているのではないかと推理したコナンが暗号と地図を照らし合わせ導き出した場所が仏光寺となります。

天正14年(1586)、豊臣秀吉によって現在の地に移され、通りの名前にもなっているお寺です。

 

戻橋

住所:京都府京都市上京区役人町

父の死を遠くで聞いた子が急いで京都に戻ってみると、その葬列はちょうどこの橋の上を通っていた。そのとき父は一時的に蘇生し、父と子は言葉を交わしたという伝説がある。

灰原がこの文を見つめながら立っていたのが「戻橋」になります。

今作では、服部と和葉の恋愛模様に加え、所々で蘭の新一に対する切ない思いも描かれており、「一時的に蘇生し、父と子は言葉を交わした」といった文章のように蘭と新一が出会い、一瞬言葉を交わすシーンがこのあとに訪れます。

 

玉龍寺

住所:京都府京都市左京区鞍馬本町(鞍馬寺の本殿)

みなさんも御存じかとおもいますが、ここがラストの”服部VS犯人”との戦いが繰り広げられた場所となります。

「寺を上空から見ると”玉”と言う字になる」と言ったコナンのセリフがあり、特に印象深いお寺にはなりますが、残念ながら、調べてみた結果”玉龍寺”と言う寺は存在しないお寺で、架空の場所となります。

モデルとされたのが鞍馬寺の本殿と言う話があるので、聖地巡礼の際に寄ってみてはいかがでしょうか?

 

「迷宮の十字路」の聖地巡礼をしたファンの声

https://twitter.com/jima07207743/status/1150771744984010752

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は有名な場所が舞台となることが多い名探偵コナンの作品の中から、映画「迷宮の十字路(クロスロード)」のロケ地となった京都の聖地巡礼についてご紹介していきました。

こうしてまとめてみると、なおさら聖地巡りに興味がわいてきますね。

皆さんの参考になっていたら嬉しいなと思います。

コナンは普段のアニメ作品でも実際の場所を再現した場所が多く、映画にも度々登場しますので、そのあたりにも注目してみてみると、また楽しいかと思います♪

機会があればぜひ行ってみてください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。