名探偵コナン

名探偵コナン漆黒の特急(ミステリートレイン)はアニメの何話?安室やベルモットも

名探偵コナン漆黒の特急(ミステリートレイン)はアニメの何話?安室やベルモットも
Pocket

アニメ『漆黒の特急(ミステリートレイン)』シリーズをご存じでしょうか?

四作にわたる長編ストーリーで、登場人物もとても豪華で名探偵コナンファンであれば知らない人の方が少ないくらい人気の作品だと思います!安室透やベルモットも登場していますね!

今回はそんな人気の高いアニメ作品、『漆黒の特急(ミステリートレイン)』シリーズについて、“アニメの何話なのか” “見どころは?”などについて調査していきたいと思います!

 

漆黒の特急(ミステリートレイン)はアニメで何話?

まず、こちらのシリーズは、

アニメ第701~704話『漆黒の特急 (発車/隧道/交差/終点)』

にわたる四作品となっています。

漆黒の特急シリーズ全四作の合計放送時間が約100分、映画が通常約120分なので、これだけでも十分映画さながらの見ごたえあるストーリーとなっています!

このシリーズの見どころは、まず列車内で起きる事件、それを解いていくコナンや世羅の推理ショー、そしてなんといっても今回は灰原の命を狙った黒ずくめの組織との掛け合いです!

アニメではご存知の蘭や毛利小五郎、少年探偵団はもちろん、今回はそんな黒ずくめの組織に立ち向かうため、工藤有希子矢昴(赤井秀一)怪盗キッドまでも登場する、かなり豪華な面々となっているのも、このシリーズの見どころです。

それではさっそく、一作品ごとを細かく見ていきましょう!

 

漆黒の特急(ミステリートレイン)の見どころ紹介

発車

鈴木財閥がオーナーであるベルツリー急行という列車に乗車することとなった、コナン、蘭、毛利小五郎に、少年探偵団。

さらに博士や灰原、世羅真純まで、名探偵コナンの主要メンバーはほとんどこの列車に乗車することとなり、“行き先不明のミステリートレイン”と銘打った列車は彼らを乗せ、東京を出発します。

そしてこの列車のもうひとつの魅力は車内で行う推理クイズです。乗客からランダムに被害者役と犯人役が選ばれ、残りの乗客が探偵役となり犯人を突き止めるというものでした。

出発してまもなく、推理クイズが始まりコナンたちは謎の解明をはじめるのですが、なんとこのゲームは誰かが仕組んだ偽物の内容で、このとき、被害者役として殺された室橋と言う男が本当に殺害されていることが判明します。

 

漆黒の特急 (隧道)

彼が死亡していた現場の状況から、自殺に見せかけた密室殺人と推理したコナンは、探偵である世羅や毛利小五郎とともに事件の捜査にかかります。

そのころ灰原はこの列車で殺人事件とは別に、なにか異様な空気を感じており終始怯え、その証拠に車内には怪しい人物が度々現れるのです。

そして、終点である名古屋駅にはなんとジンとウォッカの姿もあり、

ベルモットから「シェリー(灰原)の姿を車内で確認した」との連絡をうけ、灰原のもとにもベルモットから殺害予告ともとれるようなメッセージが送られてきます…。

 

漆黒の特急 (交差)

組織の手が灰原のもとへと着実に近づくいてくるなか、事件の推理をしていたコナンらは過去の火災事件との結び付きに気がつき、今回の殺害はそれが原因と突き止めます。

そして、この列車に居合わせ、さらに火災事件に関係のある人物それぞれに話を聞いてまわります。

その捜査のかいあって、コナンが事件の真相に気がつき、いよいよコナンによる推理ショーとなります。

 

が、そのころ世羅は顔に火傷をおった男に遭遇し、「誰だ!」と問いただすが、

彼の言葉に世羅は兄である赤井秀一だと勘違いしてしまい、その後スタンガンで気絶させられてしまいます…。

 

漆黒の特急 (終点)

今回の密室殺人の謎が全てとけたコナンは、関係者を全員集め、いつものごとく毛利小五郎を眠らせ、変声期で声を変え、彼らに真実を解き明かします。

そのころ、別室ではベルモットと工藤有希子が対峙しており、有希子は、コナンや灰原が幼児化した姿であることをベルモットが知っていながら、それを組織に黙っているのはきっと何かあるんじゃないかとコナンが推測していると言うことを告げますが、有希子が話を続けようとするとベルモットは有希子に拳銃を向け、「手をひきなさい有希子!」と脅します。

それに続き、自分の命が狙われていることに灰原が気づけば彼女は周りを危険にさらさないため解毒剤でもとの姿に戻る、それを予想した有希子が、もとの姿に戻る前に灰原を保護し、有希子が灰原の元の姿に変装し組織に殺されたふりをして、組織の目を欺こうとしていたのだろうと有希子の計画を全て見抜きます!

そうして灰原の行動をも全てよんでいるベルモットは仕掛けていた発煙筒で灰原をあぶり出し、その予想も見事的中。

灰原は組織のコードネームであるバーボンの名を持つ安室透に捕まってしまうのです。

灰原を貨物車へと連れていき、連結部分を爆破しその後貨物車に残った灰原を組織が引き取りに来るという作戦をバーボンから聞かされますが、そこには貨物車ごと吹き飛ぶほどの爆弾が設置されており、ここで灰原を殺してしまおうと考えたベルモットの仕業だとバーボンも気づきます。

それなら…と、彼も次の行動に出ようとしますが、その瞬間後ろの扉から謎の男が現れ手榴弾を投げ込み連結部分が外れ貨物車に取り残された灰原もろとも爆発してしまうのです!

その後、爆発の影響で近くの駅に停車することとなり、子供達を含む乗客は無事電車から脱出。

爆破を見たベルモットも灰原の始末に成功したとジンに連絡を入れます。しかし、電車から降りてきた子供達や博士と一緒になんと灰原の姿があったのです!

そう、あのときバーボンに捕まって貨物車に連れていかれたのはなんと怪盗キッド!

爆発に巻き込まれる前にハンググライダーで逃げ出した彼も無事脱出しますが、今回この列車に怪盗キッドが忍び込んでいたことに気づいたコナンが協力を頼んでいたのでした!

組織が絡んだこの大規模な計画もまたコナンによって阻止されることとなったのです。

頭脳と頭脳のぶつかり合いが見ごたえの絶えないものばかりで、今回この記事を書きながらも、とても楽しく興奮してしまいました(笑)

密室殺人の事件を解きながらも、灰原の命を狙う組織の作戦をもかわしていく、さすがのコナンの行動にはほんとに言葉がありません。

 

漆黒の特急(ミステリートレイン)を観たファンの声は?

 

まとめ

ストーリーの詳細と共に今作の見どころを伝えて参りましたが、いかがだったでしょうか?

冒頭でもお伝えしました通り、映画さながらの迫力や豪華なメンバーに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいなと思います。

一度とは言わず、何度見ても楽しめる作品となっていますので、是非ご覧ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!