名探偵コナン

アニメ名探偵コナン958話ネタバレ&959話考察!プードルと散弾銃

Pocket

2019年11月9日放送に訪ソされたアニメ名探偵コナンは、第958話「プードルと散弾銃(前編)」で、アニメオリジナルでした!

前回の放送はお休みだったので待ち遠しかった方も多数いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、アニメ名探偵コナンの第958話「プードルと散弾銃(前編)」のネタバレと次回の第959話「プードルと散弾銃(後編)」の考察をまとめてみました。

※この記事はネタバレを含みますので、知りたくない方はここで必ず戻ってくださいね!

アニメ名探偵コナン第958話「プードルと散弾銃(前編)」のネタバレ

まずは、11月9日(土)に放送されたアニメ名探偵コナンの第958話「プードルと散弾銃(前編)」をおさらいしましょう。

今回は、アニメオリジナルストーリーだったようです!

アニメ名探偵コナン第958話のあらすじ

ドッグフード会社Happywow(ハッピーワウ)の社長・火乃宮アンナ(ひのみや)の誕生パーティーに招待された小五郎・コナン・蘭の3人は、パーティー当日の午後8時頃、会場となるヨットハーバーに到着する。

港に留められた1つの大型クルーザーの上で、会社の副社長と専務がアンナにプレゼントを渡そうとしていた。

そのとき、船内に潜んでいたと思われる全身黒づくめで黒い覆面を被った男がアンナの背後に現れる。

男はアンナに向けて、散弾銃を発砲。

アンナはそのまま海へ落下し、死亡が確認される……。

 

アニメ名探偵コナンの第958話のネタバレ

お祭りのように打ち上げられる花火。
ドッグフード会社Happywow(ハッピーワウ)の社長・火乃宮アンナの誕生祝いのもの。

小五郎・コナン・蘭の3人は、そんなアンナの話をしながら歩いていると前方のクルーザーの上から3人の名前を呼び、手を振るアンナの姿が見えた。

・火乃宮アンナ(ひのみや あんな)24歳 : ドッグフード会社Happywow社長

小五郎が腕時計を確認すると時刻は、午後8時を指していた。

笑顔で手を振り返す小五郎。

クルーザーの上では、会社の副社長・稲村と専務・真知子がアンナへ、お祝いのプレゼントを渡そうとしていた。

・稲村幸四郎(いなむら こうしろう)45歳 : ドッグフード会社Happywow副社長
・江波真知子(えなみ まちこ)31歳 : ドッグフード会社Happywow専務

喜び、今があるのは2人のおかげだと感謝するアンナ。

稲村からは、アンナの生まれ年のシャンパンのプレゼント。
その場で開けて、グラスに注ぐ。

真知子がプレゼントを出したとき、アンナの背後に全身黒づくめ黒い覆面を被った男が現れる。

アンナ「な…なんで…」

アンナが驚いたのも束の間、男はアンナに向けて散弾銃を発砲。
撃たれたアンナは、コナン達の目の前でクルーザーから海へ転落し、その後、死亡が確認された。

アンナ1人の殺害が目的だったのか、男は、その場を荒らして、クルーザーから飛び降り、逃げる。

それを追う小五郎とコナン。

だがしかし、男はハーバーに並べられたヨットの上を軽快に次々に飛び移り、逃げ切ったのだった……。

 

―――OP。

 

現場には、駆け付けた目暮警部たちが捜査を始める。

事情聴取で、稲村と真知子が証言したものは、小五郎・コナン・蘭も目撃しており、間違いはなかった。

コナンは、遺体となったアンナの手がブルーシートからはみ出ていたので観察すると、爪に塗られたマニキュアに何やら傷跡があることに気付く。

直後、小五郎につままれ、投げられる。

投げられた先は、半地下にあるクルーザーの部屋で、間一髪、そこにいた高木刑事に抱きとめられた。
高木刑事は、その反動で尻餅をつくことに。

コナンが落下したその部屋は、アンナの会社の新商品であるドッグフードが散乱していた。

突如、部屋にあるロッカーから物音が聞こえる。
小五郎を先頭に恐る恐るそのロッカーを開けると…中には、手を縛られ、口を塞がれ、頭から血を流した1人の男がいた。

・森島草太(もりしま そうた)22歳 : ドッグフード会社Happywow社長秘書

話を聞くと、誕生会に呼ばれたから船内にいたのではなく、秘書としての仕事をするために開始時刻の1時間前である午後7時に会場に来て、パーティーの準備をしていたという。

半地下の船室に荷物を運んでいたところ、背後からいきなり頭を殴られ、銃声に気付いて目を覚ますと、そこはロッカーの中だったようだ。
ちなみに散乱したドッグフードは、森島が殴られたときのもの。

目暮警部に、銃声に気付くまで気を失っていたのかと聞かれた森島は、肯定はしたものの微妙に感じられた。

ここまで、副社長・専務・秘書と事情聴取をしたが、誰も犯人の顔を見ていないので特定するのは難しいと考えられた。
だがしかし、副社長と専務は、犯人はあいつしかいない、と1人の男の名を出した。

・豹藤誠(ひょうどう まこと)38歳 : アンナの元カレ

豹藤のことは、小五郎も知っていた。

豹藤は、アンナの元カレで、経営コンサルタントを名乗っていたが、その実態は詐欺師。
嘘の投資話でHappywowから約5000万ほど騙し取っていたり、アンナ個人にも多額の借金をしていた。

正確な被害金額は、アンナ自身しかわからないが、ちゃんと返済請求をした方がいいと周りの人間は何度も言っていた。

豹藤を許さない、と駆け出す小五郎を高木刑事が追う。

コナンは、森島に質問をする。

アンナのプレゼントは、森島が持ってきたものなのか?
その答えは、ノーで、稲村がシャンパン、真知子が腕時計と、それぞれ持ってきたものでどちらも高級品。

なぜ中身を知っているのか?に対しては、忙しい2人の代わりに森島が買いに行ったから。
船室にドッグフードを運んだのは、アンナが愛犬を連れてくると思ったから。

アンナはいつも、プードルのサリーと一緒だったのだ…がこの日は連れていなかった。

コナン《まさかアンナさん…予感してた?》

一方その頃、豹藤を見つけ出し、問い詰める小五郎とそれを止める高木刑事。

豹藤からは新証言が飛び出し、副社長の稲村がアンナを殺害した犯人だと言い出した。

稲村は、散弾銃を持っていたのだ。

その証言を元に、稲村に問うと、クレー射撃が趣味で持っていたという。
だが、つい最近、3日前に出掛ける準備をしていたら車ごと盗まれたようだった。
稲村は、盗難届も出しているし、事件とは関係ないと言い切る。

それは偽装工作だ、と豹藤は、証言を追加する。

真知子が散弾銃を盗んで殺害したのではないか。

なぜなら売れないアイドルだったアンナを拾い、仕事を教えたのに立場が逆転したこと。
豹藤を若いアンナに取られたこともあり、憎んでいたという動機があったから。

真知子は、デタラメだと言い張った。

豹藤こそ、動機があると稲村と問い詰めるが、アンナがいなくなって一番得するのは稲村ではないのか?と返される。

アンナを社長にしたのは、稲村のアイデアで、その会社が軌道に乗れば、アンナは必要ない、寧ろ邪魔なのではと。

証拠がなく、何とも言えないので、今度はアリバイを聞くことに。

犯人がクルーザーに潜んでいた午後7時~8時の間、どこにいたのか?

豹藤は、正直に白状するといい、実はその時間、アンナのマンションに空き巣に入っていたと証言する。

アンナの部屋の合鍵を持っていること、パーティの開催時間を知っていたことから、ほんの出来心でその留守中を狙ったようだ。
午後7時20分頃、現金3万を盗むが、その代わり(?)にジムのメンバーズカードを落としたから調べてほしいという。

アンナのマンションは、現場から海岸沿いを西に10kmほど行ったところにあり、車でも片道15分は掛かることも含め、自信満々にアリバイを証言した。

―――――――――――

アンナのマンションに向かう高木刑事と、ついてきたコナン。

豹藤の証言通り、部屋にはジムのメンバーズカードが落ちていた。

コナンは、部屋にあった豹柄のワンピースが気になるようで中を覗く。
ワンピースには、タグが付いたままだった。

それを止める高木刑事の足元に、部屋にいたプードルのサリーが噛みつく。
そのサリーを止めるコナン。サリーはコナンに懐いている様子。
船では尻餅をつき、犬には噛まれるし…で散々の高木刑事。

コナンに、《お手》をしたサリーの爪には、何やら塗料が…。

部屋にあるテーブルの下には、ペットカメラが置いてあった。

ペットカメラの特性に気付き、アンナのスマホを調べると、その映像には豹藤の供述通りのことがおさめられていた。

空き巣の顔は判別できないが、空き巣は飛びついてくるサリーをかわしているようだった。

豹藤は、ペットカメラがあることがわかった上でわざとカードを落としたのではないだろうか?と疑う小五郎。
全てはアリバイ偽装の為で、空き巣は豹藤ではなく、共犯者ではないのかと。

あくまでシラを切る豹藤。

しかし、共犯者がおらずともアンナを殺害することは可能だとコナンが言う。

船内に潜んでいた時、森島は気絶していた。
その間に抜け出して、ペットカメラに自身をおさめることもできるのではないか?

ただし、森島が本当に気を失っていればの話。

この話をきっかけに森島が新しく証言をする。

実は、ずっと気絶していたわけではなく、ロッカーに入れられたあとすぐに意識は戻っていたというのだ。
覆面の男の後ろ姿を見ていたが、起きていると気付かれると何をされるかわからない恐怖で気絶しているフリをしていたのだという。

そのときに危険を知らせておけば、アンナは殺されずに済んだかもしれないという背徳感で黙っていたようだ。

どうしてコナンは、森島の意識があったことに気が付いたのか?

それは口を塞がれ、手は縛られていたが、目隠しはされていなかったから。
犯人は、森島がすぐに目を覚ますこと、起きてもロッカーで大人しくしていることをわかった上でそうしたのではないかと推理する。

最初から森島をアリバイの証人にするために。

数々の証言から、空き巣に入っていた豹藤にアンナの殺害は不可能。

早く空き巣で逮捕してほしいと自ら警察に頼む豹藤。

目暮警部は、豹藤を逮捕するにはまだ捜査が必要だとその場を収め、明日また事情聴取をすることに。

それを聞いた豹藤は、今日のところは帰らせてもらうと歩き出した。

そこに近付いてきたサリーから逃げ、ヨットに飛び移った豹藤。

その姿は、アンナを撃った犯人と明らかに同じ軽快さの動きだった。

小五郎もコナンもそれに気付く…が証拠がない。

確かなことは、アンナを散弾銃で撃ったのは、間違いなく豹藤だったということだった……。

 

―――――EDへ。

 

クルーザーの下で何かを探す豹藤。

その背後には、散弾銃を振りかざす怪しい影。

豹藤は、頭部を撲殺され、犯人は散弾銃を投げ捨て、その場を去る……。

 

 

次回に続く……。

 

Next Conan’s HINT

「ペットカメラ」

今回の「プードルと散弾銃(前編)」にもペットカメラは出てきていました。

その映像の中にヒントがあったのか?
それとも後編で、映像の中に新たな証拠を発見するのか…?

意識して見てみましょう!

アニメ名探偵コナン第959話「プードルと散弾銃(後編)」の考察

次に、11月16日(土)に放送予定のアニメ名探偵コナン第959話「プードルと散弾銃(後編)」について、考察していきましょう。

犯人予想

次回の「プードルと散弾銃(後編)」で明かされるであろう犯人を理由と共に予想したいと思います。

今回は、豹藤にアンナを殺害させ、自身の手で豹藤を殺害した真犯人という形になりますね!

あくまで、私個人の考えですのでご考慮ください…!

ズバリ!真犯人は?

森島草太

ドッグフード会社Happywow社長秘書

 

理由

なぜ、豹藤にアンナを殺害させ、自身の手で豹藤を殺害した真犯人が森島草太だと思ったのかについて、まとめてみました。

 

1番の理由は、ドッグフードの臭いがついているということ!

「プードルと散弾銃(前編)」で、サリーが飛び掛かった人達はドッグフードの臭いが染みついていたのではないでしょうか?

クルーザー船内にばら撒かれたドッグフード。
このとき、船内に長くいた人達に染みついたと考えられます。

小五郎・蘭・コナンの3人は、臭いが付くほどはその場にいなかったと考えます。

まずは、アンナを殺害したと思われる豹藤。
アンナを狙撃するために船内に身を隠しており、「今日は帰らせてもらう」と帰ろうとしたときにサリーが追いかけてきました。

次に、お尻を噛まれた高木刑事。
船内を捜査しているときに長くいたため、染みついてしまったのではないか?
それにより、アンナのマンションに訪れた時に美味しそうなニオイがして飛びついてきたのでは?と考えます。

最後に、空き巣に入った人間。
ペットカメラに収められた映像で、サリーに飛びつかれていました。

稲村や真知子には、サリーが向かっていかないことと高木刑事を除くと残るのは、豹藤と森島のみ。

森島の証言により、豹藤のアリバイは左右されてしまうので、森島は、豹藤を雇ったのではないかと思います。

詐欺で奪った5000万のことやアンナからの個人的な借金も、アンナさえいなくなればチャラにできるのは、豹藤にとっては嬉しいこと。

アンナを殺害した犯人をずっと船で見ていたと証言するから…と「空き巣」という殺人よりも軽い罪で一度捕まってくれとお願いしたような気がします。

豹藤が空き巣にこだわる理由や、森島以外の2人の動機ばかり証言することもこれを超えた先を見据えているからではないでしょうか?

森島にだけ動機がないというのは、どうなのでしょうか?

 

豹藤の件は見てきましたが、では一体、森島の動機は何なのか?

愛犬・サリーのため

これ一択です!

アンナの愛犬だと思われていたプードル・サリーは、は森島の愛犬だったのではないでしょうか?

アンナとサリーの爪に、それぞれ一致しそうな傷跡があったのは、普段アンナは営業の為にサリーと仲良くしていただけで、本当は犬嫌い。

その為、サリーを追い払うときに傷がついてしまったのではないか?

また、ペットカメラもサリーの為ではなく、自分の部屋の為に置いていた。
サリーが悪さをしないように。

豹柄ワンピースがタグ付きだったのは、サリーが苦手な模様で…そこに近付けないようにする為で着る用ではなかったから。

そんなサリーを営業のためだけに使うアンナが許せなかった。

普段、サリーを連れてくるのに…という発言も嘘で、必要な時以外は連れていない。

もしくは、アンナの殺害現場にサリーがいるのは危険だと判断し、わざと置いてくるように言っていたか。

アンナが撃たれたとき、姿が見えていなかったのも怪しい要因です。

 

豹藤を自身の手で殺害したのは、後々めんどくさいことになると思ったから。

 

上記のことから、豹藤にアンナを殺害させ、自身の手で豹藤を殺害した真犯人は森島草太だと考えます。

アニメ名探偵コナン第958話「プードルと散弾銃(前編)」無料配信

第958話「プードルと散弾銃(前編)」は、2019年11月16日(土)17:59まで、以下のURLで無料配信されています。

https://www.ytv.co.jp/mydo/conan/

 

まとめ

今回は、アニメ名探偵コナンの第958話「プードルと散弾銃(前編)」のネタバレと次回の第959話「プードルと散弾銃(後編)」の考察をまとめてみましたが、いかがでしたか?

私は、豹藤にアンナを殺害させ、自身の手で豹藤を殺害した真犯人は、アンナの秘書の森島草太だと考えました。

みなさんは、どんな推理をされましたか?

 

11月16日(土)放送予定の「プードルと散弾銃(後編)」が待ち遠しいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

アニメ名探偵コナン
・公式サイト : http://www.ytv.co.jp/conan/