名探偵コナン

アニメ名探偵コナン953話ネタバレ&954話(迷宮カクテル後編)考察!

Pocket

2019年9月に入って1週目のアニメ名探偵コナンが放送されましたね!

9月7日の放送は、赤井と安室の対面シーンからスタートした「迷宮カクテル」の中編でした!

「迷宮カクテル(中編)」では、犯人は明かされず、後編へと続きました。
犯人やその動機、毒の混入方法など新たな発見はあったのか?

今回は、第953話「迷宮カクテル(中編)」のネタバレと次回の第954話「迷宮カクテル(後編)」の考察をまとめてみました。

 

※この記事は、ネタバレを含みますので、知りたくない方はここで必ず戻ってください!!

※原作ありのお話なので、アニメで名探偵コナンを見進めている方向けの記事になっています。

アニメ名探偵コナン第953話「迷宮カクテル(中編)」ネタバレ

まずは、9月7日(土)に放送されたアニメ名探偵コナンの第953話「迷宮カクテル(中編)」について、おさらいしましょう。

前回の考察は、こちら

アニメ名探偵コナン952話ネタバレ&953話考察!迷宮カクテル(中編)8月31日(土)に放送されたアニメ名探偵コナンは、第952話「迷宮カクテル(前編)」。待望の赤井と安室が登場するお話でしたね!今回は、第952話「迷宮カクテル(前編)」のネタバレと次回の第953話「迷宮カクテル(中編)」の考察をまとめてみました。...

あらすじ

コナンは、小五郎・蘭、そしてコナンの勧めで同行することになった安室とともに、脅迫状が届いたという依頼人・資産家の諸岡郡蔵(もろおかぐんぞう)の元へ話を聞きに行く。

話を聞く場となった黒ウサギ亭で諸岡を狙う怪しげな人物がいないか探す中、バニーガール店員の一人・朝倉有里(あさくらゆり)がお酒を飲んで突然倒れる。

容疑者には、以下の3人が挙げられた。

・資産家の諸岡郡蔵(もろおかぐんぞう)
・諸岡の執事の深町惇史(ふかまちあつふみ)
・バニーガール店員の村上紗菜(むらかみさな)

犯人は一体誰で、どうやって有里のお酒に毒を混入したのか……またその理由とは…?

ネタバレ

前回までのコナンを簡単に振り返り、オープニングへ。

 

今回の話は、目暮警部や高木刑事の事情聴取から始まる。

まずは、資産家の諸岡。

なぜ、執事の眼鏡を主人が駐車場へ取りに?

執事・深町の奥にあるソースを取ろうとして、踏み、壊してしまった。

眼鏡のレンズを拭いて、テーブルに置いたはずだが…肘でも当たって落ちたのではないか?

眼鏡なしでは見えないし、危ないので、代わりに予備の眼鏡を取りに行った。

箸を持つ諸岡が映るのだが、人差し指が浮いてるというちょっと変わった持ち方をしている。

 

卵焼きにソースは珍しい?

他のバニーガール達の証言で、有里も卵焼きにソースをかけると判明。

有里は誰かのクセがうつったと言っていたようだ。

卵焼きにソースをかけている写真をスマホで見せてくれるバニーガール。

そこに映る有里の箸の持ち方もまた、人差し指だけ浮いている

 

小五郎に愛人が煩わしくなり、脅迫状も自演していたのでは?と言われ、

「お気に入りの子に毒を盛るわけがない」「(歳が)いくつ離れてると思っている」

「妻は既に病気で亡くなっている」と反論した。

 

次に、執事・深町への聴取が始まる。

メールチェックを誤り、警報音を鳴らす

眼鏡のない状態だった為、間違えたという。

コンタクトもしたことがないし、眼鏡の度数も物凄い。

テーブルに置かれたグラスが、どれが誰のか判別できない

眼鏡がなくても本当は見えてるのではないか?と小五郎が深町の眼鏡をかけるが、その度数はとてつもないもので、寧ろ、よくこんなのを掛けて見えるなというレベルだった。

 

そもそもなぜ、黒ウサギ亭に?

元々は、隣の店を贔屓にしていた。

そこにスーツの裾上げを頼んでいる間に時間つぶしに来ている。

この話を「そうですよね?旦那様」と、諸岡に問うが、そこには少し圧があるように感じた

 

最後に、バニーガール店員の紗菜への聴取が始まる。

有里のカフスにワインをかけた?

すれ違い様に、ちょっとぶつかってかけてしまった。

わざとではない。

 

紗菜の最大の動機?

黒ウサギ亭のNo,1の座を有里に奪われないように。

この店で2年間トップを取り続けており、No,1になると多額のボーナスも出る。

諸岡に贔屓にされ、売上も上がってきた有里が脅威で、毒を盛ったのでは?と疑われる。

 

コナンに「誰が犯人だと思う?」と聞く蘭。

しかし、そこにコナンの姿はなく、安室と共に駐車場へ行っていた。

 

駐車場では、コナンと安室が諸岡のボディーガード達に、深町の予備の眼鏡を取りに来た諸岡に変わった様子はなかったかと聴取をしている。

店や時計を気にしていた様子は見られなかったが、悩み事があるのでは…と最近の諸岡を気にしていた。

最近の諸岡

激痩せしたり、激太りしたり、体型が頻繁に変わる。

ちょっとした段差に躓いたり、よく転んでケガをする。

 

「ケガ」というキーワードから、突然、安室の過去の記憶が蘇る。

エレーナ「次にケガして来ても もう手当てできないよ。

先生 遠くに行っちゃうから。バイバイだね 零君…」

なぜ今あの女性(ヒト)のことを…?

過去のことを思い出してボーっとしている安室と、それを気にかけるコナンのシーンでCMへ……

 

――――――――――――――

安室の証言から3人について、行動をまとめるが諸岡や紗菜の行動は一瞬に起こったことで、深町はそもそも目が見えないということで難航する。

すると、他のバニーガール店員たちが思い出したことがある、と話を始める。

深町が1人で店に来たことがある

店の予約かと思ったがそうではなく、有里に用があった。

有里と2人で店の裏に行き、最初は笑顔で話していたが深町が分厚い封筒を出したら一転、表情が曇り、険悪なムードに。

やはり、有里は諸岡の愛人で、その封筒の中身は手切れ金。
そんなはした金は受け取れないと言われ、腹いせに毒を盛ったのではという小五郎に、そもそも愛人のところに酒を飲みに来るか?など安室とコナンに否定される。

そのあとにもバニーガール達の証言は続く。

諸岡が店に来始めた時期

半年くらい前 = 妻が亡くなった頃

 

20代の頃のヤンチャ?

好きな人と駆け落ちし、4年ほど鳥取に。

親に連れ戻され、許嫁の妻と一緒に。

妻の希望で執事の深町も諸岡の家に連れてきた。

諸岡の家は代々お金持ち。

合わせて、有里や紗菜も鳥取に住んでいたことも判明する。

 

そんなとき、紗菜に紗菜の父から電話が入る。

どうやら紗菜の父は、病気で入院中で多額の手術費が必要のようだ。

「ウチと同じしぶとい赤い血が流れとるけぇの。」と父を励ました。

 

今度は「同じ赤い血」をキーワードに、安室の過去の記憶が蘇る。

またあの女性(ヒト)の記憶…なぜ今なんだ…

 

安室の携帯にメールが届く。

工藤新一の情報 急げ!Time is money! RUM

はいはい わかってますよ、と何やら返信をする。

 

改めて、バニーガール店員の紗菜の聴取が入る。

そもそも有里にワインがかかったのは、別のテーブルにいて警報音が鳴り、何事?と近付いたときにぶつかってしまったから。
という紗菜について、他の人に聞いていた。

警報音が鳴ったとき別のテーブルにいた?

諸岡は、駐車場に行っていたからわからないという。

深町は、有里が左手のカフスを替えに更衣室に行ったのは警報音の騒ぎの少しだったような…?という。

紗菜は、別テーブルにいたのだと、信じてほしいという。

 

諸岡の激痩せ・激太り・ケガについては、脅迫状が届いているのならそうなってもおかしくはないだろうと小五郎。

今度のキーワードも「ケガ」。また安室の記憶が蘇る。

回想(一部)

宮野明美「ケガケガ!!ケガに~ん!お母さんケガ人連れてきたよ!」

安室透「はなせよ!大した事ないって言ってるだろ?」

―――――――

宮野エレーナ「あら また君?ケンカ好きなのね。」

安室「ちがうよ!あいつらが僕の髪の色が変だって からかうから…。
僕は日本で生まれて日本で育った日本人なのに…。」

エレーナ「ご両親のどちらかが外国人なのかしら?」

安室「悪いかよ!」

エレーナ「じゃあそのケンカしたお友達に言ってやりなさい。
人間なんて見た目は違っても切り裂いて ひと皮むけば み~んな同じ血と肉のかたまり。
その証拠に世界中のいかなる人種も み~んなこの通り赤い血が流れてるでしょ?ってね。
わかった?」

安室「う うん…。」

エレーナ「じゃ消毒するから こっちに入って。……はい 消毒終わり。
じゃあ後は明美 絆創膏貼ってあげて。」

――――――――

安室「じゃ じゃあ僕帰るけど…。ま またケガしたら来てもいいか?」

エレーナ「ダメよ!ケンカする子は お断り。

でも…。ケンカ相手と仲直りするための名誉の負傷なら絆創膏ぐらいは貼ってあげるわよ。」

回想はこのあとも少し続くが…それを思い出した安室は
「なるほど…そういうことか…」と事件の真相にたどり着く。

真実にたどり着いた安室とその安室を見るコナンでエンディングへ…。

 

―――次回に続く……。

 

Next Conan’s HINT

「安室の記憶」

今回のアニメ内であった安室の記憶…つまり、回想がヒントになるのだと思われます!

宮野エレーナとのやりとり…大注目ですね!

また、次回予告では蘭が付け爪を拾い深町が諸岡に「どうか奥様をもう悲しませないでください」と言う姿もありました。

これもヒントになるのではないでしょうか?

 

アニメ名探偵コナン第954話「迷宮カクテル(後編)」考察

次に、9月14日(土)に放送予定のアニメ名探偵コナンの第954話「迷宮カクテル(後編)」について、考察してみましょう。

犯人予想

犯人は中編では、明かされませんでしたね…

しかし!私の犯人予想は前回同様、執事の深町です。

理由

今回は、なぜ前編に引き続き、執事の深町が犯人だと思うのか?
新しく見つけた情報を理由としてあげていきたいと思います!

 

1.ワインをかけられた有里のカフスが「左手のカフス」だとわかっている。

有里のカフスにワインがかけられてたのは、諸岡が予備の眼鏡を駐車場に取りに行って戻ってくる前。

見えないはずなのに…なぜ「左手」のカフスだとわかったのか?

 

2.警報音のとき、有里のグラスだけはわかった?

警報音がなり、深町の近くのテーブルにはバニーガール達のグラスが置かれたと言っているが、そもそも置いたのは有里だけなのでは?

また複数置かれたとして、誰がどのグラスかわからずとも有里のだけはわかったのではないでしょうか?

「白 × グリーン」のネイル = 有里だと。

 

3.次回予告で諸岡に「奥様を悲しませないで」という。

どうしてこの事件が起こったのか?

致死量ではないが、有里を危険に晒すことで目を覚まさせたかったのではないでしょうか?

 

4.有里に会いに1人で店に行っていた。

有里に分厚い封筒を出したら、有里の顔から笑顔が消え、険悪なムードに。

これは小五郎の言うように手切れ金なのでは…。

 

これらの理由を新しく付け加え、やはり、執事の深町が犯人なのでは?となりました。

 

ストーリー考察

「迷宮カクテル(前編・中編)」と来て、わかってきたことをまとめたいと思います。

諸岡(50歳)と有里(25歳)は、実の親子?

諸岡が20代のときヤンチャして駆け落ちした女性との間にできたのが有里。

卵焼きをソースで食べるのも、箸の持ち方が似てるのも親子だからでは?

 

有里(25歳)と紗菜(28歳)は、異父姉妹?

2人とも鳥取県出身であること。

紗菜の父の話は出るが、母の話はまだ出ていない。

諸岡がかつて駆け落ちしたのは、紗菜の母親では?

(だとしたら諸岡は不倫をしたことになる)

 

紗菜がNo,1の座を取り続ける理由

小五郎には、ただただNo,1の座を有里に奪われるのが嫌で犯行に及んだのでは?と言われるが、父の手術費の為

No,1になると売上に続いて、多額のボーナスも出る。

その為、売上好調の有里を敵にしていた。

 

安室の回想は「ケガ」「同じ赤い血」という言葉から始まりました。

紗菜も「同じ赤い血」という言葉を父に言っています。

「血の繋がった者」という線は、外せないと思います!!

 

名探偵コナン「迷宮カクテル(中編)」無料配信

「迷宮カクテル(中編)」は、2019年9月14日17:59まで下記にて無料配信中。

https://www.ytv.co.jp/mydo/conan/

 

まとめ

今回は、第953話「迷宮カクテル(中編)」のネタバレと次回の第954話「迷宮カクテル(後編)」の考察をまとめてみましたが、いかがでしたか?

前編・中編と来ても私は犯人を執事の深町ではないか?と予想します。

また、事件についてを重きに置いたのと、長くなりそうなので回想中のコナンを見る上で重要なストーリーについては割愛してありますが…
ざっというと宮野厚司・エレーナ夫妻の烏丸との関係やエレーナが妊娠3か月だということがわかるシーンでした!

9月14日(土)放送予定の第954話「迷宮カクテル(後編)」では、今回のお話の全てが明らかになりますね!

前編の冒頭の赤井と安室のシーンにどう繋がっていくのかが、一番の気になるところではないでしょうか!!

コナン「安室さん大丈夫?」
安室「事件の方は大丈夫さ」
コナン「何か変だな」

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

アニメ名探偵コナン
・公式サイト : http://www.ytv.co.jp/conan/index.htm