線は、僕を描く

「線は、僕を描く」9話の感想とネタバレ!竹の水墨画を描く?

「線は、僕を描く」8話の感想とネタバレ!水墨画サークルが始動?
Pocket

今回は、2019年8月21日発売の少年マガジン38号掲載の「線は、僕を描く」最新話9話のネタバレと感想をご紹介します!

前回の8話のラストでは、水墨画サークルが始動したところで終わりました。

9話では、手始めに竹の水墨画を描く事になります。

まず最初に9話のネタバレを、その後9話の感想をご紹介していきます。次回10話の展開も合わせてご覧ください!

「線は、僕を描く」9話のネタバレ!

「竹を描きます」

千瑛は青山達にそう言うと、古前と川岸は大きく返事をするのでした。

青山は水墨画サークルを立ち上げたのはいいけど、どうして自分を部長にしたのかと千瑛に聞き、古前達には水墨をやりたいのかと聞く。

そしたらそうだと言わんばかりに2人は頷きます。

「だって面白そうじゃないか!最近の君ときたら水墨水墨!水墨ばっかりだ!そんなに面白いのかなって思うだろ普通!君のせいでこうなったんだぞ!!君以外の誰が部長をやるんだ!」

古前はこう言うと、川岸もそうよと同調し、青山は彼らの勢いに押されます。

そして千瑛の一言で講習会が始まります。

早速千瑛は春蘭、竹、梅、菊の四君子を描く際、水墨画を描く際に必要な技法が用いられていると言います。

しかし、初心者同然の古前と川岸ではいきなり春蘭は描けないので千瑛は竹を描くと言い、お手本として竹を描きます。

余りにスピーディーかつ丁寧で美しい竹の水墨画を見た3人は思わず拍手します。

千瑛は竹の葉は多くの技法の中で最も早く描けるものだと言うと、3人は早速描き始めます。

青山は未だに展開についていけてなかったが、取りあえず竹を描こうとします。

そんな中、古前の様子を見てみると怖い顔をしており、勢いのままに竹を描いたが力が強すぎたせいでお手本のとは程遠いものになっていました。

川岸の様子も見てみると、余りにゆっくり過ぎて墨が滲んでいる状態にありました。

そしたら千瑛に他人のことより描くようにと注意されました。

暫くして、千瑛は筆を置くように言うと竹の水墨画の良い所と悪い所を述べていきます。

古前には力強いからダイナミックな絵を描くのに向いているけど、ムラっ気があるから同じリズムで目標を定めるかのように真っ直ぐ線を引くことを意識したほうがいいとアドバイスします。

そして川岸には真面目で丁寧な線ではあるが、少し慎重過ぎるから時には色々失敗したほうがいいとアドバイスします。

最後に青山にはそのまま続けるように言います。

更に時間が経過し、一旦休憩となるが青山は竹を描いていたが千瑛みたいに描けずにいました。

「湖栖先生の調墨を見てみたらいいわ」

青山が竹が上手く描けない事を聞いた千瑛はこうアドバイスします。

千瑛の話から青山は湖栖は眼鏡をかけた綺麗な顔の男性の事だと察します。

千瑛曰く湖栖は西濱に並ぶ湖山門下の筆頭で、千瑛も彼から技術を学んだとの事。

「機会があったら見せてもらうといいわ」

千瑛はそう言うと、青山は返事をするや否や竹を見せてほしいと頼むのでした。

そして古前達はアイスを買って帰って来ると、青山と千瑛が楽しそうに話していました。

その様子を見た古前はアイスを川岸に渡すと、楽しそうにしている2人の姿を写真に収めるのでした。

やがて今日のサークル活動が終わり、古前達と別れた青山は千瑛に絵を描くのは楽しいと口にし、千瑛も同意します。

そしたら先程話していた湖栖から連絡があり、千瑛が青山と一緒にいるのを知った湖栖は彼も連れてくるように頼むのでした。

 

ここまでが9話のネタバレです。では続いて9話の感想と10話の展開予想です!

 

「線は、僕を描く」9話の感想

今回からサークルが結成されてから最初の活動となりましたが、千瑛の指導がいいなと思いました。

古前と川岸が初心者だから、恐らく最初から批判せずに褒めてから注意点を指摘してこうしたほうがいいという指導をしたのだと思います。

正直、厳しく行くと思っていたので驚きでしたね。

多分青山には厳しく行くんだと思います。

 

「線は、僕を描く」10話の展開予想!

続いて線は、僕を描くの次回10話の予想をしたいと思います。

9話では、湖栖が勉強会を開くと言ったところで終わりました。

 

10話では、その勉強会の様子が描かれるものと思われます。

見たところ、湖栖は口調こそ丁寧そうですが真面目で厳しい一面があるかもしれません。

もしかしたら、彼の勉強会で青山の才能が更に伸びる可能性もあるかもしれません。

果たして、実際の10話はどんな展開となるのでしょうか。8月28日の少年マガジン発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「線は、僕を描く」最新9話のネタバレと感想を紹介し、次回の10話を予想してみました。

次回10話では、湖栖の元で勉強会となります。

一体、何を学ぶことになるのか、8月28日の少年マガジンの発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!