ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない121話ネタバレ&感想!成幸と文乃は猫に振り回される?

ぼくたちは勉強ができない121話ネタバレ&感想!成幸と文乃は猫に振り回される?
Pocket

今回は、2019年7月29日発売の少年ジャンプ35号掲載のぼくたちは勉強ができない最新話121話のネタバレと感想をご紹介します!

121話では、成幸と文乃が大学の人から預かった猫に振り回される話になります。

一体、どう振り回されてしまうのでしょうか…?

まず最初に121話のネタバレを、その後121話の感想&次回122話の展開を予想していきます。

ぼくたちは勉強ができない121話のネタバレ!

七緒図書館で文乃を待っている成幸だったが、彼女から急に来れなくなったという連絡を受けます。

『キャアッ そこはダメ…ッッ!!いやーっやめて―――ッ!!』

電話越しから文乃のこのような声が聞こえたので、成幸は慌てて文乃の家へと向かいます。

家へとやって来て、チャイムを鳴らすとドアから涙を流している文乃の父・零侍が出てきたので成幸は驚きます。

 

突然文乃が慌てて出てきて、同時に成幸の手の中には猫がいました。

そして成幸は大学の人から猫を預かった事を文乃から聞きます。

 

零侍は自分は猫アレルギーだと認めずに猫じゃらしを振るうが、涙を流しながらくしゃみをするので、文乃は後は自分がやるから大学へ行くように言います。

 

何かあったのではと思った成幸は取りあえず安堵しますが、突然猫が成幸の膝の上で寝始めたので、2人は思わず可愛いと感じてしまい、文乃はスマホで写真を撮りまくります。

文乃から猫の名前がフミなのを知ると、いい名前だと言ってなでなでします。

偶々とはいえ、名前が似ていたので気恥ずかしさを感じている文乃はついうっかり成幸が撫でているフミを自分に置き換えてしまいますが、すぐ我に返ります。

そしてさっきの写真を成幸に送ろうとしますが、こっそりお気に入りにしようとしており、それを成幸に見つかりかけたのでやめます。

そしたらフミが成幸が手にしたノートを奪ったので、2人は何とか取り返そうと追いかけます。

 

止む無く文乃はネコちゃんグッズと書かれた袋の中から毛糸玉を取り出して、注意を惹かせるとフミはノートを捨てて毛糸玉の元に行き、成幸達の周囲をぐるぐる回りながら遊びます。

しかし、それによって毛糸玉から出てきた糸が2人に絡まってしまいます。

その間にフミが花瓶やお皿を割っていってしまうのでした。

そして何とか解くことが出来た2人はフミにご飯を与えると、改めて受験勉強に取り組むのでした。

 

時刻が4時半を過ぎる頃には、文乃に教えつつ自分の勉強をしていたせいか、成幸は座ったまま眠ってしまいます。

文乃は上着を着せてあげると、こういう事をするのは長年連れ添った夫婦みたいだと感じていましたがすぐに首を振って我に返ります。

文乃が首を振ってる際に、彼女の髪型であるポニーテールの振り具合が猫じゃらしみたいに感じたフミは文乃にタックルします。

それによって文乃の頭は成幸の膝の上に乗ってしまい、すぐにどけようとしますがフミが座ったのだと思った成幸は彼女を撫でるのです。

気恥ずかしさを感じながら文乃はどこうとするが、それでももう少しだけこうしていようとも思っていました。

成幸が帰ったその日の夜、一人自己嫌悪に陥るのでした。

 

ここまでが121話のネタバレです。では続いて121話の感想122話の展開予想です!

ぼくたちは勉強ができない121話の感想と122話の展開予想!

ここからは121話の感想122話の展開予想をしたいと思います。

まずは121話の感想からです。

 

今回は猫の可愛さや行動に振り回される話になりましたね。

でもその反面、文乃が成幸との距離を詰める話でも合ったような気がします。

一応文乃は、成幸を意識するような事があっても、うるかや理珠に気を遣っています。

しかし、進路の事で零侍と揉めた際に成幸が進路の事で後押ししてくれた事もあってか、成幸を完全に意識し始めたのです。

今回の話でも事故とはいえ、文乃がフミの代わりに成幸に撫でられた際、満更でもなさそうなのがその証拠です。

もしかしたら、文乃も成幸争奪戦に参戦するかもしれませんね。

 

続いて122話の予想をしたいと思います。

121話では文乃は自己嫌悪に陥ったところで終わりました。

122話では真冬との買い物回になります。

真冬は本来、料理が出来ないので大体コンビニでの買い食いで済ますケースが多いので、恐らく近いうち誰か家に遊びに来るので料理を振舞おうとしているのだと思われます。

食材を買おうと買い物をしているとその様子を成幸に見られてしまい、彼を巻き込んでいくのだと思います。

自分が料理下手なのは重々承知していると思いますので、成幸の監視の元で調理するのではないでしょうか。

ここまでは料理に関しての予想ですが、買い物が何も食材だけではなく、別の物を買いに来た可能性もあるかもしれません。

真冬の家はとても汚い上に一人で掃除する事も出来ず、その荒れようは以前成幸が彼女の家に来た時、強盗が来たのではないかと思う程でした。

何時までの成幸の世話にならないように、掃除機か何かを買いに出かけたところを、偶然通りかかった成幸に見つかってしまい、共に買い物をするという展開になるかもしれませんね。

果たして、実際の122話はどんな展開となるのでしょうか。8月5日の少年ジャンプ発売が待ち遠しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ぼくたちは勉強ができない最新121話のネタバレと感想を紹介し、さらに次回の122話の展開を予想してみました。

次回は真冬との買い物回になります。

真冬と一緒という事は絶対に普通の買い物では済まないと思いますので、8月5日の少年ジャンプ発売を楽しみにしましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。