BEASTARS

アニメBEASTARS(ビースターズ)1話の感想!肉食動物は怪物なのか?

アニメBEASTARS(ビースターズ)1話の感想!肉食動物は怪物なのか?
Pocket

2019年10月からアニメ『BEASTARS』がスタートしました。原作は「このマンガがすごい!2018」オトコ編第2位に選出されたこともある板垣巴留先生の同名漫画です。

今回は、アニメ『BEASTARS』第1話感想とあらすじについて見ていきます。

ネタバレ注意ですので、誤ってこのページにたどり着いた方はここで戻ってくださいね

それではどうぞ!

アニメ『BEASTARS』1話あらすじ&感想

作品紹介

肉食獣と草食獣が共存する世界。

そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。

チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!! 

(原作第1巻Amazonの紹介文より)

第1話あらすじ&感想

肉食動物 VS 草食動物

食殺事件

名門校・チェリートン学園。そこで昨夜、アルパカのテムが何者かによって食い殺されるという事件が発生します。

これを受けて、学生の間に犯人は肉食動物だろうという話が広まっていきました。特に草食動物の学生たちはこれにおびえます。

テムは演劇部の部員でした。

翌日の演劇部では、草食動物と肉食動物の学生とで対立を起こすようになっていました。みんな相手が信じられないのです。

ヒツジのエルスは、先ほどから何者かからの鋭い視線を感じて不安になっていました。

仲間から声を掛けられた彼女が見上げた先には、オオカミのレゴシが鋭い形相でこちらを見ていたる姿がありました。

もしかしたら、食殺事件の犯人は・・・・。そんな一抹の不安がよぎります。

夜。寮の前でエルスが友達と別れた後、何者かがゆっくりと近づいてくるのに気づきました。そこには、レゴシの姿が。

彼女は恐怖します。携帯していたハサミを持って対抗しようとしますが、あっけなくレゴシによって押さえつけられてしまいました。そして、レゴシは・・・・。

ラブレターを渡してきたのです。それは、テムからのものでした。

紛らわしいったら、ありゃしない。エルスが抱いた感情と同様に、レゴシはなんて不器用な男なのかと思ってしまいましたよ。

ラブレターをどう渡そうか考えるがあまり、渡す相手にガン飛ばしまくるだなんて。たとえ、食殺事件が起きてなかったとしても怖いですよ。

 

ルイ先輩

事件現場となった講義室前でレゴシが黙とうを捧げていると、演劇部の花形役者である鹿のルイ先輩も黙とうしにやって来ました。

ルイ先輩はレゴシに付いてこいと命じます。ある部屋に通されると、そこには部員が一人いました。彼がテムの代役を務めることになったから、衣装合わせをレゴシに頼んできたのです。

そこへ一人の部員が飛び込んできました。マングースのカイです。テムの代役が自分でないことに納得がいかず、直談判しに来たのです。

ルイ先輩はそんな彼にこう言い放ちます。

「お前は今度から役者ではなく裏方の美術チームに入れることになった」

だから、同じチームとなるレゴシとは仲良くしておけ、と。

しかし、カイにとってはさらに納得いきません。カイはルイ先輩に殴りかかろうとしますも、レゴシによって防がれてしまいました。

その場を丸く収めたレゴシの手腕に目を見張ったルイ先輩。

そんなレゴシを気に入ったのか、彼は今晩、講堂に忍び込んでテムの代役に稽古をつけるから、お前は見張りをしろと言いつけてきました。

レゴシはこれを断り切れずに引き受けてしまうのでした。

 

のけもの

園芸部に所属するドワーフウサギのハルが花壇の手入れをしていると、上階からノートや教科書などが投げ落とされてきました。ハルのものです。

さらにはマットレスが投げ落とされました。

それもまた、ハルのものです。ハルはこの学園でいじめを受けていました。ハルの荷物を投げたのは主犯格の取り巻きたちです。

いやー、未だに取り巻きキャラが令和のこの時代に拝めるとは思ってもいませんでした。

その理由は、ハーレクインウサギのミズチの彼氏がハルに浮気したことに端を発しています。主犯格はミズチです。

しかし、ハルの本性を知るとびっくりしますよ。なんとハルは「かわいい顔してあの子、割とやるもんだねと」の歌を地で行く女の子だったのです!

いわゆるビッチです。

まぁ、そういうことを知れば、たとえミズチならずとも他の女子たちからも反感を買うのがこの世の常です。ハルは女子の誰からも相手にされず、一人ぽっちな状況にありました。

ハルの独白。ハルはビッチではありますが、彼女の心の声を聴けば、人間の女性たちにも思い当たる節があるのではないでしょうか。

そう、男は女に勝手な理想や幻想を抱き、押し付けてくる生き物なのです。

目の前にいる者を正しく見ていないのです。嫌になっちゃいますね。

 

全体の感想

アニメ『宝石の国』を観て、とうとうテレビアニメで3DCG技術もここまで来たのか!と感動したものです。

で、その後に放送された別作品のフル3DCGのアニメを観てガッカリしたことがあります。

なんだ、あれだけが特別だったのかと。

あれから2年。とうとう来ました。アニメ『宝石の国』を制作したCGスタジオ、オレンジによる次なる作品がこのアニメ『BEASTAERS』なのです。

もうもうもう!大満足ですよ!!

さすがアニメ『宝石の国』を制作しただけのことはあります。演出や表現方法が神レベルでございますよ。

 

アニメ『BEASTARS』1話 視聴者の皆さんのコメントは?

https://twitter.com/55mr_55smri/status/1181785611100753921?s=20

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアニメ『BEASTARS』第1話の感想を中心に見ていきました。

全体に不穏な空気が漂っていて、明かされていない部分も多くあり、その辺の考察もはかどりそうな作品です。

次回も見逃せませんね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。