アフリカのサラリーマン

アニメ「アフリカのサラリーマン」3話あらすじと感想!花見がオオハシの葬式に!

アニメ「アフリカのサラリーマン」3話あらすじと感想!花見がオオハシの葬式に!
Pocket

現在、TOKYO MXなどで社畜ギャグアニメ「アフリカのサラリーマン」が放送されています!

前回はカメ社長が登場して、社畜の実態がちらっと見えました。3人(3匹)ともついつい転職しそうになってましたねw

この記事では、その続きとなる「アフリカのサラリーマン」第3話の感想を、あらすじやファンの皆さんのコメントを交えてお伝えしていきます!

 

↓アフリカのサラリーマンを全話無料視聴する↓

「アフリカのサラリーマン」第3話あらすじは?

第3話「アフリカのお花見」

ゲストキャスト:子安武人、石原夏織、亀山雄慈、櫻井菜々絵、高野麻里佳

アフリカのサラリーマンも宴会の一発芸に頭を悩ませている。

そんなトカゲに「お花見すれば、みんなの芸が見られんじゃないの?」というオオハシの提案で、ついに今年のお花見が実現しようとしていた。

新人でも出来る場所取りを納得いかないながらも任命されたオオハシのもとに殺傷ハムスターがやってきて……。

(公式サイトより)

ついに殺傷ハムスターが話に絡んできますよ!

オオハシと殺傷ハムスターでは同レベルの争い?

それとも、オオハシでさえ殺傷ハムスターには振り回される??

想像もつきません!

 

「アフリカのサラリーマン」第3話のネタバレ&感想!

それでは、「アフリカのサラリーマン」第3話の場面を振り返りつつ、感想を述べていこうと思います。

一部ネタバレを含みますので、読みたくない方はここで戻ってくださいね。

アフリカのワイドショー:オオハシは常に女目当て

SNSや合コンについて、インタビュー的なものに答える3匹。

トカゲ:「SNSは仕事のツール、合コンも仕事の一環」

ライオン:「SNSは娘がやってて、合コンも娘がよく行ってる」

オオハシ:「SNSは出会いの可能性広がるよね~、合コンは女の子目当てに決まってんだろ、遊びじゃねんだよ」

 

【感想】

https://twitter.com/virginia242/status/1185941590910521345

トカゲ、合コン行くのかwww

おかたい既婚者の設定なのに、合コンは行くってネタをさらっと混ぜてきました。やっぱりオオハシの同僚w

「女の子目当て=遊びじゃない」とは、人生(鳥生か)女のことしか考えてないですね。さすがオオハシ本人です!

 

アフリカの一芸:焼き鳥を食べる鳥(オオハシ)

トカゲは居酒屋で悩んでいた。

クライアントとの飲み会で、芸をやったら場が白けた。面白い一発芸を知りたい…。

オオハシの一発芸は、鼻につまようじを刺して「鼻血」

そのうち現れたライオンの一発芸は、横向きにポーズをとって「プジョー」

参考にならなくてまた悩んでいると、オオハシがお花見を提案した。

今週末は、みんなの一発芸が見られるお花見に決定!

 

【感想】

トカゲの回想に出てくるクライアントがマントヒヒだなあと思ってたら、〆のアイス3200円て!とんだぼったくり居酒屋で飲んでますねw

ライオンにネタを聞くたびに、オオハシが雑に受け流して追加注文してますが、すごい金額になっていそうです。

悩みを聞く代わりにトカゲのおごりということになってますから、勢いよく頼む頼むw

深夜に見てたら、オオハシみたいな飲み方がしたくなってヤバかったかもしれません。

 

アフリカのお花見:死体たらい回し

https://twitter.com/virginia242/status/1185944015037796352

オオハシはライオンとトカゲに運搬され、前日から花見の場所取りをやらされていた。

仕事さぼって映画見に行く予定がおじゃんだし。トカゲの一発芸のための花見なのに。俺は確かに仏よりも心が広いよ?仏…神…俺が…宇宙!

オオハシが飲んで寝ながら悟りを開いていると、いつのまにか夜。

茂みからおなかをすかせた殺傷ハムスターが現れ、オオハシはさきイカを分けてやった。

お礼したそうな殺傷ハムスターに引きずられていくと、オオハシとまったく同じ見た目の色違いのオオハシが死んでる!!

殺傷ハムスターは行ってしまい、めちゃくちゃいいアイディーアが天からフォーリンダウンしてきやがったオオハシも、死体に場所取りをさせて行ってしまった。

「僕ちんには…クラブが待っている」

 

【感想】

死んだオオハシのそばの貼り紙がおかしいです。

「最近死体遺棄が多発しています」

なんで多発してんのwww

それに、死体を見つけたら警察じゃなくて保健所に連絡するんですね。動物だ…。

場所取りさせるのはパワハラだって労基に言おうかと考えたのに、場所取りでおじゃんになった予定は「仕事サボって映画」ってアンタw

殺傷ハムスターとはわりといい関係なんですね。

刃物を振り回してるからって嫌われてるわけじゃなく、そのわりには可愛がられていて意外でした。

 

アフリカのパーリナイッ!:獲物に敗れる

逆ナン待ちの女の子がたくさんいるはずだと、クラブイベントに来たオオハシ。

「オオハシアイズ」を発動し、女の子にお酒をおごるところまでこぎつけた。

わりといい感じかと思われたのに、オオハシが弁護士だと言い始めた途端、女の子のテンションが急落。

弁護士って興味ない?と尋ねると、女の子からカウンターが返ってきた!

男の価値って職業で決まらないよね。職業で釣ろうとしてるんなら、やめたほうがいいよ。すっごくダサいから。私のことをバカにしてないと出てこないよね。言い返せないってことは…

自意識をゴリゴリに削られたオオハシは、存在を消しながら考えることをやめたのだった…。

 

【感想】

ナンパの前に発動する「オオハシアイズ」の説明が昔のヒーローもの風ですね!

「説明しよう!オオハシアイズとは、チャラさを極限まで極めると習得できる、ナンパ待ちの女の子を見分けることができる、男子垂涎の目であるのだ」

発動中のオオハシの目には、どストレートに「女」って書いてあるんですけどw

それで声かけた女の子に、ここまで見透かされてボロクソ言われて振られたんじゃ、ナンパの主観と持論が形無しwww

女の子の長台詞、めった打ち感が最高でした!

 

アフリカのお花見②:死して焼き鳥!

https://twitter.com/virginia242/status/1185946542902927365

翌日、花見の場所に来たライオンたちが見つけたのは、「オオハシ」の死体だった!

ライオン「オオハシのこと忘れません…あんまり覚えてないけど」

トカゲ「オオハシ…バカ野郎!死ぬ前に貸してた金、もう返ってこない…」

カメ社長「わし一回これ叩いてみたかったのよね。ナム~」

忘れる前の問題!悲しむのそっち!?弔い方雑すぎだろカメ!!!オオハシは突っ込むが、なにしろ「死んで」いるのだ。

トカゲは、居酒屋でオオハシが「共食いも芸」と言っていたことを思い出してハッとした。

「死して俺に芸を教えてくれてるのか!」「死んだお前の肉は、鳥に食わせればいいんだな~!?」

おかしな方向に開眼したトカゲはオオハシに「死んだオオハシ」の肉を食べさせると宣言!

震えあがったオオハシは脱走し、トカゲたちは全員で追いまわした。

 

【感想】

https://twitter.com/virginia242/status/1185947029739950081

花見を撮りに来たテレビのレポーターが、お通夜ムードの団体にインタビューしようとして「同僚が死にました…」と言われてるのがwww

アフリカ商事の同僚はみんなノリがいいですね。

死んだら焼き鳥にして食ってくれというオオハシの望みを叶える!この方(オオハシ)が快く食してくださるそうだ!と宣言した時、えらく盛り上がって何かコールしていたんですが、もうなんて言ってるのか聞き取れませんww「食べろ」?

というか、その流れで盛り上がれるってノリ良すぎ!みんなオオハシのこと好きなの?嫌いなの!?

ほんとは逃げてる方が本物のオオハシだって、わかってそうですよねwww

 

ED曲のあとのおまけでは、冒頭と同じくJKたちがSNSについて答えていました。

シシ村はデリカシーのないパパがフェイクブックを覗こうとすると怒ってましたよ!

 

「アフリカのサラリーマン」第3話を見たファンの声は?

それでは、「アフリカのサラリーマン」第3話を見たファンの感想を見ていきましょう。

 

おまけ

ここでは、おすすめ動画をご紹介していきます。お気軽にご覧下さい♪

今回は、EDテーマ「ホワイトカラーエレジー」のカップリング曲「Get Your Wild!~African Night~」の試聴動画です。

歌っているのはオオハシ役の下野紘さん。ツッコミを入れているのはトカゲ役の津田健次郎さんですが、これが面白い!!

ぬるぬる動くダンスは、第2話のクラブのシーンみたいですよ。未視聴の方はぜひ!

 

EDテーマEDシングル カップリング曲「Get Your Wild!~African Night~」試聴動画

 

まとめ

この記事では、「アフリカのサラリーマン」第3話の感想について、ネタバレやファンの声をまじえてお伝えしました。

第3話はオオハシの独壇場!オオハシファンにはたまらない30分でした。

第4話は「アフリカのゆるふわキャラ」!

次回も、笑いとカオスが楽しみですね!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。